カテゴリ  海外航空会社 航空機 新着 人気

エアバスA320neo初号機、ルフトハンザグループが受領

エアバスA320neo,ルフトハンザグループ

ルフトハンザグループが受領したエアバスA320neo 資料提供:Airbus

 エアバスは現地時間1月20日、単通路型機のベストセラーであるA320neo初号機を、ルフトハンザドイツ航空(DLH)をはじめとするルフトハンザグループに引き渡したと発表しました。

 ルフトハンザグループが受領したA320neoは、プラット&ホイットニー社製の新型エンジン「PurePower Geared Turbofan(ピュアパワー・ギアード・ターボファン)」を装備し、効率性においてより高い基準を確立しました。排気と騒音を削減し、既存の航空機よりも現時点で燃費を15%を削減します。エアバスによると、2020年までには20%の燃費削減を実現するという。

エアバスA320neo,ルフトハンザグループ

ルフトハンザグループが受領したエアバスA320neo 資料提供:Airbus

 A320neoファミリーは新型のエンジンと翼端に大型のウイングチップであるシャークレットなど最先端の技術を採用しています。2010年にローンチしてからおよそ80社から約4,500機の受注を獲得し、約60%の市場シェアを得ています。

 ルフトハンザは1955年に商業運航を開始し、昨年創立60周年を迎えました。この間にルフトハンザグループが発注したエアバス機は合計582機です。その内、116機のNEO(A320neoが71機、A321neoが45機)を含む386機がA320ファミリーです。同社はまた、エアバスの全ワイドボディ機である初期のA300/A310からA330、A380(現在14機を運航)まで運航しており、さらに25機発注した最新鋭A350 XWBも導入する予定です。

 日本の航空会社ではANAホールディングス(ANA HD)が全日本空輸(ANA)のボーイング737-500とA320ceoの後継機として、A320neoを7機発注しています。

参照

関連航空会社

関連航空機