キャセイドラゴン航空(HDA/KA)

キャセイパシフィック航空が全額出資する香港の姉妹航空会社、キャセイドラゴン航空(旧ブランド名:香港ドラゴン航空)に関するページです。

さらにキャセイドラゴン航空(HDA/KA)の記事をカテゴリ毎に絞り込み

キャセイドラゴン航空(HDA/KA)

キャセイパシフィック航空,747-400
公式WEBサイトキャセイドラゴンドラゴン航空
航空会社コードHDA/KA
コールサインDragon
エリアアジア
マイレージサービスザ・マルコポーロクラブ

キャセイドラゴン航空(HDA/KA)トピックス一覧

array(3) { [0]=> object(WP_Post)#4477 (24) { ["ID"]=> int(43953) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-10 12:34:22" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-10 03:34:22" ["post_content"]=> string(3653) "[caption id="attachment_42370" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 キャセイパシフィック航空、2015年度通期決算は純利益90.5%増の60億香港ドルに © Tetsu Maruyama/Flight Liner=14年9月[/caption] キャセイパシフィック航空グループは2015年度通期(2015年1~12月)決算での純利益が、前年度の31億5000万香港ドル(1香港ドル=約14.5円)を上回る60億香港ドル、日本円で約850億円だったと発表しました。  旅客事業の売上高は、前年比3.5%減の730億4700万香港ドルでしたが、供給座席数は香港発着のボストン、デュッセルドルフ、広島、チューリッヒ線の新規路線等で前年比で5.9%増加しました。平均座席専有率は85.7%で、前年よりも2.4%ポイント上昇しています。  キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)の燃料費(ヘッジによる影響を除く)は、供給座席数の増加にかかわらず燃料価格の下落等もあり、前年を145億6100万香港ドル(37.8%)下回りました。航空会社にとって燃料費は最大コストの要因であり、グループにおける2015年度の営業コスト全体の34.0%を占めています(2014年度は39.2%)。  また、香港発着で今年6月にはマドリード、9月にはロンドン・ガトウィック空港への旅客便の運航を開始します。香港ドラゴン航空は、2015年3月に東京・羽田、8月には広島への旅客便を開設するとともに、他の路線でも増便を図りました。一方、キャセイパシフィック航空はモスクワとドーハ、香港ドラゴン航空はマニラ線を運休しました。 [caption id="attachment_43954" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空,747-400 2016年にすべて退役するキャセイパシフィック航空のボーイング747-400旅客機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年12月[/caption] 機材について、期間中にキャセイパシフィック航空は、6機のボーイング777-300ER型機と3機のエアバスA330-300型機を受領しました。9月には53機目となるボーイング777-300ER型機を受領し、同機種最後の受領となりました。  これと併行して、2015年は4機の747-400と4機のA340-300が退役しました。今年2月にはA340-300のうち1機を退役させ、残り3機となったボーイング747-400についても、予定を1年前倒しし、今年中に全てが退役する見込みです。  また、キャセイパシフィック航空では2013年にボーイングとの間で6機のボーイング747-400貨物専用機の売却について合意しており、すでに引き渡しを終えている2機に加え、残る4機についても今年末までにボーイング社への引き渡しを完了する予定です。  2015年12月31日時点で、キャセイパシフィック航空は計70機の新規運航機材の発注をしており、2024年までにこれらの機材を受領します。このうちA350 XWBについては、今年5月の1機目に続いて年末までに計12機の受領を予定しています。" ["post_title"]=> string(64) "キャセイパシフィック航空、747-400すべて退役へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(178) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81747-400%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e9%80%80%e5%bd%b9%e3%81%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-10 12:34:22" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-10 03:34:22" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43953" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(43682) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-26 14:01:03" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-26 05:01:03" ["post_content"]=> string(1403) "[caption id="attachment_43684" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 キャセイと香港ドラゴン航空、4月発券分以降も燃油サーチャージゼロに © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)はこのほど、4月1日発券分以降に適用する日本発の日本-香港・台湾間の燃油サーチャージについて、適用しないと発表しました。また、香港以遠の路線についても同様に、4月1日から5月末日発券分の燃油サーチャージは非適用を継続します。  キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空は現在発券分の対象路線について燃油サーチャージはゼロで、他社運航のコードシェア便についても、両社運航便と同じく非適用を継続します。  日本の航空会社では全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)も4月発券分以降の国際線燃油サーチャージを適用しません。また、国内線ではフジドリームエアラインズ(FDA)が2月から3月末日発券分までを燃油サーチャージゼロにしています。" ["post_title"]=> string(85) "キャセイと香港ドラゴン航空、4月以降も燃油サーチャージゼロ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%81%a8%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%814%e6%9c%88%e4%bb%a5%e9%99%8d%e3%82%82%e7%87%83%e6%b2%b9%e3%82%b5%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-26 13:58:53" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-26 04:58:53" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43682" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(43145) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-02 11:54:19" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-02 02:54:19" ["post_content"]=> string(2284) "[caption id="attachment_43146" align="alignright" width="300"]香港ドラゴン航空,キャセイドラゴン航空 香港ドラゴン航空、新ブランド名称「キャセイドラゴン航空」へ 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] キャセイパシフィック航空グループはこのほど、キャセイパシフィック航空(CPA)が全額出資する姉妹航空会社、香港ドラゴン航空(HDA)のブランド名称を2016年度以降を予定に「キャセイドラゴン航空」へ変更すると発表しました。さらなる発展を見据えて、両社は個々に航空事業免許を保持しながら異なる航空会社として運航を続けていきます。  ブランド変更に伴い、キャセイドラゴン航空の航空機にはキャセイパシフィック航空のデザインを踏襲するブラッシュウィングのロゴが採用されます。新塗装が施される最初の運航機材はエアバスA330-300型機で、4月に機体公開を予定。現行機の新デザイン塗装は順次施されます。  キャセイドラゴン航空はキャセイパシフィック航空による2006年の完全子会社化以降、新たに23都市を就航地として加えており、両社のフライトを乗り継ぐ旅客は2015年には5倍の700万人以上へと拡大しました。両社を合わせた年間利用旅客も、2006年の2,200万人から昨年は3,400万人へと増加しています。  キャセイパシフィック航空グループではキャセイドラゴン航空の認知度向上のため、今年後半に広告・マーケティングキャンペーンを世界各地で展開することを計画しています。 [caption id="attachment_43151" align="aligncenter" width="700"]香港ドラゴン航空,新塗装 キャセイドラゴン航空の新塗装機体イメージ(同社発表資料より)[/caption]" ["post_title"]=> string(108) "香港ドラゴン航空、機体デザイン変更へ ブランド名も「キャセイドラゴン」に" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e6%a9%9f%e4%bd%93%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%89%e6%9b%b4%e3%81%b8%e3%80%80%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%b3" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-02 11:54:19" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-02 02:54:19" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43145" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

キャセイパシフィック航空、747-400すべて退役へ

キャセイパシフィック航空,747-400

 キャセイパシフィック航空グループは2015年度通期(2015年1~12月)決算での純利益が、前年度の31億5000万香港ドル(1香港ドル=約14.5円)を上回る60億香港ドル、日本円で約850億円だったと発表しました。 …more»

キャセイパシフィック航空

キャセイと香港ドラゴン航空、4月以降も燃油サーチャージゼロ

 キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)はこのほど、4月1日発券分以降に適用する日本発の日本-香港・台湾間の燃油サーチャージについて、適用しないと発表しました。また、香港以遠の路線についても同様に …more»

香港ドラゴン航空,キャセイドラゴン航空

香港ドラゴン航空、機体デザイン変更へ ブランド名も「キャセイドラゴン」に

 キャセイパシフィック航空グループはこのほど、キャセイパシフィック航空(CPA)が全額出資する姉妹航空会社、香港ドラゴン航空(HDA)のブランド名称を2016年度以降を予定に「キャセイドラゴン航空」へ変更すると発表しまし …more»