ノックエア(NOK/DD)

タイ国際航空等が出資して設立されたドンムアン空港を拠点とするLCC(格安航空会社)、ノックエア(Nok Air)に関するページです。

さらにノックエア(NOK/DD)の記事をカテゴリ毎に絞り込み

ノックエア(NOK/DD)

バニラ・エア,バリューアライアンス
公式WEBサイトNok Air(ノックエア)
航空会社コードNOK/DD
コールサインNOK AIR
エリアアジア
facebookノックエア(NOK/DD)公式facebookページ

ノックエア(NOK/DD)トピックス一覧

array(3) { [0]=> object(WP_Post)#4477 (24) { ["ID"]=> int(44858) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-16 11:10:48" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-16 02:10:48" ["post_content"]=> string(2194) "[caption id="attachment_44863" align="alignright" width="300"]バニラ・エア,バリューアライアンス アジア太平洋地域におけるバニラ・エアなど大手LCC8社、世界最大のLCCアライアンス「バリューアライアンス」を設立と発表 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年12月[/caption] アジア太平洋地域の大手LCC(格安航空会社)8社は5月16日、世界最大のLCCアライアンスとなる「バリューアライアンス」を設立したと発表しました。  アジア太平洋地域における多国間LCCのアライアンス誕生は世界初で、加盟航空会社はバニラ・エア(VNL)、セブパシフィック航空(CEB)、チェジュ航空(JJA)、ノックエア(NOK)、ノックスクート(NCT)、タイガーエア(TGW)、スクート(SCO)、タイガーエア・オーストラリア(TGW)、計8社。バリューアライアンス加盟LCCの路線ネットワークを活かし、東南アジア、北東アジア、オーストラリア間での乗り継ぎ旅程におけるルート、利用便、運賃を分かりやすく利用者に提案します。  バリューアライアンスのシステムは、エア・ブラック・ボックス社(ABB社)が開発した先進技術を導入しています。利用者は、いずれかの加盟航空会社のウェブサイトを経由して専用のウェブサイトにて出発地、最終目的地を指定するだけで、乗り継ぎルート、利用便、最適な運賃を選択し、ワンストップで予約・決済できるようになります。  バリューアライアンス加盟航空会社が就航する地点はアジア太平洋地域160以上。世界の3分の1のエリアをカバーします。2015年には17箇所の拠点から4600万人以上が利用しています。  バリューアライアンスの公式サイト(http://www.valuealliance.com/)は5月16日18時に公開されます。" ["post_title"]=> string(72) "世界最大のLCCアライアンス誕生 バニラ・エアも加盟" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(192) "%e4%b8%96%e7%95%8c%e5%88%9d%e3%81%aelcc%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b9%e8%aa%95%e7%94%9f%e3%80%80%e3%83%90%e3%83%8b%e3%83%a9%e3%83%bb%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%82%e5%8a%a0" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-19 16:41:20" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-19 07:41:20" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44858" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(26779) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2014-08-20 10:59:52" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2014-08-20 01:59:52" ["post_content"]=> string(1801) " 全日空(ANA)を傘下におさめるANAホールディングス(ANA HD)はこのほど、自社の投資管理子会社「Strategic Partner Investment Pte, Ltd(SPI社)」を通じて、タイ・バンコクに操縦士訓練会社を設立すると発表しました。  操縦士訓練会社の社名は「Pan Am International Flight Training Center (パンナム インターナショナル フライトトレーニングセンター)」。13年7月に買収した米国Pan Am(パンナム)社のノウハウを活用し、今般のアジア地域における旺盛な操縦士訓練需要を取り込む考えです。 [caption id="attachment_26790" align="alignright" width="300"]ボーイング737,フライトシミュレーター ボーイング737型機のフライトシミュレーター=13年8月 Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner[/caption] パイロット訓練会社はボーイング737-800型機16機で1日約136便を運航するタイ国際航空(THA)系列のノックエア(NOK)と、航空学科をもつタイのAssumption University(アサンプション大学)とのジョイントベンチャー(JV)形式で立ち上げ、9月中旬からの事業開始を目指します。出資比率はANAグループ75%、ノックエア15%、アサンプション大学が10%。所在地はアサンプション大学のキャンパス内。  当初はエアバスA320型機のシミュレーター1台から事業をスタートし、2015年にはA320型機2台、B737NG型機2台、計4台のシミュレーターによる事業展開を計画しています。" ["post_title"]=> string(78) "ANA、タイに操縦士訓練会社設立 パンナムのノウハウ活用" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(192) "ana%e3%80%81%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%81%ab%e6%93%8d%e7%b8%a6%e5%a3%ab%e8%a8%93%e7%b7%b4%e4%bc%9a%e7%a4%be%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%8a%e3%83%a0%e3%81%ae%e3%83%8e%e3%82%a6" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2014-08-20 13:25:14" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2014-08-20 04:25:14" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=26779" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4491 (24) { ["ID"]=> int(24411) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2014-07-14 16:32:37" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2014-07-14 07:32:37" ["post_content"]=> string(906) "[caption id="attachment_24414" align="aligncenter" width="700"]ノックエア,特別塗装機,ボーイング737-800 ボーイングが引き渡したノックエアの10周年記念特別塗装機 資料提供:Boeing[/caption]  ボーイングはノックエア(NOK)に特別塗装機の737-800を引き渡したと発表しました。  これはノックエアの就航10周年を記念した特別塗装機で、機体番号は「HS-DBQ」。アイルランドの航空機リース会社Avolonによるリース機です。  ノックエアはタイ国際航空(THA)などが出資したタイのLCC(格安航空会社)。バンコクのドンムアン空港を拠点とし、主に国内線に展開しています。" ["post_title"]=> string(73) "ボーイング、ノックエアに特別塗装機737-800を引き渡し" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(196) "%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e3%83%8e%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%81%ab%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%a1%97%e8%a3%85%e6%a9%9f737-800%e3%82%92%e5%bc%95%e3%81%8d%e6%b8%a1" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2014-07-14 16:32:37" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2014-07-14 07:32:37" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=24411" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

世界最大のLCCアライアンス誕生 バニラ・エアも加盟

バニラ・エア,バリューアライアンス

 アジア太平洋地域の大手LCC(格安航空会社)8社は5月16日、世界最大のLCCアライアンスとなる「バリューアライアンス」を設立したと発表しました。  アジア太平洋地域における多国間LCCのアライアンス誕生は世界初で、加 …more»

ボーイング737,フライトシミュレーター

ANA、タイに操縦士訓練会社設立 パンナムのノウハウ活用

 全日空(ANA)を傘下におさめるANAホールディングス(ANA HD)はこのほど、自社の投資管理子会社「Strategic Partner Investment Pte, Ltd(SPI社)」を通じて、タイ・バンコクに …more»

ノックエア,特別塗装機,ボーイング737-800

ボーイング、ノックエアに特別塗装機737-800を引き渡し

 ボーイングはノックエア(NOK)に特別塗装機の737-800を引き渡したと発表しました。  これはノックエアの就航10周年を記念した特別塗装機で、機体番号は「HS-DBQ」。アイルランドの航空機リース会社Avolonに …more»