カテゴリ  新着ニュース 経営 新着 人気

エアバス、A350-1000初号機の主翼組立て開始 英国北で

 エアバスはこのほど、A350 XWBで最大サイズとなるA350-1000の初号機主翼の組み立てを、英国北ウェールズのブロートン工場で開始したと発表しました。

 A350-1000の主翼は片翼の長さ32メートル、幅6メートル。このサイズは、すでに商業運航されているA350-900と同様の長さで、ペイロードと航続距離能力の増強のため、部品の90%が変更され後縁が延長されています。

 A350-1000の主翼は炭素繊維複合材で製造される単一部品で最大のものになります。なお、主翼の設計と開発は英国フィルトンにあるエアバスの施設で行われています。

A350-1000

組立が始まったエアバスA350-1000の主翼 資料提供:Airbus

A350-1000

組立が始まったエアバスA350-1000の主翼 資料提供:Airbus

参照

関連航空機