ANAグループとラオックス、包括連携協定を締結 インバウンド拡大で

ANA

ANAグループとラオックス、インバウンド拡大目的で包括連携協定を締結 © Daisuke Tsukida/Flight Liner=10年10月

 ANAグループの全日本空輸(ANA)と全日空商事、ラオックスは、中国を中心としたインバウンドの更なる拡大および地方活性化への貢献に向けて、様々な分野で連携した取組みを推進するため、包括連携協定を締結したと発表しました。

 主な取り組みとしては、ラオックス店舗にてANAカードでクレジット決済すると、ANAのマイルが貯まるほか、空港売店ANA FESTA(フェスタ)の一部店舗では、ラオックスの商品が購入できるようになります。

 また、ラオックスの有する中国をはじめとするアジア圏でのネットワークとANAグループのグローバル展開とを融合した新たなサービスも今後検討する見込みです。

 1930年創業のラオックスは家電量販店として営業を開始。2009年には中国小売大手の蘇寧雲商から出資を受け、インバウンドビジネスを本格的にスタートさせました。現在は、国内に37店舗の免税店を構えています。

参照

関連航空会社