カテゴリ  商品/サービス 航空会社 新着 人気

ANA、プレミアムエコノミーをアジア路線初導入

ANA

プレミアムエコノミーサービスをアジア路線に初導入するANA © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月

 全日空(ANA)は3月より、北米-アジア間の乗り継ぎや訪日旅行で利用が大きく伸びているシンガポール・バンコク・ジャカルタ路線で、上級クラスサービスを大幅に拡充すると発表しました。プレミアムエコノミーサービスを東南アジア路線に初めて導入するほか、ビジネスクラスではコース形式の機内食も始まり、サービスを向上させます。

 プレミアムエコノミーサービスを導入する対象路線は成田-シンガポール線(NH801便/NH802便/NH845便/NH846便)、成田-バンコク線(NH807便/NH808便)、羽田-ジャカルタ線(NH855便/NH856便)。

 プレミアムエコノミーの座席はレッグレストとフットレストがついており、シート幅は約49センチ、シートピッチ約97センチ。パソコン電源やUSBポート、大型液晶モニター、パーソナルライトを完備しています。食事はエコノミークラスメニューに加えてスパークリングワインやミニ麺類、ビジネスクラスのワインやデザートが楽しめます。

 サービス開始日はシンガポール線のNH801便とNH802便が3月29日で、NH845便とNH846便が6月11日。バンコク線とジャカルタ線が8月1日。

 日本-シンガポール・バンコク・ジャカルタ間のビジネスクラスは、3月から機内食サービスが向上。これまでトレーで出していた食事は、欧米路線と同様に一品づつ提供されるコース形式のサービスに変更します(深夜・早朝便除く)。

 また、シンガポール・バンコク・ジャカルタ線と欧米路線で好評の博多一風堂ラーメンは、3月から日本-ムンバイ・デリーの全便で『コク極まる味噌「大地」』の提供が始まります。

関連記事

参照

関連航空会社

関連空港