エアアジアX(XAX/D7)

マレーシアを拠点とするLCC(格安航空会社)、エアアジアX(XAX/D7)に関するページです。

エアアジアX(XAX/D7)

エアアジアX
公式WEBサイトエアアジア
航空会社コードXAX/D7
コールサインXANADU
エリアアジア
マイレージサービスBIGポイントプログラム
facebookエアアジアX(XAX/D7)公式facebookページ

エアアジアX(XAX/D7)トピックス一覧

array(3) { [0]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(44838) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-13 16:06:48" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-13 07:06:48" ["post_content"]=> string(1696) "[caption id="attachment_44840" align="alignright" width="300"]エアアジアX エアアジアX、6月から関西-クアラルンプール線増便 資料提供:Airbus[/caption] エアアジアX(XAX)は、現在1日1往復で運航している関西-クアラルンプール線を、2016年6月20日から週9便に、同年10月1日から週10便に増便すると発表しました。  6月20日からは月曜と日曜の便が、10月以降は土曜の便が増便されます。同路線にはジネスクラス12席、エコノミークラス365席、計377席仕様のエアバスA330-300が投入されています。 ■エアアジアX 運航スケジュール 2016/06/20~2016/09/30 D7 534便 クアラルンプール 01:00 → 関西 08:25(月・火・木・土・日曜運航) D7 536便 クアラルンプール 08:00 → 関西 15:25(月・水・金・日曜運航) D7 535便 関西 11:00 → クアラルンプール 17:00(月・火・木・土・日曜運航) D7 537便 関西 16:40 → クアラルンプール 22:25(月・水・金・日曜運航) 2016/10/01~ D7 534便 クアラルンプール 01:00 → 関西 08:25(月・火・木・土・日曜運航) D7 536便 クアラルンプール 08:00 → 関西 15:25(月・水・金・土・日曜運航) D7 535便 関西 11:00 → クアラルンプール 17:00(月・火・木・土・日曜運航) D7 537便 関西 16:40 → クアラルンプール 22:25(月・水・金・土・日曜運航)" ["post_title"]=> string(61) "エアアジアX、関西-クアラルンプール線増便" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(181) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2x%e3%80%81%e9%96%a2%e8%a5%bf%ef%bc%8d%e3%82%af%e3%82%a2%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab%e7%b7%9a%e5%a2%97%e4%be%bf" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-13 16:06:48" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-13 07:06:48" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=44838" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(38264) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-06-24 09:56:47" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-06-24 00:56:47" ["post_content"]=> string(5814) "[caption id="attachment_38287" align="alignright" width="300"]スカイトラックス スカイトラックス、利用者が選ぶ2015年の航空会社トップ100を発表 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月[/caption] エアラインユーザーの顧客満足度調査に基づいて航空会社・空港の調査・格付けを行うSkytrax(スカイトラックス)社はこのほど、先日開催されたパリ国際航空ショーの「ワールド・エアライン・アワード」授賞式典で、2015年の「THE WORLD'S BEST AIRLINES(ザ・ワールド・ベスト・エアライン)」を発表しました。  2015年のベストエアラインとして、航空機利用者から最も高い評価を受けた航空会社はカタール航空(QTR)。同社は3度目となる世界首位を獲得しています。  加えて、カタール航空は「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」、「ベスト・エアライン・イン・ザ・ミドルイースト」賞も獲得しました。  トップ10にはアジアと中東勢が目立ち、日本からは全日空(ANA)が7位にランクインしています。また、トップ100には21位に日本航空(JAL)、75位にピーチアビエーション(APJ)が入賞し、それぞれ昨年から順位を上げています。   ■2015年 航空会社ランキングトップ100(スカイトラックス調査) 1位 カタール航空(QTR) 2位 シンガポール航空(SIA) 3位 キャセイパシフィック航空(CPA) 4位 ターキッシュ・エアラインズ(THY) 5位 エミレーツ航空(UAE) 6位 エティハド航空(ETD) 7位 全日空(ANA) 8位 ガルーダ・インドネシア航空(GIA) 9位 エバー航空(EVA) 10位 カンタス航空(QFA) 11位 アシアナ航空(AAR) 12位 ルフトハンザドイツ航空(DLH) 13位 オーストラリア航空(AUA) 14位 スイスインターナショナルエアラインズ(SWR) 15位 エールフランス航空(AFR) 16位 ヴァージン・オーストラリア(VOZ) 17位 ニュージーランド航空(ANZ) 18位 香港ドラゴン航空(HDA) 19位 タイ国際航空(THA) 20位 ブリティッシュ・エアウェイズ(BAW) 21位 日本航空(JAL) 22位 海南航空(CHH) 23位 バンコク・エアウェイズ(BKP) 24位 マレーシア航空(MAS) 25位 エアアジア(AXM) 26位 ヴァージン・アメリカ(VRD) 27位 エア・カナダ(ACA) 28位 KLMオランダ航空(KLM) 29位 エーゲ航空(AEE) 30位 香港航空(CRK) 31位 フィンエアー(FIN) 32位 ラン航空(LAN) 33位 ノルウェー・エアシャトル(NAX) 34位 南アフリカ航空(SAA) 35位 オマーン航空(OMA) 36位 中国南方航空(CSN) 37位 ヴァージン・アトランティック航空(VIR) 38位 大韓航空(KAL) 39位 イージージェット(EZY) 40位 エア・アスタナ(KZR) 41位 ジェットスター航空(JST) 42位 シルクエア(SLK) 43位 エアアジア・エックス(XAX) 44位 インディゴ(IGO) 45位 デルタ航空(DAL) 46位 アエロフロート・ロシア航空(AFL) 47位 ウエストジェット(WJA) 48位 ポーター・エアラインズ(POE) 49位 アビアンカ航空(AVA) 50位 ジェットブルー航空(JBU) 51位 TAM航空(TAM) 52位 チャイナエアライン(CAL) 53位 ジェットスター・アジア(JSA) 54位 ブリュッセル航空(BEL) 55位 ベトナム航空(HVN) 56位 イベリア航空(IBE) 57位 スカンジナビア航空(SAS) 58位 スクート(SCO) 59位 トムソン航空(TOM) 60位 ユナイテッド航空(UAL) 61位 エア・リンガス(EIN/) 62位 アズール・ブラジル航空(AZU) 63位 エア・セイシェル(SEY) 64位 コパ航空(CMP) 65位 アラスカ航空(ASA) 66位 アゼルバイジャン航空(AHY) 67位 サウスウェスト航空(SWA) 68位 トランスアエロ航空(TSO) 69位 モーリシャス航空(MAU) 70位 TAPポルトガル航空(TAP) 71位 エア・ベルリン(BAR) 72位 ジャーマンウィングス(GWI) 73位 スリランカ航空(ALK) 74位 アリタリア・イタリア航空(AZA) 75位 ピーチアビエーション(APJ) 76位 ジェットエアウェイズ(JAI) 77位 エチオピア航空(ETH) 78位 アメリカン・イーグル(EGF) 79位 アメリカン航空(AAL) 80位 エア・トランザット(TSC) 81位 アイスランド航空(ICE) 82位 ハワイアン航空(HAL) 83位 エア・ノーストラム(ANE) 84位 サウディア(SVA) 85位 中国東方航空(CES) 86位 ケニア航空(KQA) 87位 フィリピン航空(PAL) 88位 ガルフ・エア(GFA) 89位 吉祥航空(DKH) 90位 TAAGアンゴラ航空(DTA) 91位 天津航空(GCR) 92位 深圳航空(CSZ) 93位 中国国際航空(CCA) 94位 スパイスジェット(SEJ) 95位 タイガーエア(TGW) 96位 マンゴ(MNO) 97位 ブエリング航空(VLG) 98位 ニキ航空(NLY) 99位 クルラ(CAW) 100位 フィジー・エアウェイズ(FJI)" ["post_title"]=> string(61) "航空会社ランキングトップ100 日本からは3社" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(175) "%e8%88%aa%e7%a9%ba%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97100%e3%80%80%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%af3%e7%a4%be" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-06-24 09:56:47" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-06-24 00:56:47" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38264" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(32853) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-01-27 13:58:17" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-01-27 04:58:17" ["post_content"]=> string(1884) "[caption id="attachment_32854" align="alignright" width="300"]エアアジアグループ エアアジアグループ、燃油サーチャージを完全廃止 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年5月[/caption] エアアジアグループはこのほど、急速な原油安を受けて2015年1月26日以降すべての中・長距離路線で燃油サーチャージ完全廃止を決定しました。  対象は日本に乗り入れしているエアアジアX(XAX)とタイ・エアアジアX(TAX)を含むエアアジアグループすべての運航便。  エアアジアグループは1月現在、日本路線はマレーシアのエアアジアXがクアラルンプール発着の成田、羽田、中部、関西線を、タイのタイ・エアアジアX(TAX)がバンコク(ドンムアン)発着の成田と関西線を運航しており、これら路線も燃油サーチャージは不要です。  なお、タイ・エアアジアX運航の中部-クアラルンプール線は2月15日から運休します。  エアアジアは2008年に航空会社として初めて国内線・国際線問わず燃油サーチャージを撤廃し、2011年には燃油高騰の影響で再び燃油サーチャージを導入。今回の燃油サーチャージ廃止決定を受けて、エアアジアグループCEOのトニー・フェルナンデスは「より多くのお客様が気軽に旅行を楽しめることを期待している。」と述べています。  燃油サーチャージの廃止は、フィリピンのLCC(格安航空会社)セブパシフィック航空(CEB)も原油価格の下落を受けてすでに廃止しています。 " ["post_title"]=> string(63) "エアアジアグループ、燃油サーチャージを廃止" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(189) "%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%81%e7%87%83%e6%b2%b9%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%92%e5%bb%83%e6%ad%a2" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-01-27 13:58:17" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-01-27 04:58:17" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=32853" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

エアアジアX、関西-クアラルンプール線増便

エアアジアX

 エアアジアX(XAX)は、現在1日1往復で運航している関西-クアラルンプール線を、2016年6月20日から週9便に、同年10月1日から週10便に増便すると発表しました。  6月20日からは月曜と日曜の便が、10月以降は …more»

スカイトラックス

航空会社ランキングトップ100 日本からは3社

 エアラインユーザーの顧客満足度調査に基づいて航空会社・空港の調査・格付けを行うSkytrax(スカイトラックス)社はこのほど、先日開催されたパリ国際航空ショーの「ワールド・エアライン・アワード」授賞式典で、2015年の …more»

エアアジアグループ

エアアジアグループ、燃油サーチャージを廃止

 エアアジアグループはこのほど、急速な原油安を受けて2015年1月26日以降すべての中・長距離路線で燃油サーチャージ完全廃止を決定しました。  対象は日本に乗り入れしているエアアジアX(XAX)とタイ・エアアジアX(TA …more»