カテゴリ  国際線 経営 新着 人気

日本航空/JAL、フィンエアーとの共同事業に向けヨーロッパ線を強化 独禁法適用除外を申請

日本航空,JAL,777-200

フィンエアーとの共同事業に向けヨーロッパ線を強化する日本航空/JAL Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

日本航空/JALは7月1日、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)と2012年10月1日から開始している日本-ヨーロッパ路線における共同事業に、フィンエアー(FIN)を追加するため、国土交通省に独占禁止法の適用除外(ATI)の申請をしたと発表しました。

フィンエアー,フィンランド航空,OH-LTR,A330-300

ヘルシンキ国際空港をハブとするフィンエアー Photographer:Daisuke Tsukida/Flight Liner

JALとブリティッシュ・エアウェイズは、これまで日本と欧州間の全ての直行便と2社の直行便に接続するヨーロッパ域内・日本国内の路線で共同事業を展開。今後、ワンワールド・アライアンスパートナーであるフィンエアーを共同事業に加えることにより、日本-ヨーロッパ線の強化を図ります。

日本航空/JALではATI認可後、JAL、ブリティッシュ・エアウェイズ、フィンエアーの3社が密接に連携することで、ネットワーク網、商品、サービス品質等を飛躍的に向上させ、より良いサービスの提供を目指すとしています

日本の航空会社によるATI申請は、今回の日本航空/JALのケースのほか、全日空/ANAがANA、ルフトハンザ ドイツ航空、スイス インターナショナル エアラインズ、オーストリア航空の4社による日欧ジョイントベンチャーにてATIの認可を受けている。

参照

関連航空会社