カテゴリ  経営 新着 人気

新生エアアジア・ジャパンのA320初号機、セントレアに到着

エアアジア・ジャパン,A320初号機,JA01DJ

中部国際空港に到着したエアアジア・ジャパンの新造機エアバスA320(機体番号:JA01DJ) © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年10月16日

 2016年春に就航を目指すエアアジア・ジャパンのエアバスA320初号機が10月16日、セントレアの愛称で親しまれている中部国際空港に到着しました。

エアアジア・ジャパン,記者会見

エアアジア・ジャパンの名古屋オフィス「レッド・ベース」で行われた記者会見の様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年10月16日

 エアアジア・ジャパンの初号機はA320の機体番号「JA01DJ」。同機は新造機で、エアアジア・ジャパンが10月9日にフランスのトゥールーズで受領し、その後、トゥールーズからオマーンのマスカット、ミャンマーのヤンゴンを経由して12時48分頃、中部国際空港に到着。着陸後にはウォーターキャノンによる歓迎も受けました。

 機内はすべて普通席の180席(3-3配列)。エンジンはCMFインターナショナル社製のCFM56エンジンを、主翼端には燃費を削減する大型のウィングチップであるシャークレットを搭載しています。エアアジア・ジャパンは年間5機ずつA320の導入を計画しており、4年後には20機体制を計画。また、エアアジアグループは燃費性能が向上するA320neoの導入を決めています。同グループのA320neo受領は2016年度で、エアアジア・ジャパンの導入時期は未定です。

 エアアジア・ジャパンは関係当局の認可を前提として、中部国際空港を拠点に新千歳、仙台、台北(桃園)線の3路線を来年春に開設します。エアアジア・ジャパンの小田切義憲代表取締役社長兼CEOによると、今後の路線計画は現段階で国内線よりも国際線のネットワーク数を増やすという。

エアアジア・ジャパン,A320初号機,JA01DJ

12時40分、中部国際空港に着陸した新生エアアジア・ジャパンの新造機エアバスA320(機体番号:JA01DJ) © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年10月16日

エアアジア・ジャパン,A320初号機,JA01DJ

中部国際空港に到着した新生エアアジア・ジャパンの新造機エアバスA320(機体番号:JA01DJ) © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年10月16日

エアアジア・ジャパン,A320

ウォーターキャノンで歓迎を受けるエアアジア・ジャパンのエアバスA320 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年10月16日

イベント・キャンペーン情報

  • 新生エアアジア・ジャパンのエアバスA320初号機、中部国際空港に到着
  • 日程:2015/10/16 ~ 2015/10/16
  • 場所:中部国際空港 セントレア

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港