カテゴリ  新着ニュース 航空会社 新着 人気

ATRみぞか号、16年1月末に就航 現行機退役イベントも

天草エアライン,ATR42-600

天草エアラインが2016年1月末から運航開始を予定しているATR42 600型機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年9月29日

 天草エアライン(AHX)は9月29日、熊本空港隣接の崇城大学空港キャンパスでATR42-600型機の導入セレモニーを開催しました。

天草エアライン,JA01AM

機体後方に記された機体番号「JA01AM」 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年9月29日

 セレモニーには天草エアラインの吉村孝司社長のほか、機体購入元である航空機リース会社のノルディック・アビエーション・キャピタル(NAC)、ATR、天草2市1町(天草市・上天草市・苓北町)、空港関係者らが参加。

 また、サンタクロース姿に扮した熊本県の営業部長「くまモン」もセレモニー中盤に登場し、新たな機体導入を祝いました。

 天草エアラインが8月に受領したATR42-600は日本の航空会社として初めて導入する機体。エンジンはプラット・アンド・ホイットニー社製の127Mエンジンを搭載しています。

 機体番号は「JA01AM」で、この”01″数字には「日本で一番最初にATRを導入した航空会社」「日本で一番愛される航空会社になる」という天草エアラインの思いが込められています。

天草エアライン

ATR社からセレモニー仕様の鍵を受け取った天草エアラインの吉村孝司社長(写真右)ら © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年9月29日

 座席は「みぞか号(天草弁で”かわいい”の意味)」の愛称で親しまれている従来機のボンバルディアDHC-8-Q100(機体番号:JA81AM)よりも9席多い2-2配列の48席仕様。最前方右側の座席は、乗客同士が向かい合う座席仕様になっています。乗降口は機体前方ではなく、後方にあります。

 内装にワインレッドの革シートと緑のシートベルトを採用したことも特徴の一つで、『クリスマス』や『火の国熊本』をイメージさせるカラーリングです。デザインは、デザイナーの横田青史さんや日本唯一の公認サンタクロースであるパラダイス山元さんの意見も取り入れ、ATRみぞか号の機体に調和するよう工夫されています。

天草エアライン

ATRみぞか号の内装。クリスマスをイメージさせるカラーリングを採用した © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年9月29日

 そして、多くの人々から人気なのが現行機の右側エンジンナセル下部に隠れている「逆さまくまモン」。

 機体のデザインは従来機でお馴染みとなった親子イルカのペイントを引き継いでいますが、ATR 42-600ではくまモンのペイント場所が変わり、機体下部にサンタクロース姿のくまモン「モンタクロース」を大きくデザインしています。

 ATRみぞか号は2016年1月末から就航を予定しており、機材更新に伴い現在運休中の熊本-天草線と熊本伊丹線は運航を再開します。天草エアラインによると、現行機の退役イベントならびにATRみぞか号就航イベントも検討中としています。ATRみぞか号による運航スケジュールは11月頃に発表される見込みです。

 天草エアラインの吉村孝司社長はセレモニー終了後、「私どもは日本で一番愛される航空会社を目指しているので、ぜひみなさんお乗りください。お待ちしています」と呼びかけました。

>> 次ページ 写真特集
12

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港