カテゴリ  商品/サービス 新着 人気

JALの新しい翼、「スカイスイート787」が国際線デビュー

JAL,ボーイング787-8型機

JALのボーイング787-8型機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=13年12月

 日本航空(JAL)は、ボーイング787-8の新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」初号機(機体番号:JA837J)の受領に伴い、12月1日より成田-フランクフルト線に導入すると発表しました。

 スカイスイート787は「ひとクラス上の最高品質」をテーマに掲げたJALの新しい翼。ビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の3クラスを備える合計161席仕様です。

 エコノミークラスは国際線「新・間隔エコノミー」第2弾として、787型機で世界最大級の居住空間を実現した座席「SKY WIDERⅡ(スカイワイダーⅡ)」を採用。横9席(3-3-3)配列のエコノミークラスが主流の中、JALは座席幅で約5センチのゆとりある横8席(2-4-2)配列で快適な居住空間を確保しています。

JAL,787,プレミアムエコノミー

プレミアムエコノミー「JAL SKY PREMIUM」(JALスカイプレミアム) 資料提供:JAL

 また、ビジネスクラスは全席通路側にアクセスできるフルフラットシート「SKY SUITE(スカイスイート)」を、プレミアムエコノミーには「SKY PREMIUM(スカイプレミアム)」を採用しています。

 スカイスイート787の導入対象便は成田-フランクフルト線のJL407便とJL408便。12月1日より順次投入し、12月16日以降はデイリー運航を予定しています。

 JALは2015年1月から順次、成田-ニューヨーク線(JL004便/JL003便)にスカイスイート787を投入するほか、2015年度より運航予定の787-9型機も順次導入し、国際線の中長距離路線を中心に展開する見込みです。

JAL,787,ビジネスクラス

ビジネスクラス「JAL SKY SUITE」(JALスカイスイート) 資料提供:JAL

JAL,787,エコノミークラス

エコノミークラス・「JAL SKY WIDERⅡ」(JALスカイワイダーⅡ) 資料提供:JAL

スケジュール情報

  • 日本航空(JAL)、ボーイング787-8新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」を成田-フランクフルト線に導入
  • 日程:2014/12/01 ~
  • 場所:成田-フランクフルト線

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港