ボンバルディア

ボンバルディアトピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4342 (24) { ["ID"]=> int(45105) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-31 05:13:25" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-30 20:13:25" ["post_content"]=> string(1012) "[caption id="attachment_45107" align="alignright" width="300"]Cシリーズ ボンバルディアのCシリーズ営業飛行初号機 © :Bombardier[/caption] ボンバルディアはこのほど、スイスインターナショナルエアラインズ(SWR)に納入するCシリーズ営業飛行初号機をロールアウトさせたと発表しました。  Cシリーズ営業飛行初号機の機体番号は「HB-JBA」。すでにスイスインターナショナルエアラインズの塗装が施されています。  スイスインターナショナルエアラインズはCシリーズを世界で初めて導入するローンチカスタマーで、ボンバルディアに30機を発注済み。初号機は6月の受領を予定しており、導入後、欧州内の短・中距離路線に投入する計画です。" ["post_title"]=> string(79) "ボンバルディアのCシリーズ営業飛行初号機、ロールアウト" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2%e3%81%aec%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%e5%96%b6%e6%a5%ad%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e5%88%9d%e5%8f%b7%e6%a9%9f%e3%80%81%e3%83%ad%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-30 19:11:46" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-30 10:11:46" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45105" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4341 (24) { ["ID"]=> int(44707) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-11 12:07:48" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-11 03:07:48" ["post_content"]=> string(8130) "[caption id="attachment_44788" align="alignright" width="300"]ANAグループ,モデルプレーン ANAグループ機材のモデルプレーン新製品16種類 資料提供:全日空商事[/caption] ANAグループの全日空商事はこのほど、2016年1月から販売を開始した新たなモデルプレーン16種類の詳細を発表しました。MRJ飛行試験機やスターウォーズ特別塗装機のほか、ANAグループがこれまでに導入してきたANKのYS-11や、全日本空輸(ANA)のボーイング747のモデルプレーン等も新たに入荷しています。  新商品の機種はボーイング737-700ER、737-700、777-300ER、747-400、787-8、787-9、747SR-100、767-300ER、MRJ90飛行試験機、YS-11A、ボンバルディアDHC-8-Q400。  すべて機体番号付きで、今回のモデルプレーンには既に退役した747-400の特別塗装機としてマリンジャンボ(機体番号:JA8963)やモヒカン塗装のギアつき747SR-100(機体番号:JA8135)、丘珠空港RWY32付きのYS-11A(機体番号:JA8744・8761・8772)のほか、スターウォーズ特別塗装機から787-9の「R2-D2 ANA JET」(機体番号:JA873A・ギアつき スナップフィットモデル)、税抜き24万円の777-300ER「BB-8 ANA JET」(機体番号:JA789A)などがラインナップしています。  全日空商事が企画・製作するモデルプレーンの多くは模型卸問屋様を経て、全国の販売店に流通しており、羽田空港国内線第2旅客ターミナルの到着ロビーにある「ANA FESTA」羽田店などで購入できます。  新製品16種類の価格・サイズ等は次の通り。 [caption id="attachment_44761" align="aligncenter" width="700"]777-300ER,JA784 1.ボーイング777-300ER(JA784A) IOJロゴ ソリッドモデル(ギアなし) 1:144 (5万2000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44770" align="aligncenter" width="700"]マリンジャンボ 2.ボーイング747-400D(JA8963) マリンジャンボ ソリッドモデル(ギアなし) 1:144(6万3000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44772" align="aligncenter" width="700"]ANA,787-8,JA801A 3.ボーイング787-8(JA801A) 特別塗装機 ソリッドモデル(ギアなし) 1:144(5万2000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44773" align="aligncenter" width="700"]ボーイング747SR-100,JA8135 4.ボーイング747SR-100(JA8135)モヒカンルック(ギアつき) 1:200(1万6000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44774" align="aligncenter" width="700"]ボーイング767-300ER,JA620A 5.ボーイング767-300ER(JA620A) IOJロゴ ウィングレットつき(ギアつき) 1:200(1万6000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44775" align="aligncenter" width="700"]767-300ER,JA614A,スターアライアンス 6.ボーイング767-300ER(JA614A) スターアライアンス(ギアつき) 1:200※同サイズ初モデル (1万6000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44776" align="aligncenter" width="700"]MRJ,JA21MJ 7.MRJ90 (JA21MJ) 飛行試験初号機 ソリッドモデル(ギアなし) 1:100 (2万円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44777" align="aligncenter" width="700"]R2-D2 ANA JET 8.ボーイング787-9 R2-D2 ANA JET (JA873A) ギアつき完成品(完売)1:200 (2万円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44778" align="aligncenter" width="700"]R2-D2 ANA JET 9.ボーイング787-9 R2-D2 ANA JET (JA873A) ギアつきスナップフィットモデル 1:200 (1万2000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44779" align="aligncenter" width="700"]YS-11A 10.YS-11A(JA8744) ANK フラップダウン 丘珠空港RWY32 1:200 ※最後まで残った黒い雪氷マーキング入り(1万5000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44780" align="aligncenter" width="700"]YS-11A 11.YS-11A(JA8761) ANK フラップダウン 丘珠空港RWY32 1:200(1万5000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44781" align="aligncenter" width="700"]YS-11A 12.YS-11A(JA8772) ANK フラップダウン 丘珠空港RWY32 1:200(1万5000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44782" align="aligncenter" width="700"]ボンバルディアDHC-8-Q400 13.ボンバルディアDHC-8-Q400(JA856A) エコボン ソリッドモデル(ギアなし) 1:100 (2万2000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44783" align="aligncenter" width="700"]737-700ER,JA13AN 14.ボーイング737-700ER (JA13AN) IOJロゴ 1:200 (1万6000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44784" align="aligncenter" width="700"]737-700,JA17AN 15.ボーイング737-700 (JA17AN) IOJロゴ 1:200 (1万6000円) 資料提供:全日空商事[/caption] [caption id="attachment_44785" align="aligncenter" width="700"]BB-8 ANA JET 16.ボーイング777-300ER (JA789A) BB-8 ANA JET デスクトップモデル 1:100 (24万円) 資料提供:全日空商事[/caption] " ["post_title"]=> string(82) "最高は24万円 ANAモデルプレーンに747特別塗装など新製品16機" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(197) "%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%81%af24%e4%b8%87%e5%86%86%e3%80%80ana%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ab747%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%a1%97%e8%a3%85%e3%81%aa%e3%81%a9%e6%96%b0" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-11 12:07:48" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-11 03:07:48" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44707" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4340 (24) { ["ID"]=> int(44052) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-16 10:58:51" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-16 01:58:51" ["post_content"]=> string(1431) "[caption id="attachment_44053" align="alignright" width="300"]ANA,Q400 ANA、DHC8-Q400型機で3月22日から機内Wi-Fiサービス開始 © Daisuke Tsukida/Flight Liner=12年7月[/caption] 全日本空輸(ANA)は、ボンバルディアDHC8-Q400型機で国内線機内ワイヤレスエンターテイメントサービス「ANA Wi-Fiサービス」を3月22日から開始すると発表しました。  ANA Wi-Fiサービスは、Q400で日本初となるワイヤレスエンターテイメントサービスとして、ビデオ番組、オーディオ番組、電子書籍、ライブテキストニュースを機内で見ることができます。ただし、インターネット接続サービス及びLIVE TVは利用できません。  対象機材は3月22日時点で1機のみ。今後4月末までに合計3機に導入致し、その他のQ400への導入については未定としています。  利用可能機器はスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどの無線LAN対応端末。ブラウザの利用では一部閲覧できないコンテンツがあるため、ANAでは本サービスの利用時はANA公式モバイルアプリ(iPhone, iPad, Android)の使用を推奨しています。" ["post_title"]=> string(39) "ANA、Q400にWi-Fiサービス導入へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(93) "ana%e3%80%81q400%e3%81%abwi-fi%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-16 10:58:51" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-16 01:58:51" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44052" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4339 (24) { ["ID"]=> int(43559) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-20 12:15:04" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-20 03:15:04" ["post_content"]=> string(1594) "[caption id="attachment_43560" align="alignright" width="300"]天草エアライン,ダッシュ8,みぞか号 2月19日に全運航を終えた天草エアラインのダッシュ8みぞか号 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年2月[/caption] 「親子イルカ号」や「みぞか号(天草弁で”かわいい”の意味)」の愛称で親しまれてきた天草エアライン(AHX)のボンバルディアDHC-8-Q100(機体番号:JA81AM)が2月19日、福岡発天草行きAMX108便の最終便で約16年の歴史に幕を閉じました。  天草エアラインのダッシュ8みぞか号は、2000年3月23日の天草空港開港と共に初就航を迎え、2015年12月時点におけるこれまでの総飛行時間は2万7628時間、時速450キロ換算で1243万2600キロのフライトを実施。これは、地球を約310周まわった計算になります。  天草エアラインはダッシュ8みぞか号の退役記念企画として、2月22日に行われる機体洗浄の参加者を募集(無料招待)していましたが、応募は先着順で即日完売。当日、参加者らは天草エアラインのスタッフと共にダッシュ8みぞか号のラスト洗浄を行います。  ダッシュ8みぞか号は、2月20日に運航を開始する後継機ATR 42-600新みぞか号(機体番号:JA01AM)にその役目をバトンタッチします。" ["post_title"]=> string(48) "ダッシュ8みぞか号、16年の歴史に幕" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(138) "%e3%83%80%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a58%e3%81%bf%e3%81%9e%e3%81%8b%e5%8f%b7%e3%80%8116%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e3%81%ab%e5%b9%95" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-20 12:15:04" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-20 03:15:04" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43559" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4338 (24) { ["ID"]=> int(43292) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-07 19:47:05" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-07 10:47:05" ["post_content"]=> string(10116) "[caption id="attachment_43317" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,チャーター便 天草エアラインの現行機による最後のチャーターフライトに参加した乗客ら © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption]  天草エアライン(AHX)は2月7日、現行機による最後のチャーターフライト「DASH8-103 SAYONARA PREMIUM FLIGHT “MIZOKA”(サヨナラプレミアムフライト"みぞか")」を熊本空港で実施しました。 [caption id="attachment_43340" align="alignright" width="300"]天草エアライン,吉村孝司社長 サヨナラプレミアムフライト前に挨拶する天草エアラインの吉村孝司社長 © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] このチャーターフライトは「みぞか号(天草弁で”かわいい”の意味)」の愛称で親しまれているボンバルディアDHC-8-Q100(機体番号:JA81AM)の退役記念企画として実施されたもので、旅行代金は1人3万9000円。当日は県外からも航空ファン等が訪れていました。  みぞか号は那覇空港隣接の日本トランスオーシャン航空(JTA)格納庫内で塗装が行われ、以前の初代イルカ号に代わり、2013年2月24日より現在の新塗装機としてデビューしました。  愛称は一般公募から決定し、胴体部分の親イルカの名前は「みぞか」、プロペラの子供イルカが男の子「かい」くん、女の子「はる」ちゃん。子供イルカの名前は空の旅が快適で心が晴れやかになるようにという思いが込められており、子ども合わせて「快晴」と名付けられています。 [caption id="attachment_31306" align="alignright" width="300"]天草エアライン,くまモン 右側エンジンナセル下部の「逆さまくまモン」。車輪格納時に5秒前後現れる(フィルムカメラ撮影) © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月[/caption] 現行機には車輪格納時約5秒だけ右側エンジンナセル下部から現れる「逆さまくまモン」が描かれており、この隠れキャラが見られる事もみぞか号の魅力の一つです。  今回のサヨナラプレミアムフライトには、天草エアラインの吉村孝司社長も熊本空港に訪れ、出発前には「本日は全国各地からご参加いただき、誠にありがとうございます。天草エアラインは乗るだけではなく見て楽しむこともできる。神様に一回しかないプレミアムフライトなので晴れてほしい祈った。今日はきれいな景色も見れると思う。一時間のフライト、ぜひ楽しんでほしい」と乗客に呼びかけました。  AMX3001便として15時過ぎに出発したみぞか号は、長崎県や鹿児島空港等の上空付近を通過し、天草周辺も遊覧。 [caption id="attachment_43342" align="alignleft" width="300"]パラダイス山元 サヨナラプレミアムフライトに参加したパラダイス山元さん © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] 今回のチャーターフライトには、天草の観光資源ピーアールや天草エアラインの認知度向上にも貢献している日本唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロース、パラダイス山元さんも参加されていました。  パラダイス山元さんは、天草エアラインが2月20日から就航を始める新機材ATR 42-600新みぞか号(機体番号:JA01AM)の機体デザイン・座席のカラーリングも担当しています。  機内では創作寿司として有名な天草の名店「奴寿司」監修による地元食材を活かしたお寿司や「維新の蔵」のスイーツ、「山下果樹園」の温州みかんジュース等のプレミアムな機内食も提供され、乗客は食事とともに現行機による最後のチャーターフライトを楽しんでいました。 ■記念品は"訳あり"グッズ  乗客にプレゼントされた記念品は、Q100みぞか号の1/100サイズモデルプレーン、地元社会福祉法人「のぞみ作業」オリジナルの手作りエコかご、天草エアラインのオリジナル「ジャングルハット」や「ラゲッジタグ」、天草古酒、カレンダー、ポストカード、搭乗証明書など。 [caption id="attachment_43345" align="alignright" width="300"]天草エアライン,非売品Tシャツ 以前販売が見送られ、記念品で進呈された世に出ていない非売品Tシャツ。社名「AMAKUSA AIRLINES」の”E”が抜けている © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] さらに、記念品の中には以前販売が見送られた世に出ていないちょっとした"訳あり"非売品Tシャツも入っていました。  この商品はTシャツに明記した社名「AMAKUSA AIRLINES」の"E"が抜けていたことが販売直前になって判明したもので、同社は「このような商品をお客様にお渡しするのはどうかと考えましたが、弊社からのプレゼントとして進呈させていただきます」のメッセージカード付きで乗客にプレゼントしました。  実際、今回のチャーター便に参加した20代男性は「こういうプレゼントはすごくありがたい。Eがないからこそ希少価値がある。大切に保管したい」と満足した様子でした。 [caption id="attachment_43348" align="alignright" width="300"]天草エアライン,客室乗務員 乗客の要望に応えてポーズをとるプレミアムフライトを担当した客室乗務員ら © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] 天草エアラインは2月20日から日本初導入となる同社後継機、ATR 42-600型機による運航を開始。これにより、運休中だった熊本-伊丹線、熊本-天草線、昼便の福岡-天草線すべて運航を再開します。  そして、今回ラストチャーターフライトを行った現行機DHC-8-Q100は、2月19日の福岡発天草行き(AMX108便)の最終便をもって約16年の歴史に幕を閉じます。 [caption id="attachment_43351" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,プレミアムフライト 出発前、搭乗ゲート付近の様子。サンタクロース姿のくまモンも駆けつけた © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] [caption id="attachment_43354" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン 搭乗前、記念写真を撮る参加者ら © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] [caption id="attachment_43353" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,機内食,奴寿司 機内食で提供された天草の名店「奴寿司」監修の寿司 © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] [caption id="attachment_43355" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,みぞか号 みぞか号のプロペラ男の子イルカ「かい」くん © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] [caption id="attachment_43346" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,プレミアムフライト 天草エアラインからサヨナラプレミアムフライト参加者に贈られた各種記念品 © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption] [caption id="attachment_39895" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,ATR 42-600 日本初導入となる天草エアラインのATR 42-600 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年8月[/caption] [caption id="attachment_43350" align="aligncenter" width="700"]天草エアライン,みぞか号 ラストチャーターフライトの役目を終えたみぞか号 © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年2月7日[/caption]" ["post_title"]=> string(111) "退役前にラストチャーター、天草エアライン「みぞか号」 記念品は訳ありグッズ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e9%80%80%e5%bd%b9%e5%89%8d%e3%81%ab%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e5%a4%a9%e8%8d%89%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%8c%e3%81%bf" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-07 19:47:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-07 10:47:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43292" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4337 (24) { ["ID"]=> int(43174) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-02 13:15:53" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-02 04:15:53" ["post_content"]=> string(1590) "[caption id="attachment_43175" align="alignright" width="300"]ANAボンバルディアDHC-8 Q400シートベルトバックパック ANAボンバルディアDHC-8 Q400シートベルトバックパック 資料提供:全日空商事[/caption] ANAグループの全日空商事は運営するANA公式ECサイト「ANAショッピング A-style(スタイル)」にて、ANA航空機材で整備時に取り下ろされた部品を再利用した「Reproduced goods(リプロデュースド・グッズ)」シリーズから、全日本空輸(ANA)のボンバルディアDHC8-Q400のシートベルトを使用したバッグの新商品を、2月2日から数量限定で発売開始しました。  航空機部品を再利用したシートベルトバッグはこれまでにも販売されてきた人気のシリーズ商品で、今回はANAのQ400機で実際に使用されていた取りおろし品やストック材のシートベルトバックルをバックパックの雨蓋部分に再利用しています。  シートベルトならではの「カチッ」とした音も特徴で、シートベルトのパーツナンバーが書かれた金色プレート付きのディテールが特別感を演出しています。価格は税込み3万5000円。  全日空商事は次回、DHC8-Q300のシートベルトバックルを再利用したボディバッグを販売する予定です。" ["post_title"]=> string(76) "数量限定 全日空商事、ANAのQ400パーツ再利用バッグ発売" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(196) "%e6%95%b0%e9%87%8f%e9%99%90%e5%ae%9a%e3%80%80%e5%85%a8%e6%97%a5%e7%a9%ba%e5%95%86%e4%ba%8b%e3%80%81ana%e3%81%aeq400%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%84%e5%86%8d%e5%88%a9%e7%94%a8%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-02 13:16:47" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-02 04:16:47" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43174" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4336 (24) { ["ID"]=> int(42956) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-23 06:22:46" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-22 21:22:46" ["post_content"]=> string(1438) "[caption id="attachment_42957" align="alignright" width="300"]アイベックスエアラインズ アイベックスエアラインズ、3月に中部-宮崎線開設 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月[/caption] アイベックスエアラインズ(IBX)は2016年サマーダイヤ(2016年3月27日~10月29日)期間中の路便計画を、1月20日に発表しました。  中部-宮崎線は3月27日に1日1往復で開設。使用機材はボンバルディアCRJ700。また、中部-宮崎線においても全日本空輸(ANA)とのコードシェア(共同運航)を行います。  運航スケジュールは中部発宮崎行きFW33便が中部を11時5分に出発し、宮崎には12時20分到着。宮崎発中部行きFW34便は宮崎を12時50分に出発し、中部には14時5分に到着します。  8月5日~8月22日の増便期間中は既存便に加え、朝夕の2便を増便します。また、中部-大分線は同じ期間中に従来の2往復から3往復に増便します。一方、中部-仙台線は3月27日から従来の3往復を2往復に減便します。  アイベックスエアラインズはCRJ700を新たに1機導入し、CRJ200を1機の退役も予定しています。" ["post_title"]=> string(92) "アイベックスエアラインズ、中部-宮崎線3月開設 CRJ200が1機退役へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%80%81%e4%b8%ad%e9%83%a8%ef%bc%8d%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%b7%9a3%e6%9c%88%e9%96%8b%e8%a8%ad" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-22 20:32:59" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-22 11:32:59" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42956" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4335 (24) { ["ID"]=> int(42545) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-05 12:03:01" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-05 03:03:01" ["post_content"]=> string(1099) "[caption id="attachment_42546" align="alignright" width="300"]ボンバルディア,Q400EC 琉球エアーコミューター向けQ400EC初号機イメージ 資料提供:ボンバルディア[/caption] ボンバルディアは12月31日、琉球エアーコミューター(RAC)にDHC-8-400(Q400)の貨物室拡張型機Q400EC(カーゴ・コンビ)を引き渡したと発表しました。同機はトロント工場製の機体で、琉球エアーコミューターが5機受領するうちの初号機となります。  機体番号は「JA81RC」として今後登録予定で、座席数はシートピッチが32インチの場合は50席、29インチの場合は58席を配列することができます。  琉球エアーコミューターは1月現在、DHC-8-100(Q100)、DHC-8-300(Q300)を使用しており、今後これらのボンバルディア機はすべてQ400ECに機材更新されます。" ["post_title"]=> string(78) "琉球エアーコミューター、ボンバルディアQ400EC初号機受領" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(195) "%e7%90%89%e7%90%83%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%90%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%a2q400ec%e5%88%9d%e5%8f%b7" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-05 12:03:01" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-05 03:03:01" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42545" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4265 (24) { ["ID"]=> int(42316) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-12-22 16:00:34" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-12-22 07:00:34" ["post_content"]=> string(2425) "[caption id="attachment_42318" align="alignright" width="300"]天草エアライン,DHC-8-Q100みぞか号 天草エアラインのDHC-8-Q100みぞか号 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年2月[/caption] 天草エアライン(AHX)はこのほど、「みぞか号(天草弁で”かわいい”の意味)」の愛称で親しまれている現行機ボンバルディアDHC-8-Q100(機体番号:JA81AM)の退役記念企画として、最後のチャーターフライト「DASH8-103 SAYONARA PREMIUM FLIGHT “MIZOKA”(サヨナラプレミアムフライト"みぞか")」を実施します。  天草エアラインのDHC-8-Q100は、機材更新で2016年2月19日の退役が決定しており、最後のチャーター便としてこの特別フライトに30名が参加できます。  実施日は2016年2月7日。熊本空港発着で15時から約1時間のフライトです。旅行代金は1人3万9000円で、九州産交旅行センターがインターネット販売限定で12月25日9時から予約を受け付けます。  チャーターフライトでは、機内で天草の旬の新鮮な食材を使用した「お寿司」やデザート・ドリンクが提供されるほか、機内サービスは「天草エアラインが厳選した客室乗務員」が対応します。 [caption id="attachment_42317" align="alignright" width="300"]天草エアライン,CA 機内販売品を手にする天草エアラインの井上CA © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月[/caption] このほか、旅行代金にはDHC-8-Q100みぞか号の1/100モデルプレーン、手のぬくもりを感じさせる手作りの「エコかご」、記念品として配布される天草エアラインのオリジナル「ジャングルハット」や「ラゲッジタグ」、搭乗証明書、機内サービス等が含まれています。  天草エアラインはDHC-8-Q100みぞか号の退役に伴い、2月20日には日本初導入となる後継機のATR 42-600新みぞか号(機体番号:JA01AM)による運航を始めます。" ["post_title"]=> string(94) "天草エアライン、DHC-8-Q100みぞか号退役でプレミアムフライト運航決定" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e5%a4%a9%e8%8d%89%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%81dhc-8-q100%e3%81%bf%e3%81%9e%e3%81%8b%e5%8f%b7%e9%80%80%e5%bd%b9%e3%81%a7%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%83%95" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-12-22 16:00:34" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-12-22 07:00:34" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42316" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4266 (24) { ["ID"]=> int(42135) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-12-11 13:30:46" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-12-11 04:30:46" ["post_content"]=> string(2281) "[caption id="attachment_42136" align="alignright" width="300"]琉球エアーコミューター,RAC 2015年12月24日に創立30周年を迎えるRAC © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月[/caption] JALグループの琉球エアーコミューター(RAC)は12月24日に創立30周年を迎えます。節目の年を向かえたことからRACでは「RAC創立30周年検討委員会」を立ち上げ、記念もロゴマークも発表されました。  30周年記念ロゴマークのテーマは “おおきな「感謝」と「未来」をのせて”。社員からデザインやアイディアを募集し多くの意見を基に、数か月かけて完成したものです。  今後退役が予定されているボンバルディアDHC8-Q100型機の機体カラーとRACのチャームポイントでもある尾翼のシーサーがメイン。数字の「3」の左下にはこれから導入される貨物室拡張型のDHC-8-Q400ECを入れて現行機と後継機を掛け合わせており、RACがこれから未来に向かって飛び立つ様子をイメージした社員の熱い想いが込められています。  今後の取り組みとしては南大東・北大東・久米島・多良間島・与那国島の5つの島で小学生・中学生を対象とした航空教室の開催が予定されています。南大東、多良間島はすでに終了しており、その様子は今後ホームページで紹介するとしています。  RACは1985年12月24日のクリスマス・イヴに設立。2年後には設立当時から保有していたBN-2Bにて路線を開設しました。最初の開設路線は公共施設地図航空から引き継いだ那覇-慶良間線。  1992年11月には日本トランスオーシャン航空(JTA)の前身「南西航空」から路線を移管し、1997年1月にはDHC-6の後継機となったDHC-8-Q100を導入。Q300による運航は2007年4月から始まりました。  2016年4月からはDHC-8-Q400EC初号機(機体番号:JA81RC)の運航が始まる見込みです。" ["post_title"]=> string(74) "RAC、創立30周年で貨物室拡張型のDHC-8-Q400EC入り記念ロゴ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(188) "rac%e3%80%81%e5%89%b5%e7%ab%8b30%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%81%a7%e8%b2%a8%e7%89%a9%e5%ae%a4%e6%8b%a1%e5%bc%b5%e5%9e%8b%e3%81%aedhc-8-q400ec%e5%85%a5%e3%82%8a%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%83%ad%e3%82%b4" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-12-11 13:30:46" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-12-11 04:30:46" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42135" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

ボンバルディアのCシリーズ営業飛行初号機、ロールアウト

Cシリーズ

 ボンバルディアはこのほど、スイスインターナショナルエアラインズ(SWR)に納入するCシリーズ営業飛行初号機をロールアウトさせたと発表しました。  Cシリーズ営業飛行初号機の機体番号は「HB-JBA」。すでにスイスインタ …more»

ANAグループ,モデルプレーン

最高は24万円 ANAモデルプレーンに747特別塗装など新製品16機

 ANAグループの全日空商事はこのほど、2016年1月から販売を開始した新たなモデルプレーン16種類の詳細を発表しました。MRJ飛行試験機やスターウォーズ特別塗装機のほか、ANAグループがこれまでに導入してきたANKのY …more»

ANA,Q400

ANA、Q400にWi-Fiサービス導入へ

 全日本空輸(ANA)は、ボンバルディアDHC8-Q400型機で国内線機内ワイヤレスエンターテイメントサービス「ANA Wi-Fiサービス」を3月22日から開始すると発表しました。  ANA Wi-Fiサービスは、Q40 …more»

天草エアライン,ダッシュ8,みぞか号

ダッシュ8みぞか号、16年の歴史に幕

 「親子イルカ号」や「みぞか号(天草弁で”かわいい”の意味)」の愛称で親しまれてきた天草エアライン(AHX)のボンバルディアDHC-8-Q100(機体番号:JA81AM)が2月19日、福岡発天草行きAMX108便の最終便 …more»

天草エアライン,チャーター便

退役前にラストチャーター、天草エアライン「みぞか号」 記念品は訳ありグッズ

 天草エアライン(AHX)は2月7日、現行機による最後のチャーターフライト「DASH8-103 SAYONARA PREMIUM FLIGHT “MIZOKA”(サヨナラプレミアムフライト”みぞか&#8221 …more»

ANAボンバルディアDHC-8 Q400シートベルトバックパック

数量限定 全日空商事、ANAのQ400パーツ再利用バッグ発売

 ANAグループの全日空商事は運営するANA公式ECサイト「ANAショッピング A-style(スタイル)」にて、ANA航空機材で整備時に取り下ろされた部品を再利用した「Reproduced goods(リプロデュースド …more»

アイベックスエアラインズ

アイベックスエアラインズ、中部-宮崎線3月開設 CRJ200が1機退役へ

 アイベックスエアラインズ(IBX)は2016年サマーダイヤ(2016年3月27日~10月29日)期間中の路便計画を、1月20日に発表しました。  中部-宮崎線は3月27日に1日1往復で開設。使用機材はボンバルディアCR …more»

ボンバルディア,Q400EC

琉球エアーコミューター、ボンバルディアQ400EC初号機受領

 ボンバルディアは12月31日、琉球エアーコミューター(RAC)にDHC-8-400(Q400)の貨物室拡張型機Q400EC(カーゴ・コンビ)を引き渡したと発表しました。同機はトロント工場製の機体で、琉球エアーコミュータ …more»

天草エアライン,CA

天草エアライン、DHC-8-Q100みぞか号退役でプレミアムフライト運航決定

 天草エアライン(AHX)はこのほど、「みぞか号(天草弁で”かわいい”の意味)」の愛称で親しまれている現行機ボンバルディアDHC-8-Q100(機体番号:JA81AM)の退役記念企画として、最後のチャーターフライト「DA …more»

琉球エアーコミューター,RAC

RAC、創立30周年で貨物室拡張型のDHC-8-Q400EC入り記念ロゴ

 JALグループの琉球エアーコミューター(RAC)は12月24日に創立30周年を迎えます。節目の年を向かえたことからRACでは「RAC創立30周年検討委員会」を立ち上げ、記念もロゴマークも発表されました。  30周年記念 …more»