» ガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)

新着ニュース : ガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)

Flight Liner(フライトライナー)がお届けする配信ニュースページです。

新着ニューストピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4550 (24) { ["ID"]=> int(44672) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-09 05:01:04" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-08 20:01:04" ["post_content"]=> string(1337) "[caption id="attachment_44673" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空,A330-900neo ガルーダ・インドネシア航空向けのエアバスA330-900neoイメージ 資料提供:Airbus[/caption] ガルーダ・インドネシア航空(GIA)はこのほど、エアバスにA330-900neoを14機発注したと発表しました。長距離路線の拡充のため導入するもので、エアバスは最先端技術を搭載するA330neoによってより効率的な運航が可能になると説明しています。  今回の発注は、ガルーダ・インドネシア航空が発注している既存の7機のA330-300をA330neoに切り替え、さらに発注数を増加させました。同社のA330neoは2019年から引き渡しが開始される予定です。  A330-800neoとA330-900neoはエアバスのワイドボディ機ファミリーの新型派生機。初号機の引き渡しは2017年第4四半期(10月-12月)の予定です。エンジンはロールス・ロイス社製新型エンジンのトレント7000エンジンを装備し、空力性能が強化され、客室装備も改良されます。 " ["post_title"]=> string(79) "ガルーダ・インドネシア航空、エアバスA330-900neoを14機発注" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9a330-900neo%e3%82%9214%e6%a9%9f" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-07 15:26:23" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-07 06:26:23" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44672" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4549 (24) { ["ID"]=> int(43656) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-25 12:50:39" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-25 03:50:39" ["post_content"]=> string(2000) "[caption id="attachment_43659" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空 エアライン・スター・ランキング「5スター」受賞の様子 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空[/caption] ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は、2月17日に行われたシンガポール・エアショー2016で、イギリス・ロンドンに拠点を置く航空産業コンサルティング・格付け会社「スカイトラックス」のエアライン・スター・ランキング最高評価である「5スター」を獲得したと発表しました。ガルーダ・インドネシア航空の5スター獲得は2015年に続き、2年連続。  ガルーダ・インドネシア航空の社長兼最高経営責任者、M.アリフ・ウィボウォ氏は5スター獲得について、「今回の認定は弊社にとって2016年初頭の重要な出来事。社員一人ひとりにとって、全てのお客様へ、より最高のサービスを提供していくための大きな励みとなる」とコメントしています。  スカイトラックスのエアライン・スター・ランキングは、「1スター」から「5スター」の星の数で格付けし、空港から機内サービスの800を超えるカテゴリーにおいて、利用者が「5つ星レベル」のサービスと体感できる航空会社にのみ「5スター」が与えられます。  日本の航空会社では唯一、全日本空輸(ANA)が5スターに認定されており、2015年はアシアナ航空(AAR)、キャセイパシフィック航空(CPA)、ガルーダ・インドネシア航空(GIA)、海南航空(CHH)、カタール航空(QTR)、シンガポール航空(SIA)が5スターを獲得しています。" ["post_title"]=> string(89) "ガルーダ・インドネシア航空、最高評価「5スター」を2年連続獲得" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e6%9c%80%e9%ab%98%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%80%8c5%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-25 12:50:39" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-25 03:50:39" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43656" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4548 (24) { ["ID"]=> int(43286) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-07 12:03:50" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-07 03:03:50" ["post_content"]=> string(2934) "[caption id="attachment_43287" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空,スーパーダイヤモンドシート A330-300型機 ビジネスクラス新シート「スーパーダイヤモンドシート」イメージ 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空[/caption] ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は「スーパーダイヤモンドシート」を採用した新機材エアバスA330-300初号機(機体記号:PK-GPZ)と、10機目のボーイング777-300ER型機(機体記号:PK-GIK)を受領したと発表しました。777-300ERは、2013年にガルーダ・インドネシア航空が発注した10機の777-300ERのうちの最終受領分となります。  A330-300に新たに採用されたスーパーダイヤモンドシートはガルーダ・インドネシア航空の新たなビジネスクラスシートで、全席が直接通路にアクセスできる1-2-1配列。幅約61センチ、全長約208センチのフルフラットシートです。  座席には16インチのタッチパネル式モニター(Panasonic Ex3)の搭載と最新タッチパネル式コントローラー(ハンドセット/リモート)による高い操作性のAVOD(オーディオ ビジュアル オンデマンド)システムを搭載。USB2ポートと電源コンセント、調節可能なアームレストとヘッドレスト、読書灯(リーディングライト)も備え、快適性とプライバシーに配慮しています。  今回受領したA330-300の機内は(スーパーダイヤモンドシート24席、エコノミークラス263席を備える総座席数287席。777-300ERの機内はビジネスクラス26席、エコノミークラス367席を備える総座席数393席です。  ガルーダ・インドネシア航空のM.アリフ・ウィボウォ社長兼最高経営責任者は「これらの新機材導入は、快適な空の旅を提供するためのガルーダ・インドネシア航空の継続的な路線拡大と保有機材の刷新プログラムに基づくもの。『スーパーダイヤモンドシート』を採用したビジネスクラスでは、弊社のサービスコンセプトである“ガルーダ・インドネシア・エクスペリエンス”に基づく、さらなる快適な空の旅をお楽しみいただけると思う」とコメントしています。  ガルーダ・インドネシア航空は2016年に、777-300ERが1機、A330-300が4機、ATR72-600が4機、A320が8機、計16機の新機材導入を予定しており、2016年12月末時点での総保有機材数は子会社であるシティリンク(CTV)の機材を含めると188機になる見込みです。" ["post_title"]=> string(94) "ガルーダ・インドネシア航空、A330に「スーパーダイヤモンドシート」" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a330%e3%81%ab%e3%80%8c%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%80" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-06 13:04:00" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-06 04:04:00" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43286" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4547 (24) { ["ID"]=> int(43140) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-02 11:29:59" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-02 02:29:59" ["post_content"]=> string(3077) " ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は、創立記念日である2016年1月26日(火)に、シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル3にてセレモニーを開催し、セレモニーではシンガポール-インドネシア線就航50周年を含め、本社取締役マーケティング担当のハンダヤニ氏が今後の路線展開等も発表しました。  ガルーダ・インドネシア航空にとって、東南アジアは重要な地域であり、その中でも中核となるシンガポール-ジャカルタ間は二国間の経済発展や交流促進に大きく寄与してきました。 [caption id="attachment_43141" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空 シンガポール・チャンギ国際空港で行われたセレモニーの様子 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空[/caption] 特に需要の高い路線であるシンガポール-ジャカルタ線は、経済成長に伴って増加する需要に応えるべく、2014年12月からは1日10便へ増便。  さらにシンガポールからジャカルタ、デンパサール(バリ島)、スラバヤ、アムステルダムの4都市だけでも週90便以上の直行便を運航しています。今後はチャンギ国際空港と連携しながら、ジャカルタのスカルノハッタ国際空港における利用者へのサービス向上の取り組みを進めて計画です。  また、ガルーダ・インドネシア航空はヨーロッパにおけるネットワークの更なる強化策として、3月31日からシンガポール-ロンドン線において直行便を週5便で運航を開始します。ロンドンの到着空港はこれまでのガトウィック空港からヒースロー国際空港へと変更し、これによりガルーダ・インドネシア航空運航便利用者はヒースロー国際空港ターミナル4におけるスカイチームラウンジを始め、スカイチーム関連の施設を全て利用することができるようになります。  そのほか、インドネシアへの旅行者数の拡大と利便性向上の為、インドネシア国内周遊パス「ザ・ワンダフル・インドネシア・トラベルパス」の販売を開始します。これは旅行の目的にあわえて使える周遊パスで、購入はインドネシア国外でのみ。ガルーダ・インドネシア航空の国際線往復航空券と合わせた購入により利用できます。  周遊パスはデンパサール、ロンボク、スマラン、ラブハンバジョー等のUnderwater Pass、ジョグジャカルタ、ソロ、スマラン、スラバヤ等のHeritage Pass、デンパサール、ロンボク、ラブハンバジョー、グヌンシトリ等のAdventure Pass、計3種類です。" ["post_title"]=> string(76) "ガルーダ・インドネシア航空、国内周遊パスを3種類発売" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e5%9b%bd%e5%86%85%e5%91%a8%e9%81%8a%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%923%e7%a8%ae" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-02 11:29:59" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-02 02:29:59" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43140" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4546 (24) { ["ID"]=> int(40907) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-10-11 05:25:18" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-10-10 20:25:18" ["post_content"]=> string(2562) "[caption id="attachment_40908" align="aligncenter" width="700"]ハンガー4 インドネシア国内最大の格納庫「ハンガー4」 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空[/caption]  ガルーダ・インドネシア航空(GIA)はこのほど、同社がハブとするジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港GMF敷地内で行われた記念セレモニーにて、インドネシア国内最大の航空機整備施設「ハンガー4」を初披露しました。 [caption id="attachment_40909" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空,客室乗務員 格納庫披露セレモニーに参加したガルーダ・インドネシア航空の客室乗務員 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空[/caption] このハンガー4は、ガルーダ・インドネシア航空会社が進める保有機材の拡張プランに伴い、増加する単路機の格納及びメンテナンス需要 に対応すべく開設されました。ハンガー内は地球環境に配慮した設計で、自然光を最大限に取り込む屋根や熱線吸収ガラス壁を設置し、メタルハライドランプを使用すること等で省電力に努めています。  ハンガー4は6万4,000平方メートルの整備区域と、1万7,600平方メートルの二階建てオフィスエリアによって構成されています。一度に16機の単路機を格納でき、構造修理や内装・塗装の変更など、大掛かりなメンテナンスから、軽微な整備まで幅広く対応することが可能です。また、メンテナンスのみならず、アジア太平洋地域における大きなMRO(保守・修理・点検)事業への対応が可能となります。  ガルーダ・インドネシア航空会社は、2020年までに保有機材を241機まで拡張する予定です。 [caption id="attachment_40910" align="aligncenter" width="700"]ハンガー4 「ハンガー4」の外観 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空[/caption]" ["post_title"]=> string(102) "16機格納可能 ガルーダ・インドネシア航空、国内最大の「ハンガー4」披露" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(200) "16%e6%a9%9f%e6%a0%bc%e7%b4%8d%e5%8f%af%e8%83%bd%e3%80%80%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e5%9b%bd%e5%86%85" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-10-10 16:43:37" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-10-10 07:43:37" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=40907" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(38323) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-06-24 17:51:51" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-06-24 08:51:51" ["post_content"]=> string(5106) "[caption id="attachment_38325" align="aligncenter" width="700"]スカイチーム 2015年6月22日に創立15周年迎えた航空連合「スカイチームアライアンス」 資料提供:スカイチーム[/caption]  世界20社の航空会社が加盟する航空連合「スカイチーム」は6月22日、創立15周年を迎えました。  スカイチームの創立日は2000年6月22日。創設メンバーはデルタ航空(DAL)、エールフランス航空(AFR)、大韓航空(KAL)の3社。創立から15年が経ち、現在は世界中の1,000都市を超えるネットワークを構築するまでに成長しました。  スカイチームは6月現在、デルタ航空、エールフランス航空、大韓航空、アエロフロート航空(AFL)、アルゼンチン航空(ARG)、アエロメヒコ航空(AMX)、エア・ヨーロッパ(AEA)、アリタリア航空(AZA)、チャイナエアライン(CAL)、中国東方航空(CES)、中国南方航空(CSN)、チェコ航空(CSA)、ガルーダ・インドネシア航空(GIA)、ケニア航空(KQA)、KLMオランダ航空(KLM)、ミドル・イースト航空(MEA)、サウディア(SVA)、タロム航空(ROT)、ベトナム航空(HVN)、廈門航空(CXA)、計20社が加盟しています。  創立15周年にちなみ、スカイチームは15の項目でスカイチームを紹介しています。15項目は次の通り。 1.デルタ航空と共にスカイチームを創立したのは、アエロメヒコ航空、エールフランス航空、大韓航空の3社。 2.スカイチームは創立以来、成長を続け、現在では加盟20社を擁する世界第二の航空連合に成長した。 3.スカイチームの本部はオランダ、アムステルダムのスキポール空港近く。デルタ航空の大西洋路線での共同事業のパートナー、KLMオランダ航空の拠点であり、デルタ航空の欧州におけるハブ空港の一つ。 4.スカイチームのグローバルネットワークは世界1,052都市を網羅。世界のトップ航空市場の90%をカバーしている。 5.約5秒に1回、デルタ航空およびスカイチーム加盟各社の運航便が世界中の空港を飛び立っている。 6.年間6億1,200万人の乗客がスカイチーム各社の運航便を利用している。 7.スカイチーム初となるスカイチーム特別塗装機は、2009年3月31日にデルタ航空が披露した機体。 8.年間2,600万人の乗客がスカイチーム加盟の航空会社運航便から、別のスカイチーム加盟会社の運航便に乗り継ぎいでいる。 9.デルタ航空は優先サービス「スカイプライオリティ(SkyPriority)」を最初に導入。今ではスカイチーム全体にサービスを拡大し、デルタ航空の国際線ビジネスクラス「デルタ・ワン」利用者をはじめ、スカイチーム・エリート・プラス会員および加盟各社のファーストクラス/ビジネスクラスのお客様に、レッドカーペットを目印にした優先サービスを世界1,000以上の空港で提供している。 10.スカイチームは中国・台湾の4つの航空会社が加入しており、中華圏最大の航空連合。 11.スカイチームのグローバルネットワークには、629の空港ラウンジが設置されている。 12.スカイチームのグローバルネットワークにおいて最大のハブ空港は米国ジョージア州のアトランタ。拠点とするデルタ航空をはじめ、エールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空が就航している。 13.スカイチームのグローバルネットワークにおいて、乗り継ぎの乗客が多いハブ空港は、アトランタ、ニューヨーク(JFK)、メキシコシティ、アムステルダム、パリ・シャルルドゴール、ソウル仁川、マドリッド、広州、北京、上海、ロサンゼルス、ナイロビ、モスクワ、台北、ジャカルタ。 14.スカイチームの世界一周パス「ゴー・ラウンド・ザ・ワールド・パス(Go Round the World PASS)」を利用すれば、飛行距離26,000から38,000マイルまで、最大15都市を訪れることが可能。 15.スカイチーム加盟航空会社の総従業員は世界で48万人以上。デルタ航空はそのうち約17%を構成している。 [caption id="attachment_38326" align="aligncenter" width="700"]デルタ航空 デルタ航空のスカイチーム特別塗装機 資料提供:デルタ航空[/caption]" ["post_title"]=> string(57) "スカイチーム特別塗装機の初披露はいつ?" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(171) "%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%89%b9%e5%88%a5%e5%a1%97%e8%a3%85%e6%a9%9f%e3%81%ae%e5%88%9d%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%a4%ef%bc%9f" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-06-24 17:51:51" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-06-24 08:51:51" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38323" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4471 (24) { ["ID"]=> int(38264) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-06-24 09:56:47" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-06-24 00:56:47" ["post_content"]=> string(5814) "[caption id="attachment_38287" align="alignright" width="300"]スカイトラックス スカイトラックス、利用者が選ぶ2015年の航空会社トップ100を発表 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] エアラインユーザーの顧客満足度調査に基づいて航空会社・空港の調査・格付けを行うSkytrax(スカイトラックス)社はこのほど、先日開催されたパリ国際航空ショーの「ワールド・エアライン・アワード」授賞式典で、2015年の「THE WORLD'S BEST AIRLINES(ザ・ワールド・ベスト・エアライン)」を発表しました。  2015年のベストエアラインとして、航空機利用者から最も高い評価を受けた航空会社はカタール航空(QTR)。同社は3度目となる世界首位を獲得しています。  加えて、カタール航空は「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」、「ベスト・エアライン・イン・ザ・ミドルイースト」賞も獲得しました。  トップ10にはアジアと中東勢が目立ち、日本からは全日空(ANA)が7位にランクインしています。また、トップ100には21位に日本航空(JAL)、75位にピーチアビエーション(APJ)が入賞し、それぞれ昨年から順位を上げています。   ■2015年 航空会社ランキングトップ100(スカイトラックス調査) 1位 カタール航空(QTR) 2位 シンガポール航空(SIA) 3位 キャセイパシフィック航空(CPA) 4位 ターキッシュ・エアラインズ(THY) 5位 エミレーツ航空(UAE) 6位 エティハド航空(ETD) 7位 全日空(ANA) 8位 ガルーダ・インドネシア航空(GIA) 9位 エバー航空(EVA) 10位 カンタス航空(QFA) 11位 アシアナ航空(AAR) 12位 ルフトハンザドイツ航空(DLH) 13位 オーストラリア航空(AUA) 14位 スイスインターナショナルエアラインズ(SWR) 15位 エールフランス航空(AFR) 16位 ヴァージン・オーストラリア(VOZ) 17位 ニュージーランド航空(ANZ) 18位 香港ドラゴン航空(HDA) 19位 タイ国際航空(THA) 20位 ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW) 21位 日本航空(JAL) 22位 海南航空(CHH) 23位 バンコク・エアウェイズ(BKP) 24位 マレーシア航空(MAS) 25位 エアアジア(AXM) 26位 ヴァージン・アメリカ(VRD) 27位 エア・カナダ(ACA) 28位 KLMオランダ航空(KLM) 29位 エーゲ航空(AEE) 30位 香港航空(CRK) 31位 フィンエアー(FIN) 32位 ラン航空(LAN) 33位 ノルウェー・エアシャトル(NAX) 34位 南アフリカ航空(SAA) 35位 オマーン航空(OMA) 36位 中国南方航空(CSN) 37位 ヴァージン・アトランティック航空(VIR) 38位 大韓航空(KAL) 39位 イージージェット(EZY) 40位 エア・アスタナ(KZR) 41位 ジェットスター航空(JST) 42位 シルクエア(SLK) 43位 エアアジア・エックス(XAX) 44位 インディゴ(IGO) 45位 デルタ航空(DAL) 46位 アエロフロート・ロシア航空(AFL) 47位 ウエストジェット(WJA) 48位 ポーター・エアラインズ(POE) 49位 アビアンカ航空(AVA) 50位 ジェットブルー航空(JBU) 51位 TAM航空(TAM) 52位 チャイナエアライン(CAL) 53位 ジェットスター・アジア(JSA) 54位 ブリュッセル航空(BEL) 55位 ベトナム航空(HVN) 56位 イベリア航空(IBE) 57位 スカンジナビア航空(SAS) 58位 スクート(SCO) 59位 トムソン航空(TOM) 60位 ユナイテッド航空(UAL) 61位 エア・リンガス(EIN/) 62位 アズール・ブラジル航空(AZU) 63位 エア・セイシェル(SEY) 64位 コパ航空(CMP) 65位 アラスカ航空(ASA) 66位 アゼルバイジャン航空(AHY) 67位 サウスウェスト航空(SWA) 68位 トランスアエロ航空(TSO) 69位 モーリシャス航空(MAU) 70位 TAPポルトガル航空(TAP) 71位 エア・ベルリン(BAR) 72位 ジャーマンウィングス(GWI) 73位 スリランカ航空(ALK) 74位 アリタリア・イタリア航空(AZA) 75位 ピーチアビエーション(APJ) 76位 ジェットエアウェイズ(JAI) 77位 エチオピア航空(ETH) 78位 アメリカン・イーグル(EGF) 79位 アメリカン航空(AAL) 80位 エア・トランザット(TSC) 81位 アイスランド航空(ICE) 82位 ハワイアン航空(HAL) 83位 エア・ノーストラム(ANE) 84位 サウディア(SVA) 85位 中国東方航空(CES) 86位 ケニア航空(KQA) 87位 フィリピン航空(PAL) 88位 ガルフ・エア(GFA) 89位 吉祥航空(DKH) 90位 TAAGアンゴラ航空(DTA) 91位 天津航空(GCR) 92位 深圳航空(CSZ) 93位 中国国際航空(CCA) 94位 スパイスジェット(SEJ) 95位 タイガーエア(TGW) 96位 マンゴ(MNO) 97位 ブエリング航空(VLG) 98位 ニキ航空(NLY) 99位 クルラ(CAW) 100位 フィジー・エアウェイズ(FJI)" ["post_title"]=> string(61) "航空会社ランキングトップ100 日本からは3社" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(175) "%e8%88%aa%e7%a9%ba%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97100%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%af3%e7%a4%be" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-06-24 09:56:47" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-06-24 00:56:47" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38264" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4472 (24) { ["ID"]=> int(38018) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-06-17 06:00:07" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-06-16 21:00:07" ["post_content"]=> string(2471) "[caption id="attachment_38019" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空,エアバス パリ国際航空ショーで行われたエアバス、ガルーダ・インドネシア航空両社による記者会見の様子 資料提供:Airbus[/caption] エアバスは現地時間15日、パリ国際航空ショーでガルーダ・インドネシア航空(GIA)がA350 XWBを30機発注する基本合意書(LOI)を締結したと発表しました。  エアバスのA350 XWBはジャカルタまたはバリ島から欧州へのノンストップ飛行が可能で、ガルーダ・インドネシア航空は、中距離路線から長距離路線ネットワークを拡充します。  A350 XWBファミリーは最新の空力設計を採用し、胴体と主翼に炭素繊維複合材を使用。優れた燃費効率を提供し、静音性に優れた最新のロールス・ロイス社製トレントXWBエンジンを搭載します。これにより比類ない運航効率性を実現し、燃費を25%削減しています。  A350 XWBはアジア太平洋地域での需要が特に高く、この地域の航空会社から合計で244機の受注を獲得しています。これは世界中での合計受注数780機のおよそ3分の1を占めています。  ガルーダ・インドネシア航空はパリ国際航空ショーで、A350 XWBを発注する基本合意書のほか、ボーイング787-9型機30機と737 MAX 8型機30機、計60機の購入覚書を締結しています。 [caption id="attachment_38020" align="aligncenter" width="700"]ガルーダ・インドネシア航空,エアバスA350 XWB ガルーダ・インドネシア航空向けエアバスA350-900型機イメージ 資料提供:Airbus[/caption] [caption id="attachment_38025" align="aligncenter" width="700"]エアバスA350 XWB 昨年11月、羽田空港に初飛来したエアバスA350 XWB © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption]" ["post_title"]=> string(85) "エアバス、ガルーダ・インドネシア航空からA350 XWBを30機受注へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%81%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%ef%bd%a5%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%81%8b%e3%82%89a350-xwb%e3%82%9230" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-08-10 12:05:32" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-08-10 03:05:32" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38018" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4477 (24) { ["ID"]=> int(37972) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-06-16 10:19:22" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-06-16 01:19:22" ["post_content"]=> string(993) "[caption id="attachment_37973" align="aligncenter" width="700"]ガルーダ・インドネシア航空 ガルーダ・インドネシア航空向けボーイング787-9(右)と737 MAX 8(左)イメージ 資料提供:Boeing[/caption]  ボーイングは現地時間6月15日、パリ国際航空ショーでガルーダ・インドネシア航空(GIA)と2機種の購入覚書を締結したと発表しました。  機数と対象機種は787-9型機30機と737 MAX 8型機30機、計60機。ガルーダ・インドネシア航空は今回の発表に加え、昨年10月には737 MAX 8を50機購入する意向を示しています。  さらに、ガルーダ・インドネシア航空はパリ国際航空ショーで、エアバスA350 XWBを30機発注する基本合意書(LOI)を締結しています。" ["post_title"]=> string(83) "ガルーダ・インドネシア航空、ボーイング787-9と737 MAX 8購入へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(194) "%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0787-9%e3%81%a8737-max-8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-08-10 12:05:58" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-08-10 03:05:58" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=37972" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4637 (24) { ["ID"]=> int(37294) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-05-21 07:47:06" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-05-20 22:47:06" ["post_content"]=> string(1322) "[caption id="attachment_37295" align="alignright" width="300"]ガルーダ・インドネシア航空 無料受託手荷物の許容量を拡大したガルーダ・インドネシア航空 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年2月[/caption] ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は、日本発着の国際線における無料受託手荷物の許容量を拡大しました。対象は2015年5月14日以降に発券した利用者。通常の受託手荷物とは別に、1人様1セット23kgまでスポーツ用品や楽器を無料で預かるサービスは継続して実施しています。  変更後の受託範囲は、ファーストクラスとビジネスクラスが64キロ、エコノミークラスが46キロ。制限重量内であれば、預ける個数制限はありません。  なお、インドネシア国内線とインドネシア以遠の国際線航空券を日本発国際線航空券の一部として購入した場合は、日本発の国際線と同じ規定が適用されます。  無料受託手荷物許容量を超えた場合は、従来通り超過手荷物料金が必要となります。" ["post_title"]=> string(84) "ガルーダ・インドネシア航空、無料受託手荷物の許容量を拡大" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a2%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e7%84%a1%e6%96%99%e5%8f%97%e8%a8%97%e6%89%8b%e8%8d%b7%e7%89%a9%e3%81%ae" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-05-21 07:47:06" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-05-20 22:47:06" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=37294" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

ガルーダ・インドネシア航空、エアバスA330-900neoを14機発注

ガルーダ・インドネシア航空,A330-900neo

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)はこのほど、エアバスにA330-900neoを14機発注したと発表しました。長距離路線の拡充のため導入するもので、エアバスは最先端技術を搭載するA330neoによってより効率的な運航 …more»

エアライン・スター・ランキング「5スター」受賞の様子 資料提供:ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空、最高評価「5スター」を2年連続獲得

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は、2月17日に行われたシンガポール・エアショー2016で、イギリス・ロンドンに拠点を置く航空産業コンサルティング・格付け会社「スカイトラックス」のエアライン・スター・ランキング最高 …more»

ガルーダ・インドネシア航空,スーパーダイヤモンドシート

ガルーダ・インドネシア航空、A330に「スーパーダイヤモンドシート」

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は「スーパーダイヤモンドシート」を採用した新機材エアバスA330-300初号機(機体記号:PK-GPZ)と、10機目のボーイング777-300ER型機(機体記号:PK-GIK)を受領 …more»

ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空、国内周遊パスを3種類発売

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は、創立記念日である2016年1月26日(火)に、シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル3にてセレモニーを開催し、セレモニーではシンガポール-インドネシア線就航50周年を含め、本社 …more»

ハンガー4

16機格納可能 ガルーダ・インドネシア航空、国内最大の「ハンガー4」披露

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)はこのほど、同社がハブとするジャカルタのスカルノ・ハッタ国際空港GMF敷地内で行われた記念セレモニーにて、インドネシア国内最大の航空機整備施設「ハンガー4」を初披露しました。  この …more»

スカイチーム

スカイチーム特別塗装機の初披露はいつ?

 世界20社の航空会社が加盟する航空連合「スカイチーム」は6月22日、創立15周年を迎えました。  スカイチームの創立日は2000年6月22日。創設メンバーはデルタ航空(DAL)、エールフランス航空(AFR)、大韓航空( …more»

スカイトラックス

航空会社ランキングトップ100 日本からは3社

 エアラインユーザーの顧客満足度調査に基づいて航空会社・空港の調査・格付けを行うSkytrax(スカイトラックス)社はこのほど、先日開催されたパリ国際航空ショーの「ワールド・エアライン・アワード」授賞式典で、2015年の …more»

エアバス,ガルーダ・インドネシア航空

エアバス、ガルーダ・インドネシア航空からA350 XWBを30機受注へ

 エアバスは現地時間15日、パリ国際航空ショーでガルーダ・インドネシア航空(GIA)がA350 XWBを30機発注する基本合意書(LOI)を締結したと発表しました。  エアバスのA350 XWBはジャカルタまたはバリ島か …more»

ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空、ボーイング787-9と737 MAX 8購入へ

 ボーイングは現地時間6月15日、パリ国際航空ショーでガルーダ・インドネシア航空(GIA)と2機種の購入覚書を締結したと発表しました。  機数と対象機種は787-9型機30機と737 MAX 8型機30機、計60機。ガル …more»

ガルーダ・インドネシア航空

ガルーダ・インドネシア航空、無料受託手荷物の許容量を拡大

 ガルーダ・インドネシア航空(GIA)は、日本発着の国際線における無料受託手荷物の許容量を拡大しました。対象は2015年5月14日以降に発券した利用者。通常の受託手荷物とは別に、1人様1セット23kgまでスポーツ用品や楽 …more»

ガルーダ・インドネシア航空(GIA/GA)アクセスランキング