カテゴリ  航空会社 新着 人気

HAC、機材に鶴丸ロゴ採用 CA制服も4月からリニューアル

HAC,鶴丸ロゴ,機材

鶴丸ロゴが採用された新塗装イメージ(HAC発表資料より)

 JALグループでHACの愛称で親しまれている北海道エアシステム(NTH)はこのほど、2016年4月から使用する機体のデザインに、同グループの鶴丸ロゴマークを採用すると発表しました。

 HACは2014年10月にJALグループの一員となり、これに伴い、2015年6月には自社ロゴマークを鶴丸に変更。丘珠・利尻・奥尻の空港カウンターも順次、鶴丸デザインにしました。

 HACが発表した新塗装機(SAAB 340B型機)イメージ資料によると、機体は白を基調とし、「HOKKAIDO AIR SYSTEM」と「HAC」が中央に記され、垂直尾翼に鶴丸を描いています。変更時期は2016年4月下旬以降、順次変更予定です。

 また、乗務員および地上スタッフの制服も、4月からJALグループ共通のデザインに一新します。

 運航乗務員の制服は利用者に「安心・信頼」を感じていただけるよう、従来のシックな黒が採用されました。客室乗務員(CA)の制服はJALグループ各社(JAL、J-AIR、JTA、JAC、RAC、HAC)と同様に鶴丸をモチーフにたスカーフが採用され、ブランドの統一化を図ります。スカーフカラーは各社色違いで、HACはラベンダーをイメージした紫色を一部取り入れたスカーフを着用します。

 地上スタッフの制服はJALグループ統一のデザインで、客室乗務員との一体感を表現するため、落ち着いたネイビーを基調する印象的なデザインとなっています。なお、客室乗務員ならびに地上スタッフの制服は丸山敬太氏のデザイン制作・監修によるものです。

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機