カテゴリ  商品/サービス 国際線 新着 人気

ルフトハンザドイツ航空、CAが民族衣装で乗務

ルフトハンザドイツ航空

アニバーサリー仕様の衣装を身にまとった客室乗務員 資料提供:ルフトハンザドイツ航空

 ルフトハンザドイツ航空(DLH)は今週末に始まるドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」の期間中、今年も客室乗務員が民族衣装を着用して乗務すると発表しました。ミュンヘン空港を拠点とする客室乗務員14名の特別チームが実施するもので、1950年代の伝統的衣装を再現したアニバーサリー仕様の衣装を着用します。

ルフトハンザドイツ航空

アニバーサリー仕様の衣装を身にまとった客室乗務員 資料提供:ルフトハンザドイツ航空

 対象路線はミュンヘン発着の北米およびペルシャ湾の目的地。9月16日には米国のシャーロットへ、21日にはバンクーバーへ、29日にはドバイへと出発します。

 1950年代の衣装は、ミュンヘンを拠点とする民族衣装専門店アンゲルマイヤー・トラハテンによって再現されたもの。女性客室乗務員が着用する「ヴィーズン・ディアンドル」はライトブルーにベージュの織り模様をあしらった当時のスタイルで再現されました。ベージュのエプロンには控えめなライトブルーのドットを施しています。

 一部の欧州内路線では、欧州内短距離旅客専門のルフトハンザ・シティーラインの客室乗務員が通常の制服に代わり、バイエルン地方の伝統的衣装を着用します。ルフトハンザ・シティーラインの女性客室乗務員3人も、アンゲルマイヤー・トラハテンのディアンドルを着用する予定です。

 また、ミュンヘン空港におけるルフトハンザグループの地上職員スタッフは、ミュンヘンの衣料品店「シュスターマン&ボーレンシュタイン」がルフトハンザのためにデザインしたディアンドルとジャケットを着用します。また、オクトーバーフェストの期間中には、空港で働くスタッフの多くがこのルフトハンザのユニフォームを身に付ける予定です。

関連記事

参照

関連航空会社