「ANAのふるさと納税」サイト開設へ

ANA

ANA、4月にふるさと納税応援ポータルサイト『ANAのふるさと納税』開設 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年8月

 全日本空輸(ANA)は2016年4月より、ふるさと納税を通じて日本全国の地域活性化により一層貢献するため、ふるさと納税応援ポータルサイト「ANAのふるさと納税」を立ち上げ、運用を開始すると発表しました。

 ANAは、全国47都道府県の「食・お酒・スイーツ・文化」を約4年かけて順番に紹介する「Tastes of Japan by ANA」プロジェクトの展開や、訪日旅客向けに日本の魅力を発信する「IS JAPAN COOL?」サイトの開設などを通じて、地方創生に積極的に取り組んでおり、更なる地域活性化への貢献を目的として、「ANAのふるさと納税」の立ち上げを決定しました。

 サイトでは、ふるさと納税の御礼品の紹介と寄付の申し込みはもとより、各地の観光スポットの紹介や、帰省・旅行に使えるANA SKY コインとも連携し、ANAならではの視点で地域への送客を含めた地方創生への貢献を目指していきます。また、人気の御礼品をANAグループのマイルが貯まるショッピングサイト「A-style(エースタイル)」において取扱うことも検討されています。

 ふるさと納税は、制度発足当初の2008年度には日本全体で約8.1億円にとどまっていたものが、2011年度には約121億円、2014年度には前年比で約2.7倍の約389億(2008年度比で約48倍、2011年度比で約3.2倍)に達しています。

参照

関連航空会社