ボーイング

ボーイングトピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4551 (24) { ["ID"]=> int(45569) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-23 11:53:50" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-23 02:53:50" ["post_content"]=> string(2169) "[caption id="attachment_45570" align="alignright" width="300"]KLMオランダ航空 6月22日、成田国際空港に初めて到着したKLMオランダ航空のオレンジカラーがあしらわれたボーイング777-300特別塗装機 資料提供:KLMオランダ航空[/caption] 成田国際空港に6月22日、KLMオランダ航空(KLM)のオランダを象徴するボーイング777-300特別塗装機(機体番号:PH-BVA)が初めて飛来しました。  この特別塗装機はオランダのナショナルカラー「オレンジ」とKLMブルーのカラーリングが塗装された機体で、6月22日のアムステルダム発のKL861便として成田に9時16分に到着しました。機内はビジネスクラス34席、エコノミークラス374席の2クラス構成です。  機体のアイデアは、2015年4月27日にオランダ最大の国民的な祭日、国王の誕生日を祝うキングスデイ(国王の日)にKLMオランダ航空のソーシャルメディアが発信したメッセージから生まれました。「#OrangeExperience」で発信されたのは、オレンジ色の飛行機のイメージ画と「来年のキングスデイには飛行機をオレンジ色に塗りましょうか?」という質問。3万人からの“いいね!”に加え、2,500人の是非!という大きな反応があり、この特別塗装機が実現しました。  この特別塗装機は今後、KLMオランダ航空が就航する各地に投入される予定で、リオ五輪期間中はアムステルダム-リオデジャネイロ線で運航され、2016年8月22日には、メダルを獲得したオランダ人選手団の凱旋帰国便、「メダルフライト」での運航が決定しています。  KLMオランダ航空は2016年サマーダイヤ期間中、日本とアムステルダムを週最大15便で結びます。成田からは最大週8便、関空から週7便です。" ["post_title"]=> string(67) "KLMオランダ航空の777-300特別塗装機、成田に初飛来" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(181) "klm%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%80%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%81%ae777-300%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%a1%97%e8%a3%85%e6%a9%9f%e3%80%81%e6%88%90%e7%94%b0%e3%81%ab%e5%88%9d%e9%a3%9b%e6%9d%a5" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-23 12:49:20" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-23 03:49:20" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45569" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4550 (24) { ["ID"]=> int(45410) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-13 12:17:24" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-13 03:17:24" ["post_content"]=> string(1873) "[caption id="attachment_45411" align="alignright" width="300"]エア・ドゥ,旭川空港開港50周年記念ラッピング機 エア・ドゥの旭川空港開港50周年記念ラッピング機イメージ図(エア・ドゥ発表資料より)[/caption] エア・ドゥ(ADO)はこのほど、旭川空港開港50周年を記念し、286席仕様のボーイング767-300型機に記念ラッピングを施すことを、旭川空港開港50周年記念事業実行委員会と合意しました。就航日は2016年6月24日を予定しています。  旭川空港開港50周年記念ラッピング機は、開港50周年オリジナルロゴに加え、旭川市のシンボルキャラクター「あさっぴー」と「ゆっきりん」、東神楽町のマスコットキャラクター「かぐらっき~」が描かれます。また、エア・ドゥの企業理念である「北海道の翼」が機体に表記されて運航する初めての機材となります。  6月24日から運航を開始し、羽田発着の旭川、新千歳、函館、女満別、帯広線に投入されます。  初便は羽田-旭川線のHD83/84便で、到着時にはラッピングデザインに採用された「あさっぴー」、「ゆっきりん」、「かぐらっき~」によるお出迎え、出発時にはエア・ドゥキャラクター「ベア・ドゥ」によるお見送りが予定されています。  旭川空港開港50周年記念ラッピング機は、就航地の自治体とエア・ドゥが連携して旭川空港の開港50周年をピーアールします。旭川空港は1966年6月30日に開港。今年で50周年を迎えます。" ["post_title"]=> string(83) "エア・ドゥ、「旭川空港開港50周年記念ラッピング機」就航へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(200) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%89%e3%82%a5%e3%80%81%e3%80%8c%e6%97%ad%e5%b7%9d%e7%a9%ba%e6%b8%af%e9%96%8b%e6%b8%af50%e5%91%a8%e5%b9%b4%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%94%e3%83%b3%e3%82%b0" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-13 12:17:24" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-13 03:17:24" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45410" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4549 (24) { ["ID"]=> int(45382) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-13 10:17:16" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-13 01:17:16" ["post_content"]=> string(4902) "[caption id="attachment_45397" align="aligncenter" width="700"]JAL,スカイスイート777 公開されたJALのボーイング777-200ER国際線新仕様機「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」 資料提供:JAL[/caption]  日本航空(JAL)は国際線ボーイング777-200ERの新仕様機「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」を公開しました。客室をすべて一新し、就航は6月18日の羽田-バンコク線。以降、8月に羽田-シンガポール線、2017年1月以降は羽田-ホノルル線にも投入します。  スカイスイート仕様777-200ER初号機は機体番号「JA701J」。機内は最新のフルフラット型座席「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイートスリー)」のビジネスクラスが42席、プレミアムエコノミークラスは他のスカイスイート機材にも搭載されている「SKY PREMIUM(スカイプレミアム)」40席、エコノミークラスは足元スペースを最大約10センチ拡大した「SKY WIDER(スカイワイダー)」154席の3クラスで構成される計245席。 [caption id="attachment_44176" align="aligncenter" width="700"]スカイスイート777-200ER,シートマップ スカイスイート777-200ERのシートマップ 資料提供:JAL[/caption] [caption id="attachment_45383" align="alignright" width="300"]JAL,新ビジネスクラス 国際線新仕様機に搭載されたJALの新ビジネスクラス「JAL SKY SUITE III(スカイスイートスリー)」 資料提供:JAL[/caption] ビジネスクラスにはフルフラットになるシートが採用され、どの席も通路側にアクセスが可能です。配列は横4席の1-2-1配列。ベッド長は最大約198センチ、ベッド幅は最大約74センチ(可動式アームレスト収納時)、シート幅は最大約5152cm(アームレスト間)。  一部の座席で足元を立体的に交差させる工夫を行うなど、十分なスペースを確保しています。また、ユニバーサルPC電源、USBポート、4段階に調節可能なLEDライトも装備しています。 [caption id="attachment_45387" align="alignright" width="300"]JAL,スカイプレミアム プレミアムエコノミークラス「SKY PREMIUM(スカイプレミアム)」 資料提供:JAL[/caption] プレミアムエコノミークラスは横8席の2-4-2配列。基本的なデザインと機能は既存のスカイスイート777、スカイスイート787と同様です。  座席ピッチは約107センチ、座席幅は約48センチ(アームレスト間)で、初期のビジネスクラスのような、座席スペースを確保しています。座席は前席の背もたれが倒れてこないFIXED BACK構造も取り入れています。 [caption id="attachment_45388" align="alignright" width="300"]JAL,スカイワイダー エコノミークラス「SKY WIDER(スカイワイダー)」。横9席の3-4-2配列が採用された 資料提供:JAL[/caption] エコノミークラスの配列は、横9席の3-4-2配列が採用されました。一般的な配列は3-3-3ですが、2~4名の乗客が並び席を確保できるよう利用者のニーズに応えています。座席ピッチは約84~86センチ、座席幅は約47㎝ (アームレスト間)。ユニバーサルPC電源とUSBポートも完備しています。  機内では既存のスカイスイートと同様に、国際線機内インターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi」も提供するほか、300を超える映画・ビデオ・オーディオなどのプログラムが楽しめる新機内エンターテインメントシステムも完備しています。  JALの国際線向け777-200ERは今後11機がすべてスカイスイート仕様に改修され、改修状況により順次投入路線を拡大していきます。今回公開されたスカイスイート777-200ER初号機による初就航日は6月18日。羽田-バンコク線(JL031/034便)に投入されます。" ["post_title"]=> string(78) "JAL、777-200ERビジネスに新シート 初便は羽田-バンコク線" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(192) "jal%e3%80%81777-200er%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%81%ab%e6%96%b0%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e5%88%9d%e4%be%bf%e3%81%af%e7%be%bd%e7%94%b0%ef%bc%8d%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-13 10:53:04" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-13 01:53:04" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45382" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4548 (24) { ["ID"]=> int(45084) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-01 10:20:31" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-01 01:20:31" ["post_content"]=> string(2753) "[caption id="attachment_45168" align="aligncenter" width="700"]ソラシドエア,がんばろう!九州号 熊本・大分など九州の復興支援プロジェクトとして就航開始した特別デカール機「がんばろう!九州号」 資料提供:ソラシドエア[/caption]  ソラシドエア(SNJ)は5月28日、熊本地震の復興支援プロジェクト「がんばろう!九州」の一環で、特別デカール機「がんばろう!九州号」の運航を開始しました。 [caption id="attachment_44877" align="alignright" width="300"]ソラシドエア,「がんばろう!九州」復興支援プロジェクトロゴマーク 「がんばろう!九州」復興支援プロジェクトロゴマーク 資料提供:ソラシドエア[/caption] 「がんばろう!九州号」はボーイング737-800型機の機体番号「JA807X」に、ソラシドエアが就航する九州全県(大分、長崎、熊本、鹿児島、宮崎)のご当地キャラクターを描いた復興支援プロジェクト機。  大分県応援団鳥「めじろん」、長崎がんばらんば隊「がんばくん・らんばちゃん」、熊本営業部長兼しあわせ部長「くまモン」、鹿児島PRキャラクター「ぐりぶー」、宮崎県シンボルキャラクター「みやざき犬」を機体後部と乗降口付近にあしらっています。  初便は羽田発宮崎行き6J53便で、乗客160名が搭乗しました。「がんばろう!九州号」の就航期間は未定で、ソラシドエアによると1年以上など数年間の就航を計画しています。  熊本地震発生後、ソラシドエアの羽田-熊本線は一部便が欠航していますが、6月2日からは全日本空輸(ANA)を含め平常通りの運航を見込んでいます。日本航空(JAL)は6月1日から熊本線の全便で運航を再開させています。 [caption id="attachment_45172" align="aligncenter" width="700"]ソラシドエア,がんばろう!九州号 熊本・大分など九州の復興支援プロジェクトとして就航開始した特別デカール機「がんばろう!九州号」 資料提供:ソラシドエア[/caption]" ["post_title"]=> string(81) "ソラシドエア特別デカール機「がんばろう!九州号」、就航" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%bd%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%89%e3%82%a8%e3%82%a2%e7%89%b9%e5%88%a5%e3%83%87%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%a9%9f%e3%80%8c%e3%81%8c%e3%82%93%e3%81%b0%e3%82%8d%e3%81%86%ef%bc%81%e4%b9%9d%e5%b7%9e" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-01 10:20:31" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-01 01:20:31" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45084" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4547 (24) { ["ID"]=> int(45126) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-31 08:33:36" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-30 23:33:36" ["post_content"]=> string(1849) "[caption id="attachment_45127" align="alignright" width="300"]エア・ドゥ,ベア・ドゥ北海道 JET 2016年7月29日から就航する特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」の機体デザイン(エア・ドゥ発表資料より)[/caption] エア・ドゥ(ADO)はこのほど、ボーイング767-300型機の特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」を就航させると発表しました。  「ベア・ドゥ北海道 JET」のデザインは、「北海道の四季」がコンセプト。花々と新緑が彩る春から初夏、夏の大草原、紅葉の秋、白銀の世界が幻想的な雪景色の冬といった、道内就航エリアの名所・自然をモチーフに、季節によって多彩な表情を見せる北海道ならではの明瞭な四季を、機体全体に表現しています。  エア・ドゥには286席、288席、289席仕様の767があり、「ベア・ドゥ北海道JET」はこのうち、288席仕様の767型機1機にデザインされます。エア・ドゥは288席仕様の767を機体番号「JA601A」と「JA8359」、計2機を導入しています。  就航日は2016年7月29日。エア・ドゥが767-300で就航する羽田発着の新千歳、旭川、函館、女満別、帯広線に投入します。「ベア・ドゥ北海道 JET」就航を記念し、就航開始日には記念イベントを、また、機内では様々なサービスを計画中としています。  記念イベントと就航に合わせたオリジナルのサービス内容は、改めて発表されます。  エア・ドゥは2016年11月14日に設立20周年を迎えます。" ["post_title"]=> string(58) "特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」就航へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(166) "%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%a1%97%e8%a3%85%e6%a9%9f%e3%80%8c%e3%83%99%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%89%e3%82%a5%e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93-jet%e3%80%8d%e5%b0%b1%e8%88%aa%e3%81%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-31 08:33:36" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-30 23:33:36" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45126" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4546 (24) { ["ID"]=> int(45073) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-27 15:19:03" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-27 06:19:03" ["post_content"]=> string(1538) "[caption id="attachment_45074" align="alignright" width="300"]羽田空港 大韓航空のボーイング777エンジン出火でC滑走路が閉鎖した羽田空港 © Toshio Tajiri/Flight Liner=16年1月[/caption] 羽田空港では5月27日、大韓航空(KAL)のボーイング777-300型機がC滑走路でエンジン出火を起こした影響で、同空港発着便に欠航や遅延などが発生、15時現在も欠航便が相次いでいます。  全日本空輸(ANA)では17時までに羽田空港を発着する国内運航便の欠航を決めました。その後の運航について、ANAは検討中としており、決定次第ANA公式サイトで案内されます。  日本航空(JAL)もC滑走路閉鎖の影響で欠航・遅延・引き返し・他空港への到着などの影響が発生しています。滑走路運用再開の状況によっては、今後も欠航便発生の可能性があるとしています。  このほか、ソラシドエア(SNJ)は計11便の欠航を決めたほか、羽田空港を発着するエア・ドゥ(ADO)、スターフライヤー(SFJ)、ソラシドエア(SNJ)、スカイマーク(SKY)、海外の航空会社などにも欠航や遅延などが発生しており、航空各社は最新情報を確認するよう注意を呼び掛けています。" ["post_title"]=> string(79) "羽田空港C滑走路が閉鎖 777エンジン出火、欠航便多数発生" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e7%be%bd%e7%94%b0%e7%a9%ba%e6%b8%afc%e6%bb%91%e8%b5%b0%e8%b7%af%e3%81%8c%e9%96%89%e9%8e%96%e3%80%80777%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e5%87%ba%e7%81%ab%e3%80%81%e6%ac%a0%e8%88%aa%e4%be%bf" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-27 18:29:14" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-27 09:29:14" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45073" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(44972) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-23 10:48:42" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-23 01:48:42" ["post_content"]=> string(940) "[caption id="attachment_44973" align="aligncenter" width="700"]中国国際航空,787-9 中国国際航空が受領したボーイング787-9初号機 資料提供:ロールス・ロイス[/caption]  中国国際航空(CCA)はこのほど、ボーイング787-9(機体番号:B-7877)を受領しました。787-9の導入は中国国際航空にとって初めて。  中国国際航空の787-9初号機はノースチャールストンの最終組立工場からデリバリーされた機体で、エンジンはロールスロイス社製のトレント1000エンジンを搭載しています。  中国国際航空は北京発着の国内線に787-9を投入し、今後は長距離国際線としてヨーロッパ線にも投入を予定しています。" ["post_title"]=> string(38) "中国国際航空、787-9を初受領" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(104) "%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81787-9%e3%82%92%e5%88%9d%e5%8f%97%e9%a0%98" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-23 10:48:42" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-23 01:48:42" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44972" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(44908) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-18 18:01:02" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 09:01:02" ["post_content"]=> string(1763) "[caption id="attachment_44930" align="alignright" width="300"]スカイマーク,タイガースジェット スカイマーク、特別塗装機「タイガースジェット」の一般公開参加者募集 資料提供:スカイマーク[/caption] スカイマーク(SKY)は、4月27日から就航を開始したプロ野球球団「阪神タイガース」とコラボレーションした特別塗装機「タイガースジェット」の一般公開イベントを実施すると発表しました。公開日は5月21日。神戸空港のスカイマーク格納庫にて200名を招待します。  一般公開は4回に分けて行われ、9時30分から神戸空港スカイマーク格納庫入口前で全4回分の入場整理券を配付。1人につき整理券は1枚。先着200名に順番に早い時間の入場整理券を配ります。時間指定は不可。  当日はタイガースジェットの一般公開(機内見学は不可)のほか、スカイマークの神戸空港における路線ピーアールおよび物産販売ブース設置、スカイマーク×阪神タイガースのオリジナルスポーツタオルの販売、モデルプレーン・ボールペン等スカイマークグッズの販売も行われます。参加者にはスカイマーク×阪神タイガースのオリジナルうちわがプレゼントされます。  タイガースジェットはボーイング737-800型機の機体番号「JA73NL」と「JA73NM」、計2機。スカイマークが就航する全路線に2016年10月末まで投入します。" ["post_title"]=> string(99) "スカイマーク、特別塗装機「タイガースジェット」の一般公開参加者募集" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%af%e3%80%81%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%a1%97%e8%a3%85%e6%a9%9f%e3%80%8c%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-09-17 01:15:13" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-09-16 16:15:13" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44908" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(44917) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-18 17:41:26" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 08:41:26" ["post_content"]=> string(1559) "[caption id="attachment_44918" align="alignright" width="300"]スクート スクート、バンコク経由の成田-シンガポール線を7月に開設 資料提供:スクート[/caption] シンガポールを拠点にするLCC(格安航空会社)、スクート(SCO)はこのほど、バンコク(ドンムアン)経由で成田-シンガポール線を新たに開設すると発表しました。開設日は7月21日。この就航により、スクートの成田-シンガポール線は、バンコク経由の成田-シンガポール線、台北(桃園)経由の成田-シンガポール線をあわせると1日2往復のダブルデイリー運航となります。  バンコク経由の成田-シンガポール線開設は、タイ及びシンガポールからの訪日需要を取り込むもので、また、日本から両国への旅行者に割安な運賃を提供します。  運航本数は1日1往復体制、機材はボーイング787-8型機。機内はスクートビズ21席、エコノミー314席、計335席仕様です。  スクートのキャンベル・ウィルソンCEOは「東京の皆様にとってシンガポール、バンコクへのお得な選択肢が増えると同時に、シンガポールおよびタイからの訪日需要に益々貢献できることを願っている」と述べています。 " ["post_title"]=> string(73) "スクート、成田-バンコク-シンガポール線を7月開設" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%81%e6%88%90%e7%94%b0%ef%bc%8d%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af%ef%bc%8d%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%b7%9a%e3%82%927%e6%9c%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-18 17:41:26" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 08:41:26" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44917" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4571 (24) { ["ID"]=> int(44912) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-18 09:59:57" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 00:59:57" ["post_content"]=> string(1172) "[caption id="attachment_44913" align="alignright" width="300"]チャイナエアライン,777-300ER チャイナエアライン10機目となるボーイング777-300ER 資料提供:Boeing[/caption] ボーイングはこのほど、チャイナエアライン(CAL)に共同ブランドのボーイング777-300ER、機体番号「B-18007」を引き渡したと発表しました。チャイナエアラインにとって今回の777-300ER受領は10機目となります。  機体にはボーイングとチャイナエアラインのロゴがあしらわれており、777-300ERにボーイングとエアラインのロゴが描かれたのは、今回が初めて。  チャイナエアラインの777-300ERは、プレミアムビジネスクラス40席、プレミアムエコノミー62席、エコノミークラス256席の計358席。エコノミークラスの一部は、横3席が1つのソファのようにして使用できる「ファミリーカウチ」が配置されています。" ["post_title"]=> string(90) "777-300ER初 ボーイングとチャイナエアラインの共同ブラント塗装機" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "777-300er%e5%88%9d%e3%80%80%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a8%e3%83%81%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%85%b1%e5%90%8c%e3%83%96" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-18 09:59:57" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 00:59:57" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44912" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

KLMオランダ航空の777-300特別塗装機、成田に初飛来

KLMオランダ航空

 成田国際空港に6月22日、KLMオランダ航空(KLM)のオランダを象徴するボーイング777-300特別塗装機(機体番号:PH-BVA)が初めて飛来しました。  この特別塗装機はオランダのナショナルカラー「オレンジ」 …more»

エア・ドゥ,旭川空港開港50周年記念ラッピング機

エア・ドゥ、「旭川空港開港50周年記念ラッピング機」就航へ

 エア・ドゥ(ADO)はこのほど、旭川空港開港50周年を記念し、286席仕様のボーイング767-300型機に記念ラッピングを施すことを、旭川空港開港50周年記念事業実行委員会と合意しました。就航日は2016年6月24日を …more»

JAL,新ビジネスクラス

JAL、777-200ERビジネスに新シート 初便は羽田-バンコク線

 日本航空(JAL)は国際線ボーイング777-200ERの新仕様機「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」を公開しました。客室をすべて一新し、就航は6月18日の羽田-バンコク線。以降、8月に羽田-シンガポー …more»

ソラシドエア,がんばろう!九州号

ソラシドエア特別デカール機「がんばろう!九州号」、就航

 ソラシドエア(SNJ)は5月28日、熊本地震の復興支援プロジェクト「がんばろう!九州」の一環で、特別デカール機「がんばろう!九州号」の運航を開始しました。  「がんばろう!九州号」はボーイング737-800型機の機体番 …more»

エア・ドゥ,ベア・ドゥ北海道 JET

特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」就航へ

 エア・ドゥ(ADO)はこのほど、ボーイング767-300型機の特別塗装機「ベア・ドゥ北海道 JET」を就航させると発表しました。  「ベア・ドゥ北海道 JET」のデザインは、「北海道の四季」がコンセプト。花々と新緑が彩 …more»

羽田空港

羽田空港C滑走路が閉鎖 777エンジン出火、欠航便多数発生

 羽田空港では5月27日、大韓航空(KAL)のボーイング777-300型機がC滑走路でエンジン出火を起こした影響で、同空港発着便に欠航や遅延などが発生、15時現在も欠航便が相次いでいます。  全日本空輸(ANA)では17 …more»

中国国際航空,787-9

中国国際航空、787-9を初受領

 中国国際航空(CCA)はこのほど、ボーイング787-9(機体番号:B-7877)を受領しました。787-9の導入は中国国際航空にとって初めて。  中国国際航空の787-9初号機はノースチャールストンの最終組立工場からデ …more»

スカイマーク,タイガースジェット

スカイマーク、特別塗装機「タイガースジェット」の一般公開参加者募集

 スカイマーク(SKY)は、4月27日から就航を開始したプロ野球球団「阪神タイガース」とコラボレーションした特別塗装機「タイガースジェット」の一般公開イベントを実施すると発表しました。公開日は5月21日。神戸空港のスカイ …more»

スクート

スクート、成田-バンコク-シンガポール線を7月開設

 シンガポールを拠点にするLCC(格安航空会社)、スクート(SCO)はこのほど、バンコク(ドンムアン)経由で成田-シンガポール線を新たに開設すると発表しました。開設日は7月21日。この就航により、スクートの成田-シンガポ …more»

チャイナエアライン,777-300ER

777-300ER初 ボーイングとチャイナエアラインの共同ブラント塗装機

 ボーイングはこのほど、チャイナエアライン(CAL)に共同ブランドのボーイング777-300ER、機体番号「B-18007」を引き渡したと発表しました。チャイナエアラインにとって今回の777-300ER受領は10機目とな …more»