» シンガポール航空(SIA/SQ)

航空機 : シンガポール航空(SIA/SQ)

航空機メーカーや機材/機種、特別塗装機に関するページです。

航空機トピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4483 (24) { ["ID"]=> int(45498) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-06-18 10:49:43" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-06-18 01:49:43" ["post_content"]=> string(2285) "[caption id="attachment_45499" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A350-900 シンガポール航空がシンガポール-サンフランシスコ線に投入するエアバスA350-900 資料提供:Airbus[/caption] シンガポール航空(SIA)は、シンガポール-サンフランシスコ線の直行定期便、また米国への運航拡大によるシンガポール-ロサンゼルス線定期便の増便を発表しました。シンガポール-サンフランシスコ線はエアバスA350-900を投入し、2016年10月23日からデイリー運航を実施します。  現在シンガポール航空は、香港、またはソウル(仁川)を経由するサンフランシスコ便をそれぞれ毎日運航しています。今回のシンガポール-サンフランシスコ線の直行便開始により、シンガポール-ソウル(仁川)-サンフランシスコ線は、10月23日よりシンガポール-ソウル(仁川)-ロサンゼルス線に経路変更します。  これにより、シンガポール-ロサンゼルス線定期便は成田を経由する便とあわせて1日2便となります。成田経由のシンガポール-ロサンゼルス線は、ファーストクラス4席、ビジネスクラス48席、新プレミアムエコノミークラス28席、エコノミークラス184席の4クラスを配置するボーイング777-300ERを投入しています。  10月23日に開設するシンガポール-サンフランシスコ線の飛行距離は約13,600キロ。フライト時間は飛行方向と季節により変動し、14時間35分~17時間45分。これは、現時点でシンガポール航空における最長フライトです。  2018年以降はさらに新しいA350-900の超長距離型であるA350-900ULRの導入により、シンガポール-ロサンゼルス線、約1万6,110キロの飛行距離があるシンガポール-ニューヨーク線も飛行可能になります。シンガポール航空はA350-900ULRのローンチカスタマーです。" ["post_title"]=> string(71) "シンガポール航空、A350-900で最長フライト路線開設へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(197) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a350-900%e3%81%a7%e6%9c%80%e9%95%b7%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e8%b7%af%e7%b7%9a%e9%96%8b%e8%a8%ad%e3%81%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-06-18 10:49:43" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-06-18 01:49:43" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45498" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4482 (24) { ["ID"]=> int(44967) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-24 14:02:49" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-24 05:02:49" ["post_content"]=> string(2437) "[caption id="attachment_44968" align="alignright" width="300"]エアバス・アジア・トレーニング・センター シンガポールで正式稼働した「エアバス・アジア・トレーニング・センター」 資料提供:Airbus[/caption] エアバスとシンガポール航空(SIA)が共同で出資するシンガポールの飛行訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、4月にシンガポールで正式稼動しました。  この新たな訓練センターは9,250平方メートルの広さを持ち、トゥールーズやマイアミ、北京に置かれている訓練施設に続き、世界で4番目のエアバス飛行訓練センターとなります。AATCではエアバス機全機種のタイプ・レーティング訓練やリカレント訓練を提供します。  最終的に、合計で8基のフルフライト・シミュレーター(A350 XWBが3基、A380が1基、A330が2基、A320が2基)が設置され、AATCはエアバス最大の訓練施設となります。また、6基のコックピット訓練機器や大規模な教室設備を備え、年間1万人以上の訓練生に訓練コースを提供できるようになります。  AATCは、セレター・エアロスペース・パークに建設された新訓練センターの開業前の2015年4月から、チャンギ空港近くにあるシンガポール航空の訓練センターで一時的に訓練コースを提供していました。今後は段階的にすべての訓練コースが新センターに移行されます。訓練センターの教官は始め、エアバスとシンガポール航空から迎え、さらに新たな雇用も行います。  エアバスはトゥールーズ、マイアミ、北京、シンガポールに飛行訓練センターを置くほか、ハンブルクとバンガロールにエンジニアリングおよびメンテナンス訓練センターを設置しています。また、他会社と契約を結び、そこの施設でエアバスの訓練コースを提供しています  4月現在、アジア太平洋地域の17社の航空会社が、AATCのサービスを利用する契約を結んでいます。" ["post_title"]=> string(105) "全機種の訓練提供 「エアバス・アジア・トレーニング・センター」正式稼働" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e5%85%a8%e6%a9%9f%e7%a8%ae%e3%81%ae%e8%a8%93%e7%b7%b4%e6%8f%90%e4%be%9b%e3%80%80%e3%80%8c%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-24 13:02:58" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-24 04:02:58" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44967" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4481 (24) { ["ID"]=> int(43933) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-09 12:54:24" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-09 03:54:24" ["post_content"]=> string(2506) "[caption id="attachment_43934" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A350-900 シンガポール航空のエアバスA350-900 資料提供:Airbus[/caption] シンガポール航空(SIA)は機内エンターテインメント(IFE)をより快適に過ごせる新しいモバイルアプリを導入したと発表しました。  このコンパニオン・アプリは、MTT社とパナソニック・アビオニクス・コーポレーションがシンガポール航空のために共同開発したもの。  乗客は搭乗前に利用予定便の機内で楽しめる動画や音楽コンテンツを自分自身のデバイスで確認したり、機内で楽しみたいコンテンツのお気に入りリストを作成したり出来るほか、機内エンターテインメントシステムをコントロールしたりすることも可能になります。  現在はiOSまたはアンドロイドを搭載したタブレットで利用可能ですが、シンガポール航空によると7月以降はスマートフォンでも利用できるようになる予定です。アプリは現在、英語版のみです。  利用はタブレット用アプリ「SingaporeAir」をインストールしておく必要があります。搭乗後、そのデバイスと機内エンターテインメントシステムを機内ワイファイで接続します。機内エンターテインメントシステム「クリスワールド」に接続すると、作成済みのお気に入りリストから、または「クリスワールド」の全コンテンツから、映画やテレビ番組、音楽をシートモニターで楽しむことができます。  また、このアプリと機内エンターテインメントシステムをつなぐことで、デバイスをリモコンとして使用でき、コンテンツの一時停止や再生、早送りなども可能です。このサービスをパナソニックの機内エンターテインメントシステムを利用して提供するのはシンガポール航空が世界で初めて。  現在、シンガポール航空はエアバスのA350 XWBに導入しており、今後はA350-900のほか、ボーイング777-300ERや他の機材でも、順次利用範囲を拡大していく予定です。" ["post_title"]=> string(68) "世界初 シンガポール航空、A350 XWBに新アプリ導入" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(188) "%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%9d%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a350-xwb%e3%81%ab%e6%96%b0%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e5%b0%8e%e5%85%a5" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-09 19:13:11" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-09 10:13:11" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43933" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4480 (24) { ["ID"]=> int(43839) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-05 21:01:17" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-05 12:01:17" ["post_content"]=> string(2214) "[caption id="attachment_43840" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A350-900 シンガポール航空エアバスA350-900初号機到着時の歓迎放水式の様子 資料提供:シンガポール航空[/caption] シンガポール航空(SIA)はエアバスA350-900初号機(機体番号:9V-SMA)をフランス・トゥールーズにあるエアバス社のデリバリーセンターで3月2日に受領し、同機は翌日にウォーターアーチで歓迎され、シンガポールに到着しました。  第1号機の到着にあわせて式典も行われ、シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEOは「A350は当社の輸送量拡大等で重要な鍵を握る機材。A350第1号機の受領は、常に最新鋭の機材を保有するという当社の長年のコミットメントの表れであると言える」と述べました。  シンガポール航空は今回受領したA350-900の本格的な商業運航を5月9日から開始予定です。初の投入路線はシンガポール-アムステルダム線。同機材は往路便SQ324、復路便SQ323として、シンガポール-アムステルダム間で毎日運航します。  アムステルダムへの初長距離路線運航の開始を前に、シンガポール航空では乗務員のトレーニングを目的として一時的にクアラルンプールやジャカルタなどアジア圏内での商業運航も予定しています。また7月には、シンガポール航空にとって新規就航都市であるデュッセルドルフ線でもA350-900の投入する計画です。その他のA350の就航地については、今年中に発表を予定しています。  シンガポール航空はA350-900を67機確定発注しており、そのうち7機はシンガポールと米国の都市を結ぶ直行便として使用される19時間飛行可能な超長距離型、A350-900ULR(Ultra-Long Range=ウルトラロングレンジ)を2018年から導入します。" ["post_title"]=> string(81) "シンガポール航空のA350初号機、5月9日に初の長距離路線投入" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(195) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%81%aea350%e5%88%9d%e5%8f%b7%e6%a9%9f%e3%80%815%e6%9c%889%e6%97%a5%e3%81%ab%e5%88%9d%e3%81%ae%e9%95%b7%e8%b7%9d%e9%9b%a2" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-05 13:11:33" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-05 04:11:33" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43839" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4479 (24) { ["ID"]=> int(43819) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-03 18:02:46" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-03 09:02:46" ["post_content"]=> string(2137) "[caption id="attachment_43821" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A350 XWB シンガポール航空向けエアバスA350 XWB初号機 資料提供:Airbus[/caption] エアバスは現地時間3月2日、シンガポール航空(SIA)にA350 XWB初号機を引き渡したと発表しました。これにより、シンガポール航空は世界で5番目のA350 XWB運航会社となります。  シンガポール航空が受領したのは機体番号「9V-SMA」のA350-900。機内はビジネス・クラス42席、プレミアム・エコノミー24機、エコノミー・クラス187席の3クラスを備える253席仕様。  当初はシンガポール・チャンギ国際空港発着でクアラルンプールおよびジャカルタへの地域路線に投入し、その後、5月から長距離路線のアムステルダムとデュッセルドルフ線に導入する予定です。  シンガポール航空はエアバスに合計67機のA350-900を発注しています。そのうち7機が、最大19時間飛行可能な超長距離型のA350-900ULR(Ultra-Long Range:ウルトラロングレンジ)」として2018年以降に引き渡される予定で、アメリカへのノンストップ飛行が可能になります。  シンガポール航空は3月現在でA380を19機、A330-300を29機導入しており、A350 XWBが加わることでエアバスのワイドボディ機を全機種揃えることになります。  A350 XWBはこれまでに日本航空(JAL)など世界中の42社から合計783機の受注を獲得しています。 [caption id="attachment_43820" align="aligncenter" width="700"]シンガポール航空,A350 XWB シンガポール航空向けエアバスA350 XWB初号機 資料提供:Airbus[/caption]" ["post_title"]=> string(89) "シンガポール航空、A350 XWB初号機受領 ワイドボディ全機種揃える" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(197) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a350-xwb%e5%88%9d%e5%8f%b7%e6%a9%9f%e5%8f%97%e9%a0%98%e3%80%80%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-03 16:46:31" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-03 07:46:31" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43819" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4478 (24) { ["ID"]=> int(42927) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-21 16:44:51" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-21 07:44:51" ["post_content"]=> string(1611) "[caption id="attachment_42928" align="alignright" width="300"]シンガポール航空 シンガポール航空の公式YouTubeチャンネルより[/caption] シンガポール航空(SIA)は、アメリカ人ペーパークラフトアーティストのLuca Iaconi-Stewart氏とコラボレーションし、シンガポール航空が世界で初めて導入したエアバスA380をペーパーアートで再現しました。  この作品は実機の20分の1の大きさで完全再現。外観だけでなく、キャビン内のスイート、ファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、エコノミークラスの各座席タイプも精巧に表現しています。パーツは約3,000個にもおよび、のべ1,000時間以上も費やして完成しました。  「お客様に最高の体験を提供したい」という思いが伝わるような仕上がりで、高い評価を得ているキャビンもその動作に至るまでを忠実に紙で再現しています。  紙仕様A380のオリジナル動画の再生回数は、2015年12月2日にシンガポール航空の公式YouTubeで公開されて以来100万回を突破し、高い注目を集めています。1月現在、ソーシャルメディア上での閲覧数は合計で3,000万回を超えたという。  本動画は日本語版も1月5日からYouTubeで公開されています。" ["post_title"]=> string(43) "シンガポール航空、紙でA380再現" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(121) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e7%b4%99%e3%81%a7a380%e5%86%8d%e7%8f%be" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-21 16:44:51" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-21 07:44:51" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42927" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4477 (24) { ["ID"]=> int(42170) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-12-14 06:11:24" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-12-13 21:11:24" ["post_content"]=> string(1975) "[caption id="attachment_42172" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A380 シンガポール航空のエアバスA380 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年11月[/caption] シンガポール政府観光局(STB)、シンガポール航空(SIA)、チャンギ空港グループ(CAG)は2016年に、シンガポール・日本外交関係樹立50周年を迎えることを記念し、共同で「Wでお得なキャンペーン」を日本で実施すると発表しました。  この共同キャンペーンは、シンガポール航空公式ホームページで対象購入期間中に、日本-シンガポール間(最終目的地は何れも可、日本-米国間は対象外)の航空券を購入し、対象旅行期間に旅行すると、日本-シンガポール間のクリスフライヤーマイルの積算が通常の2倍(シンガポール以遠の区間は2倍積算の対象外)になるほか、抽選で合計90名にチャンギ空港で使える500ドル(43,000円相当)の商品券が当たります。  さらに、「#シンガポールダブルマイル」のハッシュタグを入れてツイートすると、抽選で10名にシンガポール航空のエアバスA380モデルプレーン(1/400スケール)が当たります。  キャンペーンのチケット対象購入期間は2015年12月12日から2016年2月12日まで。対象旅行期間は2016年1月1日から4月30日まで。  2016年はシンガポールと日本が外交関係樹立から50年目を迎える節目の年。今後もシンガポール政府観光局、シンガポール航空、チャンギ空港グループは、両国間の交流を更に盛り上げていく様々なキャンペーンを展開していく考えです。" ["post_title"]=> string(102) "シンガポール航空、A380モデルプレーンもプレゼント 外交関係樹立50周年で" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a380%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-12-14 16:00:10" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-12-14 07:00:10" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42170" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(41143) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-10-25 17:25:18" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-10-25 08:25:18" ["post_content"]=> string(2129) "[caption id="attachment_41145" align="aligncenter" width="700"]シンガポール航空,A350-900ULR シンガポール航空向けエアバスA350-900ULRイメージ 資料提供:Airbus[/caption]  エアバスはこほど、新しくローンチしたA350-900の超長距離型、A350-900ULR(Ultra-Long Range=ウルトラロング・レンジ)をシンガポール航空が選定したと発表しました。シンガポール航空が発注している63機のA350-900のうち7機が、最大19時間飛行可能な超長距離型として引き渡される予定です。シンガポール航空はA350-900を4機追加発注し、合計発注数を67機に増加させています。 [caption id="attachment_41144" align="alignright" width="300"]エアバス,A350-900ULR エアバス、超長距離型A350-900ULRをローンチ © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] 米国へのノンストップ飛行用に最適化されたA350-900ULRは、燃料システムに変更を加え燃料搭載容量を増加させます。さらに、最大離陸重量を増加させ、空力性能を向上させることによって米国西海岸やニューヨークへの飛行を可能にします。  シンガポールからニューヨークへの路線は距離にして約16,110キロあり、世界最長の旅客サービス路線となります。飛行時間は最大19時間となる見込みです。A350 XWBは顧客の要望に応じて超長距離型A350-900ULRを標準型A350-900に変更させることができます。  A350 XWBはこれまでに世界中の41社から合計783機の受注を獲得しており、シンガポール航空はA350 XWBにおける東アジア最大の顧客。長距離型A350-900ULRは2018年から引き渡しが開始されます。" ["post_title"]=> string(70) "19時間飛行可能なA350-900ULR、シンガポール航空が選定" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(184) "19%e6%99%82%e9%96%93%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e5%8f%af%e8%83%bd%e3%81%aaa350-900ulr%e3%80%81%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%81%8c%e9%81%b8%e5%ae%9a" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-10-23 16:19:56" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-10-23 07:19:56" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=41143" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(40960) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-10-15 17:36:22" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-10-15 08:36:22" ["post_content"]=> string(1150) "[caption id="attachment_40962" align="aligncenter" width="700"]エアバスA350-900,シンガポール航空 ロールアウトしたシンガポール航空のエアバスA350-900初号機 資料提供:Airbus[/caption]  エアバスは10月14日、シンガポール航空(SIA)のA350-900初号機が塗装を終えてロールアウトしたと発表しました。  今後はエンジンの取り付けや客室装備などの作業を行った後、地上テストおよび飛行テストに入ります。シンガポール航空のA350-900初号機は2016年第1四半期に引き渡される予定です。  最新鋭機A350 XWBは最新の空力設計を採用し、胴体と主翼に炭素繊維複合材を使用。エンジンは優れた燃費効率を提供する最新のロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを装備します。エアバスのA350 XWBはこれまでに世界中の41社から合計783機の受注を獲得しています。" ["post_title"]=> string(65) "シンガポール航空のA350-900初号機、ロールアウト" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(179) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%81%aea350-900%e5%88%9d%e5%8f%b7%e6%a9%9f%e3%80%81%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%83%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-10-15 17:36:22" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-10-15 08:36:22" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=40960" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4679 (24) { ["ID"]=> int(40504) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-09-21 07:25:31" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-09-20 22:25:31" ["post_content"]=> string(1602) "[caption id="attachment_40505" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,777-300ER 新千歳に投入されるボーイング777-200ER型機 資料提供:シンガポール航空[/caption] シンガポール航空(SIA)は今年度も冬期限定で新千歳-シンガポール線の季節定期便を運航すると発表しました。  新千歳発シンガポール行きS6Q61便は新千歳を9時30分に出発し、シンガポールには17時20分到着。シンガポール発新千歳行きSQ660便はシンガポールを23時30分に出発し、新千歳には翌日8時に到着する運航スケジュールです。  対象期間は2015年11月30日(シンガポール発)から2016年1月9日(新千歳発)まで。期間中は新千歳からシンガポールへ計17便の運航を予定しています。 運航対象日はシンガポール行きSQ661便が12月1、5、8、11、12、15、19、20、22、25、26、27、29日、1月2、5、9、3日。新千歳行きSQ660便は11月30日、12月4、7、10、11、14、18、19、21、24、25、26、28日、1月1、4、8日。  機材はビジネスクラス30席、エコノミークラス255席を備えるボーイング777-200ERを投入。前回の新千歳線季節便はエアバスA330-300型機で使用していました。航空券はシンガポール航空公式ホームページ、旅行会社で購入できます。" ["post_title"]=> string(80) "シンガポール航空、今年も新千歳に就航 冬限定で12月から" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e4%bb%8a%e5%b9%b4%e3%82%82%e6%96%b0%e5%8d%83%e6%ad%b3%e3%81%ab%e5%b0%b1%e8%88%aa%e3%80%80%e5%86%ac%e9%99%90%e5%ae%9a" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-09-19 12:55:48" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-09-19 03:55:48" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=40504" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

シンガポール航空、A350-900で最長フライト路線開設へ

シンガポール航空,A350-900

 シンガポール航空(SIA)は、シンガポール-サンフランシスコ線の直行定期便、また米国への運航拡大によるシンガポール-ロサンゼルス線定期便の増便を発表しました。シンガポール-サンフランシスコ線はエアバスA350-900を …more»

エアバス・アジア・トレーニング・センター

全機種の訓練提供 「エアバス・アジア・トレーニング・センター」正式稼働

 エアバスとシンガポール航空(SIA)が共同で出資するシンガポールの飛行訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、4月にシンガポールで正式稼動しました。  この新たな訓練センターは9,250平方 …more»

シンガポール航空,A350-900

世界初 シンガポール航空、A350 XWBに新アプリ導入

 シンガポール航空(SIA)は機内エンターテインメント(IFE)をより快適に過ごせる新しいモバイルアプリを導入したと発表しました。  このコンパニオン・アプリは、MTT社とパナソニック・アビオニクス・コーポレーションがシ …more»

シンガポール航空,A350-900

シンガポール航空のA350初号機、5月9日に初の長距離路線投入

 シンガポール航空(SIA)はエアバスA350-900初号機(機体番号:9V-SMA)をフランス・トゥールーズにあるエアバス社のデリバリーセンターで3月2日に受領し、同機は翌日にウォーターアーチで歓迎され、シンガポールに …more»

シンガポール航空,A350 XWB

シンガポール航空、A350 XWB初号機受領 ワイドボディ全機種揃える

 エアバスは現地時間3月2日、シンガポール航空(SIA)にA350 XWB初号機を引き渡したと発表しました。これにより、シンガポール航空は世界で5番目のA350 XWB運航会社となります。  シンガポール航空が受領したの …more»

シンガポール航空

シンガポール航空、紙でA380再現

 シンガポール航空(SIA)は、アメリカ人ペーパークラフトアーティストのLuca Iaconi-Stewart氏とコラボレーションし、シンガポール航空が世界で初めて導入したエアバスA380をペーパーアートで再現しました。 …more»

シンガポール航空,A380

シンガポール航空、A380モデルプレーンもプレゼント 外交関係樹立50周年で

 シンガポール政府観光局(STB)、シンガポール航空(SIA)、チャンギ空港グループ(CAG)は2016年に、シンガポール・日本外交関係樹立50周年を迎えることを記念し、共同で「Wでお得なキャンペーン」を日本で実施すると …more»

エアバス,A350-900ULR

19時間飛行可能なA350-900ULR、シンガポール航空が選定

 エアバスはこほど、新しくローンチしたA350-900の超長距離型、A350-900ULR(Ultra-Long Range=ウルトラロング・レンジ)をシンガポール航空が選定したと発表しました。シンガポール航空が発注して …more»

エアバスA350-900,シンガポール航空

シンガポール航空のA350-900初号機、ロールアウト

 エアバスは10月14日、シンガポール航空(SIA)のA350-900初号機が塗装を終えてロールアウトしたと発表しました。  今後はエンジンの取り付けや客室装備などの作業を行った後、地上テストおよび飛行テストに入ります。 …more»

シンガポール航空,777-300ER

シンガポール航空、今年も新千歳に就航 冬限定で12月から

 シンガポール航空(SIA)は今年度も冬期限定で新千歳-シンガポール線の季節定期便を運航すると発表しました。  新千歳発シンガポール行きS6Q61便は新千歳を9時30分に出発し、シンガポールには17時20分到着。シンガポ …more»

シンガポール航空(SIA/SQ)アクセスランキング

マイレージサービス


Warning: imagejpeg(/home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-content/uploads/wordpress-popular-posts/14534-featured-120x80.jpg): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-includes/class-wp-image-editor.php on line 425

まだデータがありません。

航空機


Warning: imagejpeg(/home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-content/uploads/wordpress-popular-posts/23114-featured-120x80.jpg): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-includes/class-wp-image-editor.php on line 425

まだデータがありません。