カテゴリ  経営 航空機 新着 人気

1位は新政府専用機デザイン 2位はJALグループ入社式

 4月1日から4月30日までの月間アクセスランキングを集計しました。

新政府専用機

新政府専用機

新政府専用機の外装デザイン(内閣官房資料より)

 先月は、2019年から運航開始を予定している新政府専用機のデザインを紹介した記事が1位となりました。

 政府専用機検討委員会は4月28日、後継機となる次期政府専用機でボーイング777-300ERの外装デザイン決定を内閣官房ホームページで発表。現行機のボーイング747-400型機(機体番号:20-1101・20-1102)同様、主翼と垂直尾翼には日の丸を描いており、機体側面にはこれまでにない流れるような赤色のカーブをデザインしています。デザインコンセプトは日本の国旗「日章旗」。

 747-400の政府専用機は2018年度で退役し、維持整備等は現在の日本航空(JAL)から全日空(ANA)を傘下におくANAホールディングス(ANA HD)に変更します。

JALグループ入社式

JALグループ入社式

2015年度JALグループ入社式の様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年4月

 2位には、2015年度のJALグループ入社式を取り上げた記事がランクインしました。

 2015年度のJALグループ入社式に参加した新入社員は計1,064人。昨年10月にJALグループの一員となった北海道エアシステム(NTH)の新入社員も出席しました。

 JALによると、グループ航空会社6社における2015年4月1日付けの新入社員数は438名。

 内訳はJALが387人(パイロット:30人、CA:267人、整備:17人、地上職:73人)、ジェイ・エア(JAR)が17人(パイロット:5人、CA:12人)、日本エアコミューターは0人、日本トランスオーシャン航空(JTA)が25人(パイロット:2人、CA:14人、整備:3人、地上職:6人)、琉球エアーコミューター(RAC)が6人(CA:4人、地上職:2人)、北海道エアシステムが地上職3人となっています。

ANAカラーMRJ

MRJ90,ANA塗装

試験5号機に採用されるANA塗装仕様のMRJ90 資料提供:三菱航空機

 3位には、三菱航空機が次世代リージョナルジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」飛行試験5号機(MRJ90)の塗装をANAカラーに採用したことを取り上げた記事がランクインしました。

 飛行試験5号機のデザインイメージには、ANAのコーポレートカラーであるトリトンブルーのライン、機体前方に「MRJ Mitsubishi Regional Jet」、垂直尾翼には「ANA」のロゴをあしらっており、機体番号は登録予定の「JA25MJ」も表記しています。

 飛行試験5号機の役割は自動操縦試験。今年度は組立と地上試験を行い、2016年に飛行試験を予定しています。三菱航空機は、同5号機の飛行試験を日本国内のみで行う計画です。

 先月はこのほか、ANAとJALグループによる石垣線の輸送力強化、ホンダジェットのワールドツアー、ANAの国内線深夜便「ギャラクシーフライト」、アシアナ航空の広島空港でのA320事故、JALの「日本の翼 育英奨学金」設立を紹介した記事も多くの方に一読いただきました。

■2015年4月 月間アクセス数上位10記事
1位 新政府専用機の外装デザイン決定 777-300ER
(2015/04/28)

2位 格納庫に1000人超えの新入社員 JALグループ2015年度入社式
(2015/04/01)

3位 三菱航空機、MRJ飛行試験5号機はANA塗装を採用
(2015/04/10)

4位 国内最長路線が利用率トップ ANA、2月実績
(2015/04/05)

5位 スカイネクスト767が石垣へ JALグループ、沖縄の輸送力強化
(2015/04/12)

6位 ホンダジェット、成田など5空港に訪問 「ワールドツアー2015」
(2015/04/16)

7位 ANA、今年も国内線深夜便「ギャラクシーフライト」運航決定
(2015/04/06)

8位 石垣空港に初の787 ANA、4月より投入
(2015/04/01)

9位 アシアナ航空のA320「HL7762」、広島空港でオーバーラン事故
(2015/04/15)

10位 JAL、「日本の翼 育英奨学金」設立 1人500万円支給
(2015/04/24)

スケジュール情報

  • フライトライナー、2015年4月アクセスランキング
  • 日程:2015/04/01 ~ 2015/04/30

関連記事

参照

関連航空会社