カテゴリ  商品/サービス 空港 新着 人気

JAL、スマートウォッチで空港業務開始

 日本航空(JAL)はスマートフォン連動の腕時計型端末「スマートウォッチ」等を用いた空港業務を開始します。

JAL,スマートウォッチ

羽田空港でJALグループスタッフが装着するスマートウォッチ 資料提供:JAL

 使用端末はApple社が2013年に発表したiBeaconと、情報の表示やアプリケーションの実行が可能な腕時計型のスマートウォッチ。羽田空港国内線第1旅客ターミナルで7月16日から約1ヵ月間、空港旅客業務の先進化に向けて実証実験を行います。

JAL,スマートウォッチ

NTTドコモより提供の「GALAXY Gear2」 位置情報でコントロールするデスク担当者 資料提供:JAL

 JALグループスタッフがスマートウォッチを装着することで、従来使用している携帯情報機器や無線機を取り出すことなく、業務に必要な情報がリアルタイムに入手できる環境を整え、空港で利用客へのスピーディーな対応と、より効率的なスタッフの配置を実現させる考えです。

 野村総合研究所(NRI)は今回の実証実験において、iBeaconを活用したスタッフの位置情報の検出や所在位置の表示と、配置指示などのメッセージをスマートウォッチに配信するシステム開発を担当します。

 実証実験は「GALAXY S5」と「GALAXY Gear2」に加え「LG G Watch」など、最新のスマートウォッチも対象で、利用客の利便性向上に寄与するさまざまな活用シーンを含めた検討を予定しています。

 JALとNRIは今回の実証実験のほか、5月1日より眼鏡型端末のGoogle Glass(グーグルグラス)を活用した航空機整備の実証実験も行っています。

JAL,スマートウォッチ

羽田空港でJALグループスタッフが装着するスマートウォッチ 資料提供:JAL

スケジュール情報

  • 日本航空(JAL)、iBeaconおよび スマートウォッチを活用した実証実験を開始
  • 日程:2014/07/16 ~
  • 場所:羽田空港国内線第1旅客ターミナル

関連記事

参照

関連航空会社

関連空港