カテゴリ  商品/サービス 新着 人気

シート数615席 エミレーツ航空、世界初の2クラスA380を披露

エミレーツ航空,エアバスA380

世界初となる2クラス構成のエアバスA380型機 資料提供:エミレーツ航空

 エミレーツ航空(UAE)は11月8日から12日にかけて開催されているドバイ・エアショーで、世界初となる2クラス構成のエアバスA380型機を披露しました。

 このエアバスA380は機体番号「A6-EOP」。最新のライフラットシートを備えたビジネスクラス58席、エコノミークラス557席の計615席を備えています。

 シートアレンジは2階前方にエコノミークラス120席、中・後方にビジネスクラス58席と機内ラウンジ、1階にエコノミークラス437席。エコノミークラスのシートは業界最大となる13.3インチモニターを各席に備えています。同機は12月1日付けでコペンハーゲン便に導入予定です。

 エミレーツ航空はエアバスA380を発注した最初の航空会社であり、かつ世界最大のオペレーターです。現在の保有機材数は68機で、ドバイから運航都市数は34都市、これまでのA380による輸送旅客数は約4700万人に上ります。加えて、現在72機が受領待ちで、このうち2016年中に21機を受領予定です。その後も継続的な受領を続け、2018年春時点でのエアバス380型機の保有機材数は115機になる予定です。

 ドバイ・エアショーで展示中の機体はエミレーツ航空にとって68機目となるA380。独ハンブルク・フィンケンヴェルダー空港からエアショー会場まで直接エアバスから納入されました。

 またドバイ・エアショーでは、エミレーツフライト訓練アカデミーで使用するために新たに導入したCirrus SR 22およびEmbraer Phenom 100ジェット機も展示しています。エミレーツ航空は、高まりつつある世界的なパイロット需要に応えるため、このアカデミーの設立に投資し、27機を飛行訓練用に購入する契約をシーラス社およびエンブラエル社とこのほど締結しました。内訳は、22機の単発ピストン機Cirrus SR22と5機の双発ジェット機Embraer Phenom 100Eで、これらはカタログ価格で3,900万ドル以上に相当します。

参照

関連航空会社

関連航空機