カテゴリ  商品/サービス 航空会社 新着 人気

いったい何目的? 1日10回乗ってみた-天草エアライン「空中散歩」

 観光資源豊富な熊本県・天草市に、地域の人々から愛される航空会社がある。

 --天草エアライン(AHX)。

天草エアライン

天草エアライン唯一の運航機材、ボンバルディアDHC-8-Q100型機(機体番号:JA81AM) © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月

 同社には今回で2回目の販売となる人気のチケットがあり、それが1日10区間搭乗可能な期間限定特別運賃「1日親子イルカ号パラダイス」。2015年3月13日搭乗分まで実施され、筆者もさっそく全便搭乗にチャレンジしてみました。
 
親子イルカ号は沖縄で誕生
 天草空港を拠点とする天草エアラインは2000年3月23日の同空港開港と共に初就航を迎え、2015年で就航15周年。

親子イルカ号

親子イルカ号就航初日の様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年2月

 「みぞか号」の愛称で親しまれているボンバルディアDHC-8-Q100、特別塗装機「親子イルカ号(機体番号:JA81AM)」を唯一の運航機材とし、現在は天草発着の福岡線(1日3往復)と熊本線(同1往復)、熊本-伊丹線(同1往復)の3路線に就航しています。

 親子イルカ号は那覇空港隣接の日本トランスオーシャン航空(JTA)格納庫内で塗装が行われ、以前の初代イルカ号に代わり2013年2月24日より現在の新塗装機としてデビューしました。

 愛称は一般公募から決定し、機体の名付け親は胴体部分の親イルカが神奈川県在住の女性、プロペラの子供イルカが大阪府在住の女性。名前は親イルカが「みぞか」、プロペラの子供イルカが男の子「かい」くん、女の子「はる」ちゃん。

天草エアライン

機内前方右側、乗客同士が向かい合うシート © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月

 天草弁で「みぞか」はかわいいという意味で、子供イルカの名前は空の旅が快適で心が晴れやかになるようにという思いが込められており、子ども合わせて「快晴」と名付けられています。

 機内は39席仕様。最後列は5列で、右側最前列には乗客同士が向かい合う「お見合い席」があることも特徴です。エンジンはプラット&ホイットニー社製のPW121エンジンを搭載。熊本-伊丹間は燃料搭載と最大離陸重量の関係で36席を販売しています。

 乗務はパイロット2名とCA1名が担当。基本は6区間目(熊本発天草行きAMX202便)が終了した時点で乗務を交代します。
 

>> 次ページ 「予約率97%超え・販売分は既に満席」

スケジュール情報

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港