» キャセイパシフィック航空(CPA/CX)

国際線 : キャセイパシフィック航空(CPA/CX)

国際線に関するページです。

国際線トピックス一覧

array(10) { [0]=> object(WP_Post)#4534 (24) { ["ID"]=> int(44261) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-03-28 16:08:27" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-03-28 07:08:27" ["post_content"]=> string(971) "[caption id="attachment_44262" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空,A350-900 キャセイパシフィック航空に引き渡されるA350-900 資料提供:Airbus[/caption] エアバスはこのほど、キャセイパシフィック航空に引き渡すA350初号機にてフランス・トゥールーズで初飛行を実施したと発表しました。  初飛行はA350-900で約5時間行われました。キャセイパシフィック航空へのA350 XWB初号機納入は2016年第2四半期になる見込みです。  キャセイパシフィック航空はA350-900を22機、A350 XWBの最大サイズとなるA350-1000を26機、計48機を発注済み。9月に開設する香港-ロンドン・ガトウィック線等に同機を投入する計画です。" ["post_title"]=> string(82) "エアバス、キャセイパシフィック航空向けA350初号機で初飛行" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%81%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e5%90%91%e3%81%91a350%e5%88%9d%e5%8f%b7" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-03-28 16:08:27" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-03-28 07:08:27" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44261" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4533 (24) { ["ID"]=> int(43682) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-26 14:01:03" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-26 05:01:03" ["post_content"]=> string(1403) "[caption id="attachment_43684" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 キャセイと香港ドラゴン航空、4月発券分以降も燃油サーチャージゼロに © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)はこのほど、4月1日発券分以降に適用する日本発の日本-香港・台湾間の燃油サーチャージについて、適用しないと発表しました。また、香港以遠の路線についても同様に、4月1日から5月末日発券分の燃油サーチャージは非適用を継続します。  キャセイパシフィック航空と香港ドラゴン航空は現在発券分の対象路線について燃油サーチャージはゼロで、他社運航のコードシェア便についても、両社運航便と同じく非適用を継続します。  日本の航空会社では全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)も4月発券分以降の国際線燃油サーチャージを適用しません。また、国内線ではフジドリームエアラインズ(FDA)が2月から3月末日発券分までを燃油サーチャージゼロにしています。" ["post_title"]=> string(85) "キャセイと香港ドラゴン航空、4月以降も燃油サーチャージゼロ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(199) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%81%a8%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b4%e3%83%b3%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%814%e6%9c%88%e4%bb%a5%e9%99%8d%e3%82%82%e7%87%83%e6%b2%b9%e3%82%b5%e3%83%bc" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-26 13:58:53" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-26 04:58:53" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43682" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4532 (24) { ["ID"]=> int(43022) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-27 13:44:49" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-27 04:44:49" ["post_content"]=> string(1159) "[caption id="attachment_43024" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 キャセイパシフィック航空、2月発券分から燃油サーチャージ適用停止 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)と姉妹会社の香港ドラゴン航空(HDA)はこのほど、2月発券分以降の日本-香港間と台湾間の燃油サーチャージについて、適用を停止すると発表しました。原油価格が下落しているためで、キャセイパシフィック航空は政府の認可を既に取得しています。  今回の燃油サーチャージ適用停止に伴い、香港以遠の路線についても同様に燃油サーチャージの適用を停止します。他社運航のコードシェア便については、運航航空会社によって定められた燃油サーチャージが適用となります。  期間は2月1日から3月31日発券分まで。" ["post_title"]=> string(87) "キャセイパシフィック航空、原油安で燃油サーチャージ適用停止" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e5%8e%9f%e6%b2%b9%e5%ae%89%e3%81%a7%e7%87%83%e6%b2%b9%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%81" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-27 13:44:50" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-27 04:44:50" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43022" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [3]=> object(WP_Post)#4531 (24) { ["ID"]=> int(43012) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-27 12:52:17" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-27 03:52:17" ["post_content"]=> string(3438) "[caption id="attachment_43013" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 内容の充実を図っているフードバーのメニュー例 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)は開設1周年を迎えた羽田空港のキャセイパシフィック・ラウンジにて、新メニューの導入を進めています。  2015年10月には「鶏ザーサイ麺」と「ジャージャー麺」を導入、2015年12月9日には開設1周年を記念したシグネチャーカクテル「羽田ジェイド」と「スウィート羽田」を発表。また、2016年1月8日には新メニューとして、キャセイパシフィック航空の本拠地である香港の朝食としてもおなじみの「中華粥」の提供を始めました。  「中華粥」はネギ油で味付けをして帆立貝柱を入れた中華粥を、季節の小鉢と葱生姜、ワンタンの皮の揚げ物を添えて提供します。提供時間は午前7時30分~11時。  また、開設当初から人気のホテルオークラ特製のフレンチトーストは、付け合わせのフルーツをなくし、より大きなポーションで提供しています。そのほかフードバーにおいては、従来から提供しているチーズ、ハム、サラダに加え、季節のメニューを提供するなどして、内容の充実を図っています。 [caption id="attachment_43014" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 午前11時から提供される「ジャージャー麺」 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] 人気の坦坦麺とワンタン麺に加えて新メニューとして加わった「鶏ザーサイ麺」と「ジャージャー麺」は、午前11時から提供されます。  「鶏ザーサイ麺」は鶏のむね肉と緑ザーサイのスライスがトッピングされた生姜風味の塩味で、「ジャージャー麺」は豚ひき肉・タケノコ・シイタケなどを甜麺醤や豆板醤で炒め、肉味噌がトッピングされた一品です。  羽田空港キャセイパシフィック・ラウンジは2014年12月9日に新ブランドコンセプトを取り入れた世界で最初の「キャセイパシフィック・ラウンジ」として開設。また、日系以外の航空会社によって羽田空港国際線旅客ターミナルに開設された、初めてのラウンジでもあります。  総床面積は990平米。香港以外の自社ラウンジとしては最大級の広さを誇っています。 [caption id="attachment_43015" align="aligncenter" width="700"]キャセイパシフィック航空,羽田空港,ラウンジ 新たに提供を始めた香港の朝食としてもおなじみの「中華粥」 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption]" ["post_title"]=> string(90) "キャセイパシフィック航空、羽田の自社ラウンジで新メニュー導入" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e7%be%bd%e7%94%b0%e3%81%ae%e8%87%aa%e7%a4%be%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-27 12:54:59" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-27 03:54:59" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43012" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [4]=> object(WP_Post)#4530 (24) { ["ID"]=> int(42841) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-01-20 07:01:57" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-01-19 22:01:57" ["post_content"]=> string(2048) "[caption id="attachment_42842" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空,ビジネスクラス,機内食 中部発香港行きCX533便のビジネスクラスで提供される、最高級松阪牛を使用した特別機内食 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)は名古屋就航50周年を記念し、中部発香港行きCX533便のビジネスクラスにて最高級松阪牛を使用した特別機内食を3月限定で提供します。2月第1週目からは就航50周年を記念した香港への特別パッケージツアーも大手旅行会社にて販売される予定です。  CX533便のビジネスクラスで提供される松阪牛は、三重県津市一志町にある伊藤牧場にて飼育されたA5ランクの最高級品。  A5等級の中でも牛肉の霜降りの度合いを表す脂肪交雑(BMS)がレベル6以上と特に高いものを『王女の貞』(The Queen of Dignity)として認定しており、細かいサシと柔らかな肉質、甘く深みのある上品な香り、脂肪の溶け出す温度が低く舌ざわりの良さに定評があります。  キャセイパシフィック航空の笠原美和子名古屋旅客営業支店長は、「名古屋、東海地区にて、50 年もの間運航を続けることができたのは、皆さまの支えがあってのこと。3月の提供期間中、お客様にお楽しみいただきたい」とコメントしています。  キャセイパシフィック航空は1966年3月11日に名古屋に初就航。現在は、中部-香港線を1日3便で運航しています。うち1便は台北経由。3月22日には就航記念セレモニーを中部国際空港にて、また名古屋市内では就航記念パーティが行われる予定です。" ["post_title"]=> string(96) "キャセイパシフィック航空、機内食にA5ランクの最高級松阪牛 3月限定" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(200) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e6%a9%9f%e5%86%85%e9%a3%9f%e3%81%aba5%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e6%9c%80" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-01-20 01:39:15" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-01-19 16:39:15" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42841" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [5]=> object(WP_Post)#4529 (24) { ["ID"]=> int(42369) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-12-28 12:38:46" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-12-28 03:38:46" ["post_content"]=> string(1201) "[caption id="attachment_42370" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 2016年度の台湾行き特別運賃を発売開始したキャセイパシフィック航空 © Tetsu Maruyama/Flight Liner=14年9月[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)は、2016年度台湾行きのエコノミークラスとプレミアムエコノミークラスのキャリア特別運賃を発売開始しました。  運賃の特徴は、2016年度の日本発台湾行き全路線に適用されるもので、プレミアムエコノミークラスは成田発が6万7000円から、エコノミークラスは成田発が28,000円から。燃油サーチャージ、諸費用は別途必要。  アジア・マイル付与率はエコノミークラスで100%、プレミアムエコノミークラスで110%です。  対象の出発空港は成田、関西、中部、福岡。2016年4月1日から2017年3月31日搭乗分までが対象です。 " ["post_title"]=> string(91) "マイル付与100%以上 キャセイ、2016年度の台湾行き特別運賃発売 " ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(196) "%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e4%bb%98%e4%b8%8e100%ef%bc%85%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%80%812016%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e3%81%ae%e5%8f%b0%e6%b9%be%e8%a1%8c%e3%81%8d" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-12-28 12:38:46" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-12-28 03:38:46" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42369" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [6]=> object(WP_Post)#4528 (24) { ["ID"]=> int(42163) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-12-12 14:32:10" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-12-12 05:32:10" ["post_content"]=> string(2765) "[caption id="attachment_42164" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空,A350 XWB キャセイパシフィック航空が2016年2月以降に導入するエアバスA350 XWB © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)はこのほど、香港からロンドン・ガトウィックに就航すると発表しました。開設日は2016年9月2日。機材はエアバスA350-900型機を投入させる見込みです。  香港-ロンドン・ガトウィック線は月・水・金・曜運航の週4便体制。香港発便は深夜0時55分に出発し、ロンドン・ガトウィックには7時10分到着。ロンドン・ガトウィック発便は12時35分に出発し、香港には翌日7時25分に到着する運航スケジュールです。  香港-ロンドン・ガトウィック線に投入予定のキャセイパシフィック航空向けエアバスA350-900には、リフレッシュされたビジネスクラスの客室とともに、プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスでは新型シートを装備します。  キャセイパシフィック航空はA350-900を20機、A350 XWBの最大サイズとなるA350-1000は26機、計48機を発注済み。A350 XWB初号機は2016年2月の受領を予定しています。  ガトウィック空港はロンドンの南部、ウェスト・サセックス州クローリーのほど近くに位置する英国第2の規模を誇る国際空港。新たに就航するフライトは、ロンドンはもちろんケント州、サリー州、イースト・サセックス州、ハンプシャー州といったロンドン近郊の各州と香港、及び香港をハブとして日本を含めたアジア各都市やその他香港以遠のネットワークを結びます。  キャセイパシフィック航空は12月現在、ロンドンへはヒースローに毎日5便を運航。新たにガトウィックへの週4便が加わることで、香港-ロンドン間はルート最多となる週39便の運航体制を確立することになるほか、日本路線との乗継ぎも一層便利になります。このほか、キャセイパシフィック航空の英国路線は、香港-マンチェスター線を週4便体制で運航しています。  キャセイパシフィック航空は英国を最重要マーケットのひとつと位置付けており、香港と英国を結ぶネットワークは35年にわたって運航を続けています。" ["post_title"]=> string(95) "キャセイパシフィック航空、A350-900でロンドン・ガトウィック線開設へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(197) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81a350-900%e3%81%a7%e3%83%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%ac%e3%83%88" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-12-12 14:32:10" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-12-12 05:32:10" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=42163" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [7]=> object(WP_Post)#4527 (24) { ["ID"]=> int(41536) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-11-07 05:25:23" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-11-06 20:25:23" ["post_content"]=> string(3304) "[caption id="attachment_41537" align="aligncenter" width="700"]キャセイパシフィック航空 キャセイパシフィック航空の新デザイン塗装初号機、ボーイング777-300ER 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption]  キャセイパシフィック航空(CPA)はこのほど、新しい機体デザインの運航を開始し、初フライトは羽田-香港線に投入しました。  新塗装の初号機はボーイング777-300ER型機の機体番号「B-KPM」。新しい機体塗装は、3つの主要なデザイン要素から構成されています。2014年10月に発表された新しいブラッシュウィング、キャセイパシフィック航空独自のグリーン、グレー、および白に集約されたカラーパレット、そして、これまで以上に引き立つ形でのキャセイパシフィック航空の社名とブラッシュウィングの表示です。  これらの新しい要素は機首、機体胴体部、および尾翼の最も目立つ場所に表現されています。これらの要素が合わさることで、新しい機体塗装には、キャセイパシフィック航空のブランド刷新の方向性に沿った、より現代的なタッチが加わりました。 [caption id="attachment_41538" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 羽田空港CX549便出発ゲートで行われたイベントの様子 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] 11月1日、香港国際空港にて行われた特別イベントにて初めて公開され、翌日2日には初フライトとして香港発羽田行きCX548便で羽田に到着しました。折り返しのCX549便の搭乗ゲートでは、使用機材が新しいデザインによる新塗装1号機であることが出発を待つ乗客に紹介され、このために特別に用意された記念フレームを使った記念撮影が催されました。  キャセイパシフィック航空はエアバスA350 XWBの導入、プロダクトとサービスのさらなる向上、またネットワークの拡充を含め、数々の取り組みを展開しています。  また、この新しい機体塗装はキャセイパシフィック航空が進める一連のカスタマー・エクスペリエンス向上のための取り組みの一環でもあり、この取り組みは機体塗装だけにとどまらず、ウェブサイトやモバイルアプリ、香港、羽田、マニラ、バンコクをはじめとする空港ラウンジの大規模なリニューアルも含まれます。  新たに導入されるエアバス350型機シリーズは、この新しい機体塗装が施されて納入される最初の機材となります。既存の機材は今後5年間に通常の保守スケジュールにより塗り替えられ、合計で約150機がこの塗装の対象となります。" ["post_title"]=> string(78) "キャセイパシフィック航空、新デザイン塗装機の運航開始" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e6%96%b0%e3%83%87%e3%82%b6%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a1%97%e8%a3%85%e6%a9%9f%e3%81%ae" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-11-06 20:29:40" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-11-06 11:29:40" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=41536" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [8]=> object(WP_Post)#4526 (24) { ["ID"]=> int(41292) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-10-29 12:34:27" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-10-29 03:34:27" ["post_content"]=> string(1677) "[caption id="attachment_41293" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空,札幌-香港 札幌-香港線就航25周年記念式典の様子 資料提供:キャセイパシフィック航空[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)は10月28日、札幌-香港線就航25周年を迎えました。当日は新千歳空港国際線ターミナルビルで香港行きCX581便にあわせ、記念式典も開催されました。  キャセイパシフィック航空(CPA)が札幌-香港線を開設したのは25年前の1990年10月28日。札幌はキャセイパシフィック航空にとって日本で東京、大阪、福岡、名古屋に続く5番目の就航都市でした。  開設当初は週3便体制で、L1011機を用いた日本航空(JAL)との共同運航でした。1993年からは週2便(冬季は週3便)体制で単独での運航を開始し、1998年には市場環境により運航を停止したものの、2001年には週2便体制で再開しました。現在は週4便(冬のピーク期間は毎日2便)を運航しています。  キャセイパシフィック航空のクラレンス・タイ日本支社長はセレモニーで「今後もキャセイパシフィック航空が北海道と香港の結びつきを強め、皆様に愛される航空会社として道内の観光産業やビジネスに大きく貢献できるよう、より一層努力して参ります」と挨拶しました。" ["post_title"]=> string(62) "キャセイパシフィック航空、札幌就航から25年" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(182) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e6%9c%ad%e5%b9%8c%e5%b0%b1%e8%88%aa%e3%81%8b%e3%82%8925%e5%b9%b4" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-10-29 12:34:27" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-10-29 03:34:27" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=41292" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [9]=> object(WP_Post)#4750 (24) { ["ID"]=> int(41137) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-10-22 17:26:05" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-10-22 08:26:05" ["post_content"]=> string(1323) "[caption id="attachment_41139" align="alignright" width="300"]キャセイパシフィック航空 香港-ドーハ線を16年2月に運休するキャセイパシフィック航空 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月[/caption] キャセイパシフィック航空(CPA)はこのほど、香港-ドーハ線の運航について2016年2月15日をもって運休すると発表しました。香港-ドーハ線は2014年3月に開設しましたが、キャセイパシフィック航空は収益上の理由から運休を決定したと説明しています。  最終便は、香港発ドーハ行きが2016年2月14日のCX645便、ドーハ発香港行きが同年2月15日のCX640便となります。これ以降のキャセイパシフィック航空運航による同路線便をすでに予約した人には代替手段が用意されます。  なお、キャセイパシフィック航空の香港-ドーハ線は運休しますが、カタール航空(QTR)運航の同路線はキャセイパシフィック航空の便名「CX」を付与したコードシェア(共同運航)便が引き続き利用できます。" ["post_title"]=> string(90) "キャセイパシフィック航空、収益上の理由で香港-ドーハ線運休へ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(198) "%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%bb%e3%82%a4%e3%83%91%e3%82%b7%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%af%e8%88%aa%e7%a9%ba%e3%80%81%e5%8f%8e%e7%9b%8a%e4%b8%8a%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1%e3%81%a7%e9%a6%99%e6%b8%af" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-10-22 17:26:05" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-10-22 08:26:05" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=41137" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

エアバス、キャセイパシフィック航空向けA350初号機で初飛行

キャセイパシフィック航空,A350-900

 エアバスはこのほど、キャセイパシフィック航空に引き渡すA350初号機にてフランス・トゥールーズで初飛行を実施したと発表しました。  初飛行はA350-900で約5時間行われました。キャセイパシフィック航空へのA350 …more»

キャセイパシフィック航空

キャセイと香港ドラゴン航空、4月以降も燃油サーチャージゼロ

 キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)はこのほど、4月1日発券分以降に適用する日本発の日本-香港・台湾間の燃油サーチャージについて、適用しないと発表しました。また、香港以遠の路線についても同様に …more»

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空、原油安で燃油サーチャージ適用停止

 キャセイパシフィック航空(CPA)と姉妹会社の香港ドラゴン航空(HDA)はこのほど、2月発券分以降の日本-香港間と台湾間の燃油サーチャージについて、適用を停止すると発表しました。原油価格が下落しているためで、キャセイパ …more»

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空、羽田の自社ラウンジで新メニュー導入

 キャセイパシフィック航空(CPA)は開設1周年を迎えた羽田空港のキャセイパシフィック・ラウンジにて、新メニューの導入を進めています。  2015年10月には「鶏ザーサイ麺」と「ジャージャー麺」を導入、2015年12月9 …more»

キャセイパシフィック航空,ビジネスクラス,機内食

キャセイパシフィック航空、機内食にA5ランクの最高級松阪牛 3月限定

 キャセイパシフィック航空(CPA)は名古屋就航50周年を記念し、中部発香港行きCX533便のビジネスクラスにて最高級松阪牛を使用した特別機内食を3月限定で提供します。2月第1週目からは就航50周年を記念した香港への特別 …more»

キャセイパシフィック航空

マイル付与100%以上 キャセイ、2016年度の台湾行き特別運賃発売 

 キャセイパシフィック航空(CPA)と香港ドラゴン航空(HDA)は、2016年度台湾行きのエコノミークラスとプレミアムエコノミークラスのキャリア特別運賃を発売開始しました。  運賃の特徴は、2016年度の日本発台湾行き全 …more»

キャセイパシフィック航空,A350 XWB

キャセイパシフィック航空、A350-900でロンドン・ガトウィック線開設へ

 キャセイパシフィック航空(CPA)はこのほど、香港からロンドン・ガトウィックに就航すると発表しました。開設日は2016年9月2日。機材はエアバスA350-900型機を投入させる見込みです。  香港-ロンドン・ガトウィッ …more»

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空、新デザイン塗装機の運航開始

 キャセイパシフィック航空(CPA)はこのほど、新しい機体デザインの運航を開始し、初フライトは羽田-香港線に投入しました。  新塗装の初号機はボーイング777-300ER型機の機体番号「B-KPM」。新しい機体塗装は、3 …more»

キャセイパシフィック航空,札幌-香港

キャセイパシフィック航空、札幌就航から25年

 キャセイパシフィック航空(CPA)は10月28日、札幌-香港線就航25周年を迎えました。当日は新千歳空港国際線ターミナルビルで香港行きCX581便にあわせ、記念式典も開催されました。  キャセイパシフィック航空(CPA …more»

キャセイパシフィック航空

キャセイパシフィック航空、収益上の理由で香港-ドーハ線運休へ

 キャセイパシフィック航空(CPA)はこのほど、香港-ドーハ線の運航について2016年2月15日をもって運休すると発表しました。香港-ドーハ線は2014年3月に開設しましたが、キャセイパシフィック航空は収益上の理由から運 …more»

キャセイパシフィック航空(CPA/CX)アクセスランキング

総合


Warning: imagejpeg(/home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-content/uploads/wordpress-popular-posts/12091-featured-120x80.jpg): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-includes/class-wp-image-editor.php on line 425

マイレージサービス


Warning: imagejpeg(/home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-content/uploads/wordpress-popular-posts/468-featured-120x80.jpg): failed to open stream: Disk quota exceeded in /home/sites/heteml/users/m/e/d/mediaagc/web/flightliner.jp/wp-includes/class-wp-image-editor.php on line 425

まだデータがありません。

まだデータがありません。