ベル・ヘリコプター

民間・公官庁および軍用の有人・無人の垂直離陸航空機を製造するテキストロンの100%子会社、ベル・ヘリコプターに関するページです。

ベル・ヘリコプタートピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4552 (24) { ["ID"]=> int(45308) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-12 09:16:20" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-12 00:16:20" ["post_content"]=> string(2628) "[caption id="attachment_45310" align="alignright" width="300"]ベル505ジェットレンジャーX カナダ大使館で披露されたベル505ジェットレンジャーX(Bell 505 Jet Ranger X)の実物大模型。今後は在日アメリカ大使館や2016年国際航空宇宙展でも展示も予定 資料提供:ベルヘリコプター[/caption] ベルヘリコプターはこのほど、カナダ大使館でベル505ジェットレンジャーX(Bell 505 Jet Ranger X)の実物大模型を関係者らに披露しました。日本でベル505ジェットレンジャーXが公開されるのは初めてで、今後4カ月間は全国で同機実物大模型のデモンストレーション・ツアーが実施されます。  顧客重視設計のベル505は巡航速度125ノット(毎時232キロメートル)、航続距離360海里(667キロメートル)、有効搭載量1,500ポンド(608キログラム)の性能で、高い安全性と操縦性に優れた設計でありながら、運航事業者に多大な価値を提供しています。  また、ガーミンG1000H統合型アビオニクス・スイートを採用し、パイロットが一目で重要な飛行情報を把握できるよう、高い状況認識性を提供しています。さらに、チュルボメカ・アリウス2Rエンジンの二重チャネル全デジタル式電子制御器(FADEC)により、パイロットの負担がさらに軽減されています。  ベルヘリコプターのリチャード・ソーンリー代表取締役社長は「ベル505が紹介できることを心から嬉しく思う。期待以上の性能を発揮し続けることで、ベル505は今後も間違いなくお客様からの注目を集めることと思います」と述べています。  ベル505は今後、イベントでの展示機会を活かし、在日アメリカ大使館や2016年国際航空宇宙展での展示も予定しています。  ベルヘリコプターの日本法人は2014年1月に設立。東京オフィスは営業販売、マーケティング、販売後のアフターサービスの日本における拠点であり、正規のサービスセンターとして富士重工業、中日本航空、朝日航洋のサポートが得られます。  ベルヘリコプターの機体は、日本では愛知県や青森県などが防災用ヘリとして導入しています。" ["post_title"]=> string(55) "日本初披露 ベル505ジェットレンジャーX" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(157) "%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%88%9d%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e3%80%80%e3%83%99%e3%83%ab505%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bcx" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-10 17:48:49" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-10 08:48:49" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45308" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4551 (24) { ["ID"]=> int(43855) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-07 07:17:42" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-06 22:17:42" ["post_content"]=> string(1804) "[caption id="attachment_43856" align="alignright" width="300"]:ベルヘリコプター,Bell 412EPI 愛知県が現在使用しているBell 412EP。今回発注したBell 412EPIも同様の配色になる予定 資料提供:ベルヘリコプター[/caption] ベルヘリコプター・テキストロン (NYSE: TXT) は、愛知県から防災向けヘリコプターのBell 412EPIを1機受注したと発表しました。Bell 412EPIは公共の任務に即した仕様を備えており、愛知県は消防・災害救助活動に使用する予定です。  従来機よりさらに機能性を高めたEPIのプラットフォームは、先進的なフライトデッキを備え、馬力も強化されるなど、顧客の様々なニーズに対応できる機体。愛知県は過去20年にもわたりBell 412EPを使用しています。  ベルヘリコプターのリチャード・ソーンリー代表取締役社長は今回の受注を受けて「Bell 412を採用してくれたことを大変嬉しく光栄に思う。愛知県の防災対策能力はより一層強化され、市民生活の安心・安全の確保に貢献できると確信している」と述べています。  ベルヘリコプター日本法人は2014年1月に設立。東京オフィスは営業販売、マーケティング、販売後のアフターサービスの日本における拠点であり、正規のサービスセンターとして富士重工、中日本航空、朝日航洋のサポートが得られます。  Bell 412EPIは青森県も防災向けとして昨年5月に初めて発注しています。" ["post_title"]=> string(62) "ベルヘリコプター、愛知県からBell 412EPIを受注" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(164) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e6%84%9b%e7%9f%a5%e7%9c%8c%e3%81%8b%e3%82%89bell-412epi%e3%82%92%e5%8f%97%e6%b3%a8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-07 07:17:42" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-06 22:17:42" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43855" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4550 (24) { ["ID"]=> int(41792) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-11-21 13:30:11" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-11-21 04:30:11" ["post_content"]=> string(2395) "[caption id="attachment_41793" align="alignright" width="300"]ベルヘリコプター,Bell 407GXP ヒマラヤ山脈上空を飛行するBell 407GXP 資料提供:ベルヘリコプター[/caption] ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、アジア太平洋地域とネパールにおける新型ぺリコプター「Bell 407GXP」のデモンストレーション・ツアーの成功について発表しました。  ベル407GXPのデモンストレーション・ツアーでは、ネパールのカトマンズから、エベレストのベースキャンプ付近まで飛行し、高度20,000フィートまでの上昇飛行に成功しました。また、ルクラにある飛行場から飛び立った後、エベレストのベースキャンプ付近では高度13,500フィートから19,600フィートの高地での着地のデモンストレーションも行いました。  ベル407GXプラットフォームの派生型であるベル407GXPは、最大積載量が50パウンド(22.5キロ)増加、また、パフォーマンスと燃費効率が改善されたロールス・ロイスの新型M250エンジンを備え、同クラスの中でも最高レベルのパフォーマンスを実現します。  改良されたホバー性能の算出機能といった最新のアビオニクス機能も搭載しており、またオーバーホール間隔が500時間延長されたトランスミッションの採用などによりメンテナンス費用の削減も期待できます。  ベルヘリコプターのリチャード・ソーンリー代表取締役社長は「ヒマラヤ山脈上空でBell 407GXPの性能を証明できたことは、地球上の最も標高の高い環境下においてBell 407GXPの革新的なパフォーマンスの証明ができたということに等しいと考えている」と述べています。 [caption id="attachment_41794" align="aligncenter" width="700"]ベルヘリコプター,Bell 407GXP Bell 407GXP 資料提供:ベルヘリコプター[/caption]" ["post_title"]=> string(80) "ベルヘリコプター、エベレスト周辺でBell 407GXPの性能を披露" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(200) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e3%82%a8%e3%83%99%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e5%91%a8%e8%be%ba%e3%81%a7bell-407gxp%e3%81%ae%e6%80%a7%e8%83%bd%e3%82%92" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-11-21 13:30:11" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-11-21 04:30:11" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=41792" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4549 (24) { ["ID"]=> int(40119) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-09-03 17:06:11" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-09-03 08:06:11" ["post_content"]=> string(1959) "[caption id="attachment_40120" align="alignright" width="300"]UH-X 陸上自衛隊向け新多用途ヘリコプターUH-Xイメージ[/caption] ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、長年にわたるパートナーの富士重工業株式会社が、陸上自衛隊が現在運用するUH-1Jの後継となる新多用途ヘリコプター「UH-X」150機の開発事業について、防衛省との間で契約を締結したことを発表しました。Bell 412EPIをベースに開発されるUH-Xは、離島防衛や災害救助活動に用いられ、2021年度より順次配備される予定です。  ベルヘリコプターのジョン・ガリソン社長兼CEOは「富士重工業株式会社とベルヘリコプターのチームがUH-Xの共同開発事業者に選定されたことは、両社にとって大きな勝利。この契約締結により、共同開発プログラムを開始し、陸上自衛隊の要件を満たす試作機の初飛行に向け取り組んでいく」と述べています。  富士重工業とベルヘリコプターのチームの選定は、納入に要する期間の面で開発リスクを低減し、また、日米安全保障同盟の強化や陸上自衛隊の能力の一層の向上に寄与するものです。  陸上自衛隊においては、ベル・ボーイングV-22オスプレイ・ティルトローター機5機の導入も決定しています。  富士重工業とベルヘリコプターのチームによるUH-Xは、陸上自衛隊の要件を満たすよう共同開発され、機体の性能および安全性、そして効率性が強化されます。なお、本機体は栃木県宇都宮市にある富士重工業の施設にて製造される予定です。" ["post_title"]=> string(79) "富士重工業、陸上自衛隊向けUH-Xの開発で防衛省と契約締結" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e5%af%8c%e5%a3%ab%e9%87%8d%e5%b7%a5%e6%a5%ad%e3%80%81%e9%99%b8%e4%b8%8a%e8%87%aa%e8%a1%9b%e9%9a%8a%e5%90%91%e3%81%91uh-x%e3%81%ae%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%a7%e9%98%b2%e8%a1%9b%e7%9c%81%e3%81%a8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-09-03 17:06:11" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-09-03 08:06:11" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=40119" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4548 (24) { ["ID"]=> int(39742) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-08-18 12:51:19" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-08-18 03:51:19" ["post_content"]=> string(1734) "[caption id="attachment_39743" align="alignright" width="300"]ベルヘリコプター ベルヘリコプター社長兼最高経営責任者 ジョン・ガリソン(写真左)、チェコ警察航空部ディレクター トーマス・ヒティフ氏 (写真中央)、ベルヘリコプター 欧州・ロシア担当 マネジングディレクター ヤコブ・ホダ (写真右) 資料提供:ベルヘリコプター[/caption] ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、ヨーロッパのチェコ警察からヨーロッパ初となるBell 412EPIの受注を獲得したと発表しました。Bell 412EPIは捜索救助活動に利用され、2015年末までに納入される予定です。  チェコ警察航空部ディレクターのトーマス・ヒティフ氏は「Bell 412 EPIは市場で提供されているヘリコプターの中でも、最も信頼でき、頑丈かつ汎用性の高いヘリコプターの一つ。ベルヘリコプターが得ている高い評判やプラハにあるベルヘリコプター・カスタマーセンターへの容易なアクセスも今回の決定の重要なポイントとなった」と述べています。  チェコ警察はベルヘリコプターの長年の顧客であり、20年以上に渡ってBell 412の様々なモデルを採用しています。  Bell 412EPIは高い信頼性と汎用性を誇り、公共事業や商業、石油・ガスなどの分野、捜索救助、警察や軍事など、多様な用途・分野で活躍しています。" ["post_title"]=> string(86) "ベルヘリコプター、チェコ警察からBell 412EPI受注 ヨーロッパ初" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(200) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e3%83%81%e3%82%a7%e3%82%b3%e8%ad%a6%e5%af%9f%e3%81%8b%e3%82%89bell-412epi%e5%8f%97%e6%b3%a8%e3%80%80%e3%83%a8%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-08-18 12:51:19" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-08-18 03:51:19" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=39742" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4547 (24) { ["ID"]=> int(38718) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-07-07 07:58:05" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-07-06 22:58:05" ["post_content"]=> string(2170) "[caption id="attachment_38720" align="aligncenter" width="700"]Bell 525 リレントレス 世界初のフライバイワイヤ搭載民間ヘリコプター「Bell 525 リレントレス」 資料提供:ベル・ヘリコプター[/caption]  ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、 Bell 525リレントレスの初飛行に成功したと発表しました。スーパー・ミディアムクラスのBell 525の初飛行は、同社のテキサス州アマリロにある製造施設で実施されました。 [caption id="attachment_38719" align="alignright" width="300"]Bell 525 リレントレス 世界初のフライバイワイヤ搭載民間ヘリコプター「Bell 525 リレントレス」 資料提供:ベル・ヘリコプター[/caption] Bell 525の設計にあたっては、顧客アドバイザーパネルから寄せられた様々な声が活かされており、運航の安全性、ペイロードと航続距離、客室の快適性、装備、そして信頼性に関して未来のヘリコプターに求められるより高度な基準を満たすよう設計されました。  Bell 525の特徴の一つはヘリパッドから、またはヘリパッドへの最大総重量でのカテゴリーA離着陸に対応していることが挙げられます。万一、2つのエンジンのうちの一つが機能しなくなるような事態が発生した場合でも、Bell 525は残り一つのエンジンで離昇を続け、乗員の安全を保つための十分な力を備えています。  運航事業者やエンドユーザーに優れた状況認識力を提供するとともに過酷な環境下においても多様なミッションを遂行できるよう設計されているBell 525には、すでに60以上にも上る発注内示書が結ばれています。" ["post_title"]=> string(75) "ベルヘリコプター、Bell 525 リレントレスが初飛行に成功" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81bell-525-%e3%83%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%8c%e5%88%9d%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e3%81%ab%e6%88%90" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-08-10 12:04:04" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-08-10 03:04:04" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38718" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4546 (24) { ["ID"]=> int(37179) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-05-17 12:00:31" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-05-17 03:00:31" ["post_content"]=> string(1284) "[caption id="attachment_37180" align="aligncenter" width="700"]BELL 412EPI 青森県が発注したBELL 412EPI 資料提供:ベルヘリコプター[/caption]  ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、青森県から防災用ヘリコプターとして新型「Bell 412EPI」1機を日本で初めて受注したと発表しました。  青森県は1995年に防災ヘリコプターの運航を開始し、その際にもベルヘリコプターは同県へ412EPを日本で初めて納入しています。青森県が発注した412EPIは2016年初旬の受領を予定しています。  412EPIは2013年3月に初導入。最近では、カナダ沿岸警備隊が7機を発注しています。  ベルヘリコプターの日本法人であるベルヘリコプター株式会社は2014年1月に設立。ベルヘリコプターの東京オフィスは営業、マーケティング、さらに販売後のアフターサービスの拠点であり、正規のサービスセンターとして富士重工業、中日本航空、朝日航洋のサポートが得られます。" ["post_title"]=> string(75) "ベルヘリコプター、青森県から防災用新型「412EPI」受注" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(195) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e9%9d%92%e6%a3%ae%e7%9c%8c%e3%81%8b%e3%82%89%e9%98%b2%e7%81%bd%e7%94%a8%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%80%8c412epi%e3%80%8d" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-08-10 12:06:24" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-08-10 03:06:24" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=37179" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(36891) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-05-04 05:00:16" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-05-03 20:00:16" ["post_content"]=> string(1744) "[caption id="attachment_36892" align="alignright" width="300"]ベル・ヘリコプター,412EPI ベルヘリコプターがカナダ公共事業・政府サービス省から受注した412EPI 資料提供:ベル・ヘリコプター[/caption] ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、カナダの公共事業・政府サービス省から、カナダ沿岸警備隊向けとして7機のベル412EPIを受注したと発表しました。ベル412EPIはカナダ沿岸警備隊による海上の治安維持や漁業保護などに使用され、カナダ海域の安全や交通利便性、持続可能性、そして安全保障への貢献に役立てられます。  契約は総額約1.55億カナダドル。カナダ沿岸警備隊の機体更新計画の中でベルヘリコプターが選定されました。初号機の納入は2016年6月を予定しており、その後3カ月に1機のペースで納入が行われる予定です。  ベル412に関する新たな契約は、2014年5月に発表されたカナダ沿岸警備隊への「Bell 429」15機の受注に続くものです。ベルヘリコプターでは「Bell 429」15機のうち、1機目が3月下旬に納入済み。  ベル412EPIは2013年3月に導入されたモデルで、ベル412EPの派生型としてプラットフォームが向上。完全統合型グラスコクピットであるBell BasiX Proの採用により、重要な飛行情報を一目で把握することができるほか、より優れた状況認識力と安全性を提供します。" ["post_title"]=> string(79) "ベル・ヘリコプター、カナダ沿岸警備隊向け412EPIを7機受注" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(196) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%8a%e3%83%80%e6%b2%bf%e5%b2%b8%e8%ad%a6%e5%82%99%e9%9a%8a%e5%90%91%e3%81%91412epi%e3%82%927" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-08-10 12:03:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-08-10 03:03:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=36891" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(34972) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-03-21 16:00:36" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-03-21 07:00:36" ["post_content"]=> string(1799) "[caption id="attachment_34981" align="aligncenter" width="700"]ベル・ヘリコプター,西日本空輸 福岡空港隣接の西日本空輸格納庫で開催された修祓式の様子 資料提供:ベル・ヘリコプター[/caption]  ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、ベル412EPを西日本空輸(NSK)に納入し、19日に福岡空港隣接の西日本空輸格納庫で修祓(しゅうばつ)式を開催しました。今回の機体納入はベル・ヘリコプター日本法人にとって、正式開設後の東京オフィスを通じた初めての販売・納入の事例となります。  西日本空輸が今回納入したベル412EPは、同社保有の既存ベルヘリコプター製5機(ベル412EPとベル429が各1機、ベル427が3機)のラインナップに新たに加わることになります。ベルヘリコプターから西日本空輸への納入は今回で33機目。  過酷な気象条件下においても安定したパフォーマンスを発揮するベル412EPは、ヘリコプターを使った各種任務遂行のために世界中で採用されています。主な特徴は、IFRオプション搭載のデュアル・デジタル自動飛行制御システムや高性能カテゴリーA/JAR OPS 3などが挙げられます。巡航速度は122kts(226km/h)、航続距離は358nm(663km) 。キャビン内は乗客13名と乗員2名が十分に収容できるスペースを備えています。  西日本空輸は今回納入したベル412EPを電力関連の資材輸送任務遂行に使用する計画です。" ["post_title"]=> string(107) "ベル・ヘリコプター、西日本空輸に412EP納入 日本法人オフィス開設後初の販売" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(194) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%80%81%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%e7%a9%ba%e8%bc%b8%e3%81%ab412ep%e7%b4%8d%e5%85%a5%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-03-21 10:25:00" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-03-21 01:25:00" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=34972" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(34971) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-03-21 10:19:54" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-03-21 01:19:54" ["post_content"]=> string(2277) "[caption id="attachment_34973" align="aligncenter" width="700"]ベルヘリコプター開所式 3月19日、東京都内で開催されたベル・ヘリコプター日本法人開所式の様子 資料提供:ベルヘリコプター[/caption]  ベルヘリコプター・テキストロンは3月20日、昨年設立した同社日本法人であるベル・ヘリコプター株式会社の東京オフィス正式開設を発表しました。前日に行われた開所式には、ベルヘリコプター・テキストロンの社長兼最高経営責任者であるジョン・ガリソン氏をはじめ、マッケンジー・クラグストン駐日カナダ大使など各界の関係者らが参加しました。    ベル・ヘリコプター日本法人は2014年1月に設立。立ち上げた目的は、日本の回転翼機市場への貢献を目指した長期的な顧客・パートナーとの関係構築の推進が掲げられていました。  現在は、民間・官公庁への機体の販売とマーケティングも担い、4月以降は正規カスタマー・サービス・ファシリティである富士重工業、中日本航空、朝日航洋へのサポートを含む、販売後のアフターサービスも行います。  ベルヘリコプター・テキストロンのジョン・ガリソン代表取締役兼CEOは開所式の挨拶で、「日本法人設立以来、6社がベル・ヘリコプターに信頼をよせ、16機の販売に至ったことや防衛省からベル・ボーイングV-22オスプレイが選定されたことを嬉しく思う。」とこれまでの実績を述べた上で、「今後も変わらず日本の回転翼航空機市場に貢献していきたい。」と意気込みを語りました。  ベル・ヘリコプターの日本における歴史は、1952年11月24日に毎日新聞、読売新聞、中日新聞の各社へのBell 47D-1s納品からスタート。以来、1,500機以上が日本で使用されてきました。アメリカ本社は今年で創業80周年を迎えます。" ["post_title"]=> string(87) "ベル・ヘリコプター日本法人、販売強化で東京オフィス正式開設" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%98%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%80%81%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e5%bc%b7%e5%8c%96%e3%81%a7%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%aa%e3%83%95" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-03-21 10:24:27" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-03-21 01:24:27" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=34971" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

日本初披露 ベル505ジェットレンジャーX

ベル505ジェットレンジャーX

 ベルヘリコプターはこのほど、カナダ大使館でベル505ジェットレンジャーX(Bell 505 Jet Ranger X)の実物大模型を関係者らに披露しました。日本でベル505ジェットレンジャーXが公開されるのは初めてで、 …more»

:ベルヘリコプター,Bell 412EPI

ベルヘリコプター、愛知県からBell 412EPIを受注

 ベルヘリコプター・テキストロン (NYSE: TXT) は、愛知県から防災向けヘリコプターのBell 412EPIを1機受注したと発表しました。Bell 412EPIは公共の任務に即した仕様を備えており、愛知県は消防・ …more»

ベルヘリコプター,Bell 407GXP

ベルヘリコプター、エベレスト周辺でBell 407GXPの性能を披露

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、アジア太平洋地域とネパールにおける新型ぺリコプター「Bell 407GXP」のデモンストレーション・ツアーの成功について発表しました。  ベル407GXPのデモンストレーション …more»

UH-X

富士重工業、陸上自衛隊向けUH-Xの開発で防衛省と契約締結

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、長年にわたるパートナーの富士重工業株式会社が、陸上自衛隊が現在運用するUH-1Jの後継となる新多用途ヘリコプター「UH-X」150機の開発事業について、防衛省との間で契約を締結 …more»

ベルヘリコプター

ベルヘリコプター、チェコ警察からBell 412EPI受注 ヨーロッパ初

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、ヨーロッパのチェコ警察からヨーロッパ初となるBell 412EPIの受注を獲得したと発表しました。Bell 412EPIは捜索救助活動に利用され、2015年末までに納入される予 …more»

Bell 525 リレントレス

ベルヘリコプター、Bell 525 リレントレスが初飛行に成功

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、 Bell 525リレントレスの初飛行に成功したと発表しました。スーパー・ミディアムクラスのBell 525の初飛行は、同社のテキサス州アマリロにある製造施設で実施されました。 …more»

BELL 412EPI

ベルヘリコプター、青森県から防災用新型「412EPI」受注

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、青森県から防災用ヘリコプターとして新型「Bell 412EPI」1機を日本で初めて受注したと発表しました。  青森県は1995年に防災ヘリコプターの運航を開始し、その際にもベル …more»

ベル・ヘリコプター,412EPI

ベル・ヘリコプター、カナダ沿岸警備隊向け412EPIを7機受注

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、カナダの公共事業・政府サービス省から、カナダ沿岸警備隊向けとして7機のベル412EPIを受注したと発表しました。ベル412EPIはカナダ沿岸警備隊による海上の治安維持や漁業保護 …more»

ベル・ヘリコプター,西日本空輸

ベル・ヘリコプター、西日本空輸に412EP納入 日本法人オフィス開設後初の販売

 ベルヘリコプター・テキストロンはこのほど、ベル412EPを西日本空輸(NSK)に納入し、19日に福岡空港隣接の西日本空輸格納庫で修祓(しゅうばつ)式を開催しました。今回の機体納入はベル・ヘリコプター日本法人にとって、正 …more»

ベルヘリコプター開所式

ベル・ヘリコプター日本法人、販売強化で東京オフィス正式開設

 ベルヘリコプター・テキストロンは3月20日、昨年設立した同社日本法人であるベル・ヘリコプター株式会社の東京オフィス正式開設を発表しました。前日に行われた開所式には、ベルヘリコプター・テキストロンの社長兼最高経営責任者で …more»