» スクート(SCO/TZ)

航空機 : スクート(SCO/TZ)

航空機メーカーや機材/機種、特別塗装機に関するページです。

航空機トピックス一覧

array(6) { [0]=> object(WP_Post)#4479 (24) { ["ID"]=> int(44917) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-18 17:41:26" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 08:41:26" ["post_content"]=> string(1559) "[caption id="attachment_44918" align="alignright" width="300"]スクート スクート、バンコク経由の成田-シンガポール線を7月に開設 資料提供:スクート[/caption] シンガポールを拠点にするLCC(格安航空会社)、スクート(SCO)はこのほど、バンコク(ドンムアン)経由で成田-シンガポール線を新たに開設すると発表しました。開設日は7月21日。この就航により、スクートの成田-シンガポール線は、バンコク経由の成田-シンガポール線、台北(桃園)経由の成田-シンガポール線をあわせると1日2往復のダブルデイリー運航となります。  バンコク経由の成田-シンガポール線開設は、タイ及びシンガポールからの訪日需要を取り込むもので、また、日本から両国への旅行者に割安な運賃を提供します。  運航本数は1日1往復体制、機材はボーイング787-8型機。機内はスクートビズ21席、エコノミー314席、計335席仕様です。  スクートのキャンベル・ウィルソンCEOは「東京の皆様にとってシンガポール、バンコクへのお得な選択肢が増えると同時に、シンガポールおよびタイからの訪日需要に益々貢献できることを願っている」と述べています。 " ["post_title"]=> string(73) "スクート、成田-バンコク-シンガポール線を7月開設" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%81%e6%88%90%e7%94%b0%ef%bc%8d%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%82%af%ef%bc%8d%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%b7%9a%e3%82%927%e6%9c%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-18 17:41:26" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-18 08:41:26" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44917" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4478 (24) { ["ID"]=> int(42639) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-09 16:10:49" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-09 07:10:49" ["post_content"]=> string(2809) "[caption id="attachment_42641" align="alignright" width="300"]ボーイング 2016年で創立100年を迎えるボーイング © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年7月[/caption] ボーイングはこのほど、2015年の民間航空機における納入機数が前年比39機増の762機だったと発表しました。内訳は737が495機、747が18機、767が16機、777が98機、787が135機。2016年で創立100周年を迎えるボーイングにとって、この納入機数は過去最高の記録です。  ボーイングは2015年、現在のリストプライスで1,124億ドルに相当する768機の純受注を獲得しました。世界中の航空会社から得た受注残は、2015年末時点で5,795機に上っています。  こうした受注数と納入機数に加えて、ボーイングは2015年において、その他にも数多くのマイルストーンに到達しました。  オマーン航空(OMA)、スクート(SCO)、アメリカン航空(AAL)、KLMオランダ航空(KLM)、ベトナム航空(HVN)の5社に初めて787ドリームライナーを納入したほか、747型機チームは100機目の747-8型機を納入しています。 [caption id="attachment_42117" align="alignright" width="300"]ボーイング737 MAX 8初号機 ボーイング737 MAX 8初号機 資料提供:Boeing[/caption] また、737 MAX初号機が12月に工場をロールアウトしたほか、787-10型機のチームが787ファミリー最新鋭機である同機種の詳細設計を完了。777Xでは仕様策定が完了し、チームはパーツや組立、その他のシステムの詳細設計を開始しました。  このほかにも767型機プログラムではフェデックスより過去最大の一括受注を獲得、777型機プログラムでは燃費を2%向上させるパッケージを発表。737型機の増産態勢準備のため、シアトル・デリバリー・センターも新たに拡張されました。  ボーイング民間航空機部門の社長兼CEOであるレイ・コナー氏は、「ボーイングのチームのハードワークによって力強い業績を残すことができました。チームは素晴らしい仕事ぶりで納入機数の増加を達成し、製品を可能な限り迅速かつ効率的にお客様にお届けしました。私たちは今後もこの点に注力していきます」とコメントしています。" ["post_title"]=> string(88) "創立100年のボーイング、2015年は過去最高の民間航空機納入数達成" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(196) "%e5%89%b5%e7%ab%8b100%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%812015%e5%b9%b4%e3%81%af%e9%81%8e%e5%8e%bb%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%81%ae%e6%b0%91%e9%96%93%e8%88%aa%e7%a9%ba" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-09 16:16:54" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-09 07:16:54" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42639" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4477 (24) { ["ID"]=> int(38851) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-07-10 07:25:08" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-07-09 22:25:08" ["post_content"]=> string(2018) "[caption id="attachment_37345" align="alignright" width="300"]スクート スクートのボーイング787-9ビジネスクラス機内 資料提供:スクート[/caption] シンガポール航空(SIA)の子会社でLCC(格安航空会社)のスクート(SCO)は7月8日、経由便の関西-シンガポール線を開設しました。使用機材はボーイング787-9型機。スクートが日本路線に787-9を投入するのは関西線が初めて。  関西-シンガポール線はタイのバンコク(ドンムアン)経由と、台湾の高雄経由便。関西-バンコク-シンガポール線は水・金・日曜運航で、関西-高雄-シンガポール線は火・木・土曜運航。どちらも関西を夕方出発、シンガポールには深夜に到着します。  スクートの787-9にはロールス・ロイス社製のトレント1000エンジンが搭載されており、機内はビジネスクラス35席、エコノミークラス340席の計375席仕様です。また、機内にはWi-Fi(ワイファイ)も完備しています。  スクートの就航で、関西空港の国際線LCC路線は計15社、21都市、週251便となります。 ■スクート 運航スケジュール <関西-バンコク-シンガポール線> TZ297便 関西 17:30 → バンコク 20:45着/21:55発 → シンガポール 翌日02:25(水・金・日曜運航) TZ298便 シンガポール 06:05 → バンコク 07:15着/08:25発 → 関西 15:50(水・金・日曜運航) <関西-高雄-シンガポール線> TZ287便 関西 16:15 → 高雄 17:45着/18:55発 → シンガポール 翌日00:25(火・木・土曜運航) TZ288便 シンガポール 06:15 → 高雄 10:25着/11:35発 → 関西 15:15(火・木・土曜運航)" ["post_title"]=> string(71) "スクート、787-9で経由便の関西-シンガポール線開設" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(194) "%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%81787-9%e3%81%a7%e7%b5%8c%e7%94%b1%e4%be%bf%e3%81%ae%e9%96%a2%e8%a5%bf%ef%bc%8d%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%b7%9a%e9%96%8b" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-07-09 20:56:34" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-07-09 11:56:34" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38851" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(37341) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-05-24 06:30:31" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-05-23 21:30:31" ["post_content"]=> string(3259) "[caption id="attachment_37356" align="aligncenter" width="700"]スクート,ボーイング787 ロールス・ロイス社製のトレント1000エンジンを搭載したスクートのボーイング787-9型機 資料提供:スクート[/caption]  シンガポール航空(SIA)の子会社でLCC(格安航空会社)のスクート(SCO)はこのほど、関西国際空港に新規就航すると発表しました。  開設路線は関西-シンガポール線。週3便はタイのバンコク(ドンムアン)を経由し、週3便は台湾の高雄を経由。機材はボーイング787-9型機を日本に初めて投入します。  開設日はバンコク経由便が7月8日、高雄経由便が7月9日。関西-バンコク-シンガポール線は水・金・日曜運航で、関西-高雄-シンガポール線は火・木・土曜運航です。 [caption id="attachment_37358" align="alignright" width="300"]スクート,機内 スクートのボーイング787型機エコノミークラス機内 資料提供:スクート[/caption] 使用する機材はボーイング787-9型機で、ロールス・ロイス社製のトレント1000エンジンを搭載。スクートは日本路線に初めて787-9を投入します。機内はビジネスクラス35席、エコノミークラス340席の計375席仕様。  スクートの787には機内Wi-Fi(ワイファイ)サービスが完備されており、2015年アジア太平洋地区LCC部門で最優秀賞を受賞しています。  スクートの就航により、関西空港の国際線LCC路線は計15社、21都市、週251便となり、日本最大のLCC国際線ネットワークがさらに拡充します。 ■スクート 運航スケジュール 2015/07/08~ TZ297便 関西 20:25 → バンコク 翌日 00:05着/01:15発 → シンガポール 04:40(水・金・日曜運航) TZ298便 シンガポール 09:05 → バンコク 10:10着/11:30発 → 関西 18:50(水・金・日曜運航) 2015/07/09~ TZ287便 関西 16:15 → 高雄 18:55着/20:05発 → シンガポール 翌日00:25(火・木・土曜運航) TZ288便 シンガポール 06:15 → 高雄 10:25着/11:35発 → 関西 15:15(火・木・土曜運航) [caption id="attachment_37357" align="aligncenter" width="700"]スクート,機内 スクートの787エコノミークラス機内 資料提供:スクート[/caption] [caption id="attachment_37345" align="aligncenter" width="700"]スクート スクートの787ビジネスクラス機内 資料提供:スクート[/caption]" ["post_title"]=> string(69) "787-9を日本初投入 LCCスクート、7月に関空新規就航" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "787-9%e6%97%a5%e6%9c%ac%e5%88%9d%e6%8a%95%e5%85%a5%e3%81%a7%e6%96%b0%e8%a6%8f%e5%b0%b1%e8%88%aa%e3%80%80lcc%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%817%e6%9c%88%e3%81%ab%e9%96%a2%e7%a9%ba" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-05-23 19:00:45" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-05-23 10:00:45" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=37341" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(29920) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2014-11-11 07:00:16" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2014-11-10 22:00:16" ["post_content"]=> string(2506) "[caption id="attachment_12795" align="alignright" width="300"]シンガポール航空,A380 シンガポール航空のエアバスA380型機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年12月[/caption] シンガポール航空グループ(シンガポール航空[SIA]、SIAエンジニアリング・カンパニー[SIAEC]、シルクエアー[SLK]、SIAカーゴ[SQC])は2014~15年会計年度第2四半期連結決算の中で、同グループの保有機を発表しました。  同グループのうち、シンガポール航空はエアバスA330-300を2機受領。シルクエアーはボーイング737-800を2機受領し、A320-200を1機売却したほか、別のA320-200を1機返却のために退役させました。  これにより、9月末現在でシンガポール航空は777型機を57機、A330-300型機を29機、A380型機を19機の合計105機を保有。A380の保有機数は2012年9月に受領した機体番号「9V-SKT」の導入以降、変わりありません。  シルクエアーの保有機数は26機で、内訳はA320-200型機が14機、A319-100型機が6機、A737-800型機が6機。  SIAカーゴの保有機数は前四半期と変わらず747-400が8機です。同カーゴは2014年7月29日よりラゴス線を廃止し、季節の需要増に応えるため9月はアムステルダム線、ブリュッセル線、デリー線を増便させています。  なお、スクート(SCO)の保有機は7月から9月の間に変更はなく、引き続き777-200型機を6機保有しています。  シンガポール航空は冬ダイヤ期間中にオークランド線を777-300ERからA380に切り替え、輸送能力を増強させるほか、ピーク時期の需要に応えるため、11月末より翌年1月まではメルボルン線とシドニー線をさらに週3便、ブリスベン線およびクライストチャーチ線をさらに週2便、それぞれ増便します。  日本路線については12月から翌年1月中旬までの期間中、ビジネスクラス30席、エコノミークラス255席を備えるA330-300型機にて札幌-シンガポール線を週3便で運航します。  シンガポール航空は成田、羽田、関西、中部、福岡の5都市に定期便を運航しています。" ["post_title"]=> string(81) "シンガポール航空、上半期はA330-300を2機受領 A380は19機保有" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(195) "%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e4%b8%8a%e5%8d%8a%e6%9c%9f%e3%81%afa330-300%e3%82%922%e6%a9%9f%e5%8f%97%e9%a0%98%e3%80%80a380%e3%81%af19%e6%a9%9f" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2014-11-10 17:36:33" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2014-11-10 08:36:33" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=29920" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4489 (24) { ["ID"]=> int(21081) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2014-05-11 11:37:19" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2014-05-11 02:37:19" ["post_content"]=> string(1677) " シンガポールを拠点にするLCC(格安航空会社)のスクート(SCO)はボーイング787の導入に伴い、同社公式Facebookページで機体の愛称を募集しています。採用されると、名付け親には787に1年間乗り放題の賞品がプレゼントされます。 [caption id="attachment_21087" align="alignright" width="300"]スクート 787-9初号機を11月に導入予定のスクート(SCO) Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner[/caption] 名前をつけるには「ビッグ イエロー ドリーム」や「スクート オブ ドリーム」などの名前を例に挙げ、今までにない素敵な愛称を募集しています。もちろん「パクリ」はNG。  愛称の名付け親は787に1年間無料で乗り放題。さらにスクートが運航する好きな都市へのスクートビズ チケットがペアでプレゼントされます。応募受付は5月14日午前0時59分(日本時間)まで。  スクートは787-9初号機を11月に導入する予定で、787-8初号機の導入は2015年半ば以降。787-9の座席仕様はプレミアムエコノミー(スクートビズ)35席、エコノミークラス340席を備える計375席で、787-8は330席前後になる見込みです。  787導入後、スクートは機材更新のため、現行の777-200を退役させます。  " ["post_title"]=> string(64) "787に1年間乗り放題 スクートが機体の愛称募集" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(184) "787%e3%81%ab1%e5%b9%b4%e9%96%93%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%94%be%e9%a1%8c%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e6%a9%9f%e4%bd%93%e3%81%ae%e6%84%9b%e7%a7%b0%e5%8b%9f%e9%9b%86" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2014-05-11 11:37:20" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2014-05-11 02:37:20" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=21081" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

スクート、成田-バンコク-シンガポール線を7月開設

スクート

 シンガポールを拠点にするLCC(格安航空会社)、スクート(SCO)はこのほど、バンコク(ドンムアン)経由で成田-シンガポール線を新たに開設すると発表しました。開設日は7月21日。この就航により、スクートの成田-シンガポ …more»

ボーイング

創立100年のボーイング、2015年は過去最高の民間航空機納入数達成

 ボーイングはこのほど、2015年の民間航空機における納入機数が前年比39機増の762機だったと発表しました。内訳は737が495機、747が18機、767が16機、777が98機、787が135機。2016年で創立10 …more»

スクート

スクート、787-9で経由便の関西-シンガポール線開設

 シンガポール航空(SIA)の子会社でLCC(格安航空会社)のスクート(SCO)は7月8日、経由便の関西-シンガポール線を開設しました。使用機材はボーイング787-9型機。スクートが日本路線に787-9を投入するのは関西 …more»

スクート

787-9を日本初投入 LCCスクート、7月に関空新規就航

 シンガポール航空(SIA)の子会社でLCC(格安航空会社)のスクート(SCO)はこのほど、関西国際空港に新規就航すると発表しました。  開設路線は関西-シンガポール線。週3便はタイのバンコク(ドンムアン)を経由し、週3 …more»

シンガポール航空,A380

シンガポール航空、上半期はA330-300を2機受領 A380は19機保有

 シンガポール航空グループ(シンガポール航空[SIA]、SIAエンジニアリング・カンパニー[SIAEC]、シルクエアー[SLK]、SIAカーゴ[SQC])は2014~15年会計年度第2四半期連結決算の中で、同グループの保 …more»

スクート

787に1年間乗り放題 スクートが機体の愛称募集

 シンガポールを拠点にするLCC(格安航空会社)のスクート(SCO)はボーイング787の導入に伴い、同社公式Facebookページで機体の愛称を募集しています。採用されると、名付け親には787に1年間乗り放題の賞品がプレ …more»

スクート(SCO/TZ)アクセスランキング

マイレージサービス


Warning: imagejpeg(/home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-content/uploads/wordpress-popular-posts/14534-featured-120x80.jpg): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-includes/class-wp-image-editor.php on line 425

まだデータがありません。

航空機


Warning: imagejpeg(/home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-content/uploads/wordpress-popular-posts/23114-featured-120x80.jpg): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-includes/class-wp-image-editor.php on line 425

まだデータがありません。