カテゴリ  航空会社 運賃 新着 人気

いったい何目的? 1日10回乗ってみた-天草エアライン「空中散歩」

いったい何が目的なのか?
 丸一日ひらすら乗り続ける「1日親子イルカ号パラダイス2014」。

天草エアライン,親子イルカ

プロペラ部分の子供イルカ © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月

 観光ができる時間はなく、乗り継ぐ各空港で何をするかといえばトイレ休憩程度。乗客はいったい何が目的なのか。

 筆者が搭乗した日は3名の乗客が10区間搭乗にチャレンジし、全員が県外(東京、名古屋、鹿児島)からの参加。中には空港の運営会社で働く業界関係者もいました。

 彼らに搭乗目的を尋ねてみたところ「乗るのも撮るのも好き」、「搭乗日前後で観光も楽しめる」、「ランプから機体が撮れるから」、「天草エアラインの公式フェイスブックページを見て興味が湧いた」、「マイルを貯めるために乗った」などその答えはさまざま。
 
1万マイルためる
 「マイルを貯めるために乗った」と答えた男性は、天草エアラインのポイント積算ではなく、デルタ航空(DAL)のマイレージ・プログラム「スカイマイル」でマイルを貯めているという。

 聞くと、デルタ航空が日本向けに行っている「ニッポン 500 マイルキャンペーン」利用で最大2万マイル積算可能なため、今回の10レグに搭乗。翌3月までにもう一度チャレンジし、計20回の搭乗で計1万マイルを貯めたいと話します。
 
ペナルティ
 みぞか号とともに空中散歩を楽しみ、マイルも貯めて天草エアラインの定期便全容も体験できるという航空ファンにはたまらない企画ですが、いいことばかりではありません。

天草エアライン機内

天草エアライン、親子イルカ号機内の様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月

 「1日親子イルカ号パラダイス2014」は乗客都合で一部使用後にフライトをやめてしまうと、それまで搭乗した区間分が請求されてしまうというペナルティ付き。さらに正規普通運賃で。

 第1区間前は空港のチェックインカウンターでその内容を含めた免責が案内され、「誓約書」にも記入・署名が求められます。そのため、途中での挫折は禁物。

 もし10回目の搭乗直前に途中で棄権すれば9区間分の普通運賃を支払わなければならず、これまでの苦労と努力が水の泡になるため、忍耐力をつけてチャレンジすることをオススメします。

天草エアライン親子イルカ号

福岡発天草行き最終便到着後の親子イルカ号 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月

>> 次ページ 「いざ搭乗」

スケジュール情報

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港