エアバス

エアバストピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4552 (24) { ["ID"]=> int(45605) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-24 12:23:16" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-24 03:23:16" ["post_content"]=> string(1268) "[caption id="attachment_45606" align="alignright" width="300"]AWAS,A320 航空機リース会社AWAS向けのA320イメージ 資料提供:Airbus[/caption] 航空機リース会社のAWASは現地時間6月23日、エアバスにA320ファミリーを15機発注したと発表しました。  発注の内訳はA320ceo(現行機)が12機、A321ceoが3機。今回の発注を合わせたAWASのA320ファミリーに対するこれまでの合計受注数は95機となりました。内訳は89機がA320、6機がA321。  AWASのデイブ・シーゲル最高経営責任者(CEO)は今回の発注で「契約に至り、今後もエアバスとの長いパートナーシップが継続されることをうれしく思う。A320ceoとA321ceoは航空会社にとって依然として価値ある製品であり、私たちも強い信頼を持っている」とコメントしています。  4機種(A318、A319、A320、A321)で構成されるA320ファミリーはこれまでに1万2500機以上の受注を獲得。約400社の顧客に7,000機以上を引き渡しています。" ["post_title"]=> string(64) "航空機リース会社AWAS、A320ファミリーを15機発注" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(172) "%e8%88%aa%e7%a9%ba%e6%a9%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e4%bc%9a%e7%a4%beawas%e3%80%81a320%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%9215%e6%a9%9f%e7%99%ba%e6%b3%a8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-24 12:23:16" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-24 03:23:16" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45605" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4551 (24) { ["ID"]=> int(45556) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-23 11:14:23" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-23 02:14:23" ["post_content"]=> string(1384) "[caption id="attachment_45559" align="alignright" width="300"]エアバス,A350 XWB 6月25日から中国で初めてデモ飛行が行われるエアバスのA350 XWB試験機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] エアバスはこのほど、A350 XWBで中国への初のデモ飛行を実施すると発表しました。  使用する機体は試験機のうち、客室を装備した機体番号「F-WWCF」/製造番号「MSN2」のA350-900。同機にはカーボンの塗装があしらわれています。A350 XWBは、日本にも市場調査として2014年11月に試験飛行機(機体番号:F-WWYB/製造番号MSN5)が飛来しました。  デモ飛行は6月25日から7月2日にかけて実施予定で、北京、上海虹橋、広州白雲、海口美蘭、成都双流空港、計5空港に飛来します。 [caption id="attachment_45563" align="aligncenter" width="700"]A350 XWB 2014年11月、市場調査として日本に訪れたA350 XWB試験飛行機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] " ["post_title"]=> string(73) "エアバスA350試験機、中国で初のデモ飛行 6月25日から" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(196) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9a350%e8%a9%a6%e9%a8%93%e6%a9%9f%e3%80%81%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%a7%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%87%e3%83%a2%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e3%80%806%e6%9c%8825%e6%97%a5%e3%81%8b" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-23 11:14:23" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-23 02:14:23" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45556" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4550 (24) { ["ID"]=> int(45498) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-18 10:49:43" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-18 01:49:43" ["post_content"]=> string(2285) "[caption id="attachment_45499" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A350-900 シンガポール航空がシンガポール-サンフランシスコ線に投入するエアバスA350-900 資料提供:Airbus[/caption] シンガポール航空(SIA)は、シンガポール-サンフランシスコ線の直行定期便、また米国への運航拡大によるシンガポール-ロサンゼルス線定期便の増便を発表しました。シンガポール-サンフランシスコ線はエアバスA350-900を投入し、2016年10月23日からデイリー運航を実施します。  現在シンガポール航空は、香港、またはソウル(仁川)を経由するサンフランシスコ便をそれぞれ毎日運航しています。今回のシンガポール-サンフランシスコ線の直行便開始により、シンガポール-ソウル(仁川)-サンフランシスコ線は、10月23日よりシンガポール-ソウル(仁川)-ロサンゼルス線に経路変更します。  これにより、シンガポール-ロサンゼルス線定期便は成田を経由する便とあわせて1日2便となります。成田経由のシンガポール-ロサンゼルス線は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス48席、新プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス184席の4クラスを配置するボーイング777-300ERを投入しています。  10月23日に開設するシンガポール-サンフランシスコ線の飛行距離は約13,600キロ。フライト時間は飛行方向と季節により変動し、14時間35分~17時間45分。これは、現時点でシンガポール航空における最長フライトです。  2018年以降はさらに新しいA350-900の超長距離型であるA350-900ULRの導入により、シンガポール-ロサンゼルス線、約1万6,110キロの飛行距離があるシンガポール-ニューヨーク線も飛行可能になります。シンガポール航空はA350-900ULRのローンチカスタマーです。" ["post_title"]=> string(71) "シンガポール航空、A350-900で最長フライト路線開設へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(197) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a350-900%e3%81%a7%e6%9c%80%e9%95%b7%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e8%b7%af%e7%b7%9a%e9%96%8b%e8%a8%ad%e3%81%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-18 10:49:43" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-18 01:49:43" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45498" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4549 (24) { ["ID"]=> int(45472) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-16 10:42:49" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-16 01:42:49" ["post_content"]=> string(2064) "[caption id="attachment_45473" align="alignright" width="300"]エアバス,ミネベア 契約締結セレモニーに出席したミネベアの鶴田哲也常務執行役員ロッドエンド・ファスナー事業部長(右)とエアバスのジャン=リュック・メズナヴ構造標準部品担当統括責任者 資料提供:Airbus[/caption] エアバスはこのほど、ミネベアとエアバス全機種にベアリングおよびブッシングを供給する契約を更新したと発表しました。契約はエアバスとミネベアの子会社であるNMB-Minebea-GmbHとの間で締結されました。  ミネベアはエアバス機に幅広く使用されている精密なスフェリカル・ベアリング、ローラーベアリング、ブッシングを製造するサプライヤー。ミネベアの製品は日本、英国、タイで製造され、A320ファミリーからA330ファミリー、A350 XWB、A380まですべてのエアバス機に取り付けられています。  契約締結セレモニーは東京で行われ、ミネベアの鶴田哲也常務執行役員ロッドエンド・ファスナー事業部長とエアバスのジャン=リュック・メズナヴ構造標準部品担当統括責任者との間で契約が交わされました。  エアバス・ジャパン株式会社のステファン・ジヌー社長は、「ミネベアとは1982年からお付き合いがあり、今回のビジネス拡大を大変うれしく思う。エアバス機に搭載されている部品がミネベアの最先端技術であるということは非常に重要だ。」と述べています。  エアバスの日本における産業協力の歴史は30年以上に及びます。およそ20社の日本企業がエアバス機プログラムに参画し、高品質な製品とサービスを提供しています。" ["post_title"]=> string(48) "エアバス、ミネベアとビジネス拡大" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(144) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%81%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%99%e3%82%a2%e3%81%a8%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e6%8b%a1%e5%a4%a7" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-20 09:46:11" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-20 00:46:11" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45472" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4548 (24) { ["ID"]=> int(45426) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-15 06:11:31" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-14 21:11:31" ["post_content"]=> string(2005) "[caption id="attachment_45429" align="alignright" width="300"]ルフトハンザドイツ航空 12月にフランクフルト-ケープタウン線を再開させるルフトハンザドイツ航空 © Tetsu Maruyama/Flight Liner=15年1月[/caption] ルフトハンザドイツ航空(DLH)は今冬に、フランクフルトと南アフリカ共和国のケープタウンを結ぶ定期便を再開すると発表しました。2016年12月2日から毎週水、金、日曜運航の週3便でノンストップ運航します。再開によりルフトハンザグループの全ハブにわたるネットワークが拡充されるほか、ミュンヘンとこれまでエーデルワイス航空(EDW)がチューリッヒから運航していた季節便を補完する最適なサービスが提供されることになります。  フランクフルト-ケープタウン線には、ビジネスおよびプレミアムエコノミー、エコノミーの各クラス、計279席を設置したエアバスA340-300型機を導入します。  LH576便はフランクフルトを22時10分に出発し、ケープタウンには翌朝11時に到着。復路便はケープタウンを18時30分に出発し、フランクフルト空港には翌朝5時30分に到着。フライト時間は約11時間50分。ルフトハンザドイツ航空はこの出発・到着時刻について、「ルフトハンザの全路線ネットワークへの理想的な接続を可能にするもの」と説明しています。 ■ルフトハンザドイツ航空 運航スケジュール(2016/12/02~) LH576便 フランクフルト 22:10 → ケープタウン 翌日11:00(水・金・日曜運航) LH577便 ケープタウン 18:30 → フランクフルト 翌日05:30(水・金・日曜運航) " ["post_title"]=> string(71) "ルフトハンザドイツ航空、ケープタウン線を12月再開" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(200) "%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%83%89%e3%82%a4%e3%83%84%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3%e7%b7%9a%e3%82%9212%e6%9c%88%e5%86%8d" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-13 16:52:44" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-13 07:52:44" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45426" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4547 (24) { ["ID"]=> int(45315) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-08 13:11:19" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-08 04:11:19" ["post_content"]=> string(2528) "[caption id="attachment_45316" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空,A350 XWB A350型機のお披露目イベント。(左から)キャセイパシフィック航空のルパート・ホッグ最高執行責任者、主賓として招かれたジョセフ・ライ香港政府運輸及び住宅局常任秘書長、エアバスのキャプテンを務めるキャセイパシフィック航空のチーフパイロット、ギャビン・ヘイスルモア機長 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)は同社初となるエアバスA350 XWB初号機を受領したと発表しました。香港国際空港に5月29日に到着し、翌日には同空港併設の香港エアクラフト・エンジニアリング社(HAECO)の機体整備用格納庫でマルコポーロクラブ会員や関係者らに初号機が披露されました。  キャセイパシフィック航空が受領したのは機体番号「B-LRA」のA350-900。機内は38席のフルフラットベッドになるビジネスクラス、28席のプレミアム・エコノミークラス、214席のエコノミークラス、3クラス構成の総座席数280席。  エンジンはロールス・ロイス社製のトレントXWBエンジン。一般的な航空機のエンジンと比較して二酸化炭素排出量を25%削減します。また、初めて機内インターネット接続サービスも導入しました。  初便は6月1日の香港-マニラ線で運航されており、当面は香港発着の中近距離国際線での運航を継続します。今後は香港発着でロンドン・ガトウィック線やデュッセルドルフ線などの長距離路線に投入されます。  キャセイパシフィック航空はエアバスにA350 XWBを48機発注済み。2017年までにA350-900を22機、2018年から2020年にかけてはA350 XWB最大サイズのA350-1000を26機受領する計画です。  エアバスはこれまでにカタール航空(QTR)、ベトナム航空(HVN)、フィンエアー(FIN)、TAM航空(TAM)、シンガポール航空(SIA)にA350 XWBを納入してきました。日本の航空会社では、日本航空(JAL)が2019年から導入を予定しています。" ["post_title"]=> string(56) "キャセイパシフィック航空、A350 XWB初受領" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(152) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a350-xwb%e5%88%9d%e5%8f%97%e9%a0%98" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-08 13:11:19" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-08 04:11:19" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45315" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4546 (24) { ["ID"]=> int(45215) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-04 07:11:58" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-03 22:11:58" ["post_content"]=> string(2590) "[caption id="attachment_45221" align="alignright" width="300"]エアバス エアバス、未来の飛行機を描くコンテスト参加者募集 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] エアバスはこのほど、未来の航空輸送を描く斬新なアイディアを募集するコンテスト「Fly Your Ideas(フライ・ユア・アイディアズ)」の開催を発表しました。  Fly Your Ideasは世界中の大学生を対象としたコンテストで、今回が5回目の開催。2年ごとに開催され、航空産業が抱える現実的な課題に対してエアバスと共に革新技術を探り、未来のキャリアにつながるチームワークやプロジェクトマネジメント、コミュニケーションスキルといった価値あるスキルを学ぶ機会を提供します。  今回のコンテストでは新しく、現在または未来の革新技術で、実際に航空業界が直面する課題に対するソリューションを提示することが求められます。主な課題分野は以下の通り。 ・ビジネスモデル:輸送以外に航空機でできることは何か? ・フライト・オペレーション:運航効率性の向上にビッグデータを活用する方法 ・乗客の快適性:搭乗、降機を容易にし、荷物の搭載容量を増加させる新手順や客室レイアウト ・デザイン・エンジニアリング:航空機の設計と製造をサポートする人工知能 ・製造:廃棄物の削減と持続可能な資源の確保を最適化する方法  コンテストは5月31日に登録を専用サイト「www.airbus-fyi.com」にて開始しました。応募には3人から5人の学生を集めチームで登録します。チームメンバーには国籍や経歴、専攻の異なる学生達を集めることが推奨され、メンバーの誰かが所属する大学から指導者が1人必要です。  ラウンド1と2を通過した後、最終のラウンド3に選出されるのは5チーム。最終ラウンドは2017年5月に開催される予定で、テストやプロトタイプ、視覚的なソリューションが求められ、選考委員の前でプレゼンテーションを行います。  最優秀チームには3万ユーロ、2位のチームには1万5,000ユーロの賞金が贈られます。 " ["post_title"]=> string(94) "賞金3万ユーロ エアバス、未来の飛行機を描くコンテスト参加者募集" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e8%b3%9e%e9%87%913%e4%b8%87%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%80%80%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%81%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%ae%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f%e3%82%92%e6%8f%8f%e3%81%8f%e3%82%b3" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-03 18:54:13" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-03 09:54:13" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45215" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(45177) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-02 08:19:28" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-01 23:19:28" ["post_content"]=> string(2203) "[caption id="attachment_45178" align="alignright" width="300"]エアバスA320neo 欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を同時取得したCFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを搭載したエアバスA320neo 資料提供:Airbus[/caption] エアバスはこのほど、CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを装備するA320neoが欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を同時取得したと発表しました。  飛行テストでは2機のLEAPエンジンを装備したA320neoが合計で350回以上、1,000時間を超える飛行を実施しました。このうち、150飛行時間は同一のテスト機により通常の航空会社の運航と同じ条件下で行われ、就航時の成熟性を確保しています。  今後数ヶ月のうちにA321neo、A319neoでそれぞれのエンジンを搭載した機種の型式証明取得が続く予定です。すべての飛行テストが完了するときにはNEOファミリーのテスト機の合計飛行時間は3,000時間に到達します。  なお、プラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジンを装備するA320neoは2015年11月に型式証明を取得し、2016年1月にその初号機が引き渡されています。  A320neoはプラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジンもしくは、CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを航空会社などの顧客が選択します。100席から240席を装備する、サイズの異なるA319neo、A320neo、A321neoの3種類で構成され、高密度の国内路線から最大4,000海里の長距離路線まで、一つの機種で需要に合わせたサイズの機材を投入することができます。  A320neoは2010年12月に開発着手されて以降、これまでに82社以上の顧客から4,500機以上の受注を獲得。市場でのマーケットシェアは60%を超えています。 " ["post_title"]=> string(82) "CFMエンジン装備のエアバスA320neo、欧米当局から型式証明取得" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "cfm%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3%e8%a3%85%e5%82%99%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9a320neo%e3%80%81%e6%ac%a7%e7%b1%b3%e5%bd%93%e5%b1%80%e3%81%8b%e3%82%89%e5%9e%8b%e5%bc%8f%e8%a8%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-02 08:19:28" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-01 23:19:28" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45177" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(44987) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-24 17:46:20" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-24 08:46:20" ["post_content"]=> string(1915) "[caption id="attachment_44989" align="aligncenter" width="700"]ACJ350 XWB ACJ350 XWBの客室イメージ 資料提供:Airbus[/caption]  エアバスは5月23日、エアバス・コーポレート・ジェットのACJ350 XWBをローンチしたと発表しました。ACJ350 XWBは客室装備を容易にする「Easyfit」(イージーフィット)を導入します。エアバス・コーポレート・ジェット機にACJ350 XWBが加わり、より大きな輸送能力と高い航続距離、快適な乗り心地を持つ製品を提供します。  ACJ350 XWBはA350-900バージョンで270平方メートルの客室スペース。旅客型と同様に幅広い胴体を持ち、25人を乗せて最大20,000キロ/10,800海里、もしくは22時間飛行することが可能で、最も新しく高性能を備えたコーポレート・ジェットです。  ACJ350にはその他のエアバス機と同様、フライ・バイ・ワイヤやコスト削減につながる整備の集中化、軽量化と整備を簡易にする新材料を幅広く使用するなどの特徴があります。  また、ACJ350 XWBは標準で、車のGPSのような機能の空港ナビゲーションシステム(OANS)や、滑走路オーバーラン防止システム(ROPS)を装備します。5月現在、エアバス・コーポレート・ジェットは180機以上が世界中で運航されています。  エアバスは2014年12月から旅客型A350-900の引き渡しを開始。現在開発中の最大サイズであるA350-1000は2017年に商業運航が開始される予定です。A350 XWBは、これまでに40社を超える顧客より合計で約800機の受注を獲得しています。" ["post_title"]=> string(40) "エアバス、ACJ350 XWBをローンチ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(100) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%81acj350-xwb%e3%82%92%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%81" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-24 17:46:20" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-24 08:46:20" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44987" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(44967) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-24 14:02:49" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-24 05:02:49" ["post_content"]=> string(2437) "[caption id="attachment_44968" align="alignright" width="300"]エアバス・アジア・トレーニング・センター シンガポールで正式稼働した「エアバス・アジア・トレーニング・センター」 資料提供:Airbus[/caption] エアバスとシンガポール航空(SIA)が共同で出資するシンガポールの飛行訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、4月にシンガポールで正式稼動しました。  この新たな訓練センターは9,250平方メートルの広さを持ち、トゥールーズやマイアミ、北京に置かれている訓練施設に続き、世界で4番目のエアバス飛行訓練センターとなります。AATCではエアバス機全機種のタイプ・レーティング訓練やリカレント訓練を提供します。  最終的に、合計で8基のフルフライト・シミュレーター(A350 XWBが3基、A380が1基、A330が2基、A320が2基)が設置され、AATCはエアバス最大の訓練施設となります。また、6基のコックピット訓練機器や大規模な教室設備を備え、年間1万人以上の訓練生に訓練コースを提供できるようになります。  AATCは、セレター・エアロスペース・パークに建設された新訓練センターの開業前の2015年4月から、チャンギ空港近くにあるシンガポール航空の訓練センターで一時的に訓練コースを提供していました。今後は段階的にすべての訓練コースが新センターに移行されます。訓練センターの教官は始め、エアバスとシンガポール航空から迎え、さらに新たな雇用も行います。  エアバスはトゥールーズ、マイアミ、北京、シンガポールに飛行訓練センターを置くほか、ハンブルクとバンガロールにエンジニアリングおよびメンテナンス訓練センターを設置しています。また、他会社と契約を結び、そこの施設でエアバスの訓練コースを提供しています  4月現在、アジア太平洋地域の17社の航空会社が、AATCのサービスを利用する契約を結んでいます。" ["post_title"]=> string(105) "全機種の訓練提供 「エアバス・アジア・トレーニング・センター」正式稼働" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e5%85%a8%e6%a9%9f%e7%a8%ae%e3%81%ae%e8%a8%93%e7%b7%b4%e6%8f%90%e4%be%9b%e3%80%80%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-24 13:02:58" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-24 04:02:58" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44967" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

航空機リース会社AWAS、A320ファミリーを15機発注

AWAS,A320

 航空機リース会社のAWASは現地時間6月23日、エアバスにA320ファミリーを15機発注したと発表しました。  発注の内訳はA320ceo(現行機)が12機、A321ceoが3機。今回の発注を合わせたAWASのA320 …more»

エアバス,A350 XWB

エアバスA350試験機、中国で初のデモ飛行 6月25日から

 エアバスはこのほど、A350 XWBで中国への初のデモ飛行を実施すると発表しました。  使用する機体は試験機のうち、客室を装備した機体番号「F-WWCF」/製造番号「MSN2」のA350-900。同機にはカーボンの塗装 …more»

シンガポール航空,A350-900

シンガポール航空、A350-900で最長フライト路線開設へ

 シンガポール航空(SIA)は、シンガポール-サンフランシスコ線の直行定期便、また米国への運航拡大によるシンガポール-ロサンゼルス線定期便の増便を発表しました。シンガポール-サンフランシスコ線はエアバスA350-900を …more»

エアバス,ミネベア

エアバス、ミネベアとビジネス拡大

 エアバスはこのほど、ミネベアとエアバス全機種にベアリングおよびブッシングを供給する契約を更新したと発表しました。契約はエアバスとミネベアの子会社であるNMB-Minebea-GmbHとの間で締結されました。  ミネベア …more»

ルフトハンザドイツ航空

ルフトハンザドイツ航空、ケープタウン線を12月再開

 ルフトハンザドイツ航空(DLH)は今冬に、フランクフルトと南アフリカ共和国のケープタウンを結ぶ定期便を再開すると発表しました。2016年12月2日から毎週水、金、日曜運航の週3便でノンストップ運航します。再開によりルフ …more»

キャセイパシフィック航空,A350 XWB

キャセイパシフィック航空、A350 XWB初受領

 キャセイパシフィック航空(CPA)は同社初となるエアバスA350 XWB初号機を受領したと発表しました。香港国際空港に5月29日に到着し、翌日には同空港併設の香港エアクラフト・エンジニアリング社(HAECO)の機体整備 …more»

エアバス

賞金3万ユーロ エアバス、未来の飛行機を描くコンテスト参加者募集

 エアバスはこのほど、未来の航空輸送を描く斬新なアイディアを募集するコンテスト「Fly Your Ideas(フライ・ユア・アイディアズ)」の開催を発表しました。  Fly Your Ideasは世界中の大学生を対象とし …more»

エアバスA320neo

CFMエンジン装備のエアバスA320neo、欧米当局から型式証明取得

 エアバスはこのほど、CFMインターナショナル社製LEAP-1Aエンジンを装備するA320neoが欧州航空安全庁(EASA)と米連邦航空局(FAA)より型式証明を同時取得したと発表しました。  飛行テストでは2機のLEA …more»

ACJ350 XWB

エアバス、ACJ350 XWBをローンチ

 エアバスは5月23日、エアバス・コーポレート・ジェットのACJ350 XWBをローンチしたと発表しました。ACJ350 XWBは客室装備を容易にする「Easyfit」(イージーフィット)を導入します。エアバス・コーポレ …more»

エアバス・アジア・トレーニング・センター

全機種の訓練提供 「エアバス・アジア・トレーニング・センター」正式稼働

 エアバスとシンガポール航空(SIA)が共同で出資するシンガポールの飛行訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、4月にシンガポールで正式稼動しました。  この新たな訓練センターは9,250平方 …more»