カテゴリ  空港 航空機 新着 人気

新仕様機材で天空のご来光 JAL、初日の出フライト2015

JAL初日の出フライト2015

JALの新仕様機「スカイネクスト」機内からいただく2015年元旦のご来光 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

 2015年の元日を迎え、日本航空(JAL)は「初日の出 初富士フライト」を羽田空港で実施しました。

JAL初日の出フライト2015

初日の出フライト前、搭乗ゲート前で挨拶するJALの植木社長(写真左) © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

 毎年恒例となっている初日の出フライトは上空から初日の出と初富士が拝める元旦限定の遊覧フライトで、JALグループとして今年は成田、羽田、中部、関西の4空港から計5本のチャーター便を実施しました。窓側は特に人気で、JALによると羽田発着分の窓側は発売開始から約30分で完売したという。

2年連続の「JA8988」
 今年はグッドデザイン・ベスト100にも選ばれた全席本革シートの国内線新仕様機「JAL SKY NEXT(スカイネクスト)」を使用。投入された機体はボーイング767-300型機の機体番号「JA8988」。なお、「JA8988」は昨年に続き、2年連続で初日の出フライトの大役を務めています。

 今回の初日の出フライトは、2015年1月1日の実施日にちなんで便名「JL1511便」。乗客258人を乗せたJL1511便は羽田空港10番スポットを5時45分に出発、D滑走路(RWY05)を使って6時1分に離陸。今年もJALの植木社長が搭乗し、機内では2014年度ミス日本の二人と共に乗客へ搭乗証明書を配布しました。

 同機にはインターネット接続サービス「JAL SKY Wi-Fi(スカイワイファイ)」も搭載されており、JALは今回特別に接続サービスを無料開放(30分)。

初日の出フライト,搭乗証明書

機内では植木社長とミス日本の2人が乗客らに搭乗証明書を贈った © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

 タイムリーにSNSへ投稿もできるため、初めて初日の出フライトに乗った女性は「(ご来光は)すっごくキレイ。さっそくケータイでフェイスブックに景色をアップしました。」と満足げに話していました。

 機内では乗客にもっと楽しんでもらおうとお楽しみ抽選会も行われました。用意された賞品はジャルパック海外旅行券5万円分や東京ディズニーリゾート「ワンデイパスポート」、しろたんのぬいぐるみ等。

安全運航第一
 同便に搭乗した植木社長は初日の出フライトを終え、「去年は4月に羽田国際線の枠が増え、需給のバランスが崩れた。非常に厳しい競争環境に入った一年だった。」と2014年を振り返り、「おかげさまで業績としては計画以上のものが今のところ出せているので、年度末にもそれなりの業績が報告できると思う。」と述べました。

 また、「私も(パイロットとして)35年飛んできて、日の出は飛行機から何百回と見てきた。初日の出を拝ませていただいて一番に感じるのは今年の安全運航。これを祈願した。」と、今後も安全運航第一の経営姿勢を示しました。

JAL初日の出フライト2015

初日の出フライト前に行われた記念撮影の様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

2014年度ミス日本

2014年度ミス日本グランプリの沼田萌香さん(左)と同ミス日本ミス着物の尾崎優子さん(右) © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

JAL初日の出フライト2015

元旦、機内からいただく雪化粧の初富士 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

JAL初日の出フライト2015

初日の出を機窓から楽しむ乗客ら © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

JAL初日の出フライト2015

JALの新仕様機「スカイネクスト」機内からいただく2015年元旦のご来光 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

JAL初日の出フライト,搭乗証明書

初日の出フライト搭乗者に配布されたパイロットからのメッセージ付き搭乗証明書 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年1月1日

イベント・キャンペーン情報

  • 日本航空(JAL)、「2015 初日の出 初富士フライト」実施
  • 日程:2015/01/01 ~ 2015/01/01
  • 場所:羽田空港

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港