カテゴリ  国内線 航空機 新着 人気

さよならスピカ JAL初の777-300退役、「JA8942」浅田選手特別塗装機で活躍

JAL777退役,JA8942

ソチ五輪開催期間を中心に、JALのボーイング777-300型機(機体番号:JA8942)にデザインされていた浅田真央選手応援特別塗装機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年12月

 日本航空(JAL)はこのほど、国内線で使用していたボーイング777-300型機1機を退役させました。777-300の退役はJALにとって初めて。

 今回退役した機体は、1998年8月26日にJALが受領した機体番号「JA8942」の777-300。キャビン内はクラスJが78席、普通席422席の2クラスを備えた500席仕様。

 JA8942は2013年12月26日から、ソチオリンピックのフィギュアスケート女子日本代表・浅田真央選手を応援する特別塗装機「オリンピック・パラリンピック がんばれ!ニッポン!」の2号機としても活躍していました。

 また、JALの777型機は「STAR JET(スタージェット)」の名で運航がスタートし、同機のうち機体番号JA8941~JA8945には星座の恒星にちなんだ愛称もつけられました。

 JA8942の愛称は、おとめ座の1等星「スピカ」。ほか4機の愛称は、しし座の「レグルス(JA8941)」、うしかい座の「アルクトゥルス(JA8943)」、さそり座の「アンタレス(JA8944)」、はくちょう座の「デネブ(JA8945)」。

 JA8942は500席という777-300の輸送力を活かして国内主要幹線を中心に就航し、2月28日の那覇発羽田行きJL912便をもってその飛行歴史に幕を閉じました。

 JALによると、777の機材数は44機(2014年12月末日現在)。内訳は777-200が13機、777-200ERが11機、777-300が7機、777-300ERが13機。

 今回のJA8942退役は機齢とは関係なくJALの機材計画に沿ったもので、同社は今後も777の退役等で機材更新を進める計画です。

 JA8942は既に塗装が剥離されており、今後は売却先企業で新たな道を歩みます。

JA8942,退役

浅田選手応援特別塗装機としても活躍し、2015年2月28日の最終運航をもって退役したJALのボーイング777-300(機体番号:JA8942) © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年1月

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機