カテゴリ  イベント 航空情報・特集 新着 人気

乗って納得 エアバスが見せた最先端技術-A350体験搭乗

JAL植木義晴社長

A350-900デモフライトに搭乗したJALの植木義晴社長 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

 エアバスA350 XWBはJALが日本の航空会社で初めて発注しており、同社は東京2020オリンピック・パラリンピック開催前の2019年より導入。内訳はA350-900が18機、A350-1000が13機、オプションが25機の最大56機。6年程度でボーイング777を同機に置き換え、国内線と国際線の両方に投入します。

 今回のデモフライトに搭乗したJALの植木義晴社長は「大変良くできた機体。2019年、本当に楽しみにしている。」と、高く評価しA350 XWB就航時は最高の座席と最高のサービスで乗客をお迎えしたいと意欲を高めています。

 今後はJALがA350 XWBをどの路線に就航させるのか、A350 XWBにどのようなシートや内装、機内エンターテイメントを採用するのかが注目されます。

A350-900,デモフライト

JAL格納庫前を出発し、D滑走路に向かうA350-900 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,AIB202便

JAL格納庫前を出発し、D滑走路に向かうA350-900 © Shigeru Nagata/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,AIB202便

D滑走路を13時4分に離陸したAIB202便 © Shigeru Nagata/Flight Liner=14年11月

エアバスA350 XWB,ウィングレット

機窓から撮った流線型が特長のA350 XWBウィングレット © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,エコノミークラス

筆者に割り当てられた窓側席「38L」から捉えたエコノミークラスの様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

A350 XWB,ギャレー

客室後方のギャレー © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,エコノミークラス

3-3-3配列のエコノミークラス。シーチピッチは85センチ前後でシート幅は45.7センチと、妥協なき快適性を追求している © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,ビジネスクラス

42席を備えるビジネスクラス。フルフラット状態で約188センチのスペースを確保している © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350 XWB,機内エンターテイメントシステム

全クラスに搭載される第4世代の最新機内エンターテイメントシステム © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350 XWB,機内エンターテイメント

機内エンターテインメントにはスマートフォン形状に似たコントローラーも完備している © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

A350 XWB,エコノミークラス

3-3-3配列のエコノミークラス。同クラスはゾディアックもしくはレカロ社製のシートが選択できる © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

A350 XWB,ビジネスクラス

スタッガード配列のビジネスクラス。LED照明は1670万色の中から航空会社が自由に選択できる © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

A350 XWB,ランディングギア

車輪格納時、機内にまったく音が響いていなかったランディングギア内部 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,AIB202便

約60分の遊覧フライトを終え、羽田空港RWY34L(A滑走路)を使って14時4分に着陸したAIB202便 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年11月

エアバスA350-900,AIB202便

羽田空港国際線ターミナルから捉えたAIB202便着陸後の様子 © Shigeru Nagata/Flight Liner=14年11月

123

イベント・キャンペーン情報

  • エアバス、試験5号機A350-900でデモフライト実施
  • 日程:2014/11/20 ~ 2014/11/20
  • 場所:羽田空港

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港