カテゴリ  イベント 新着ニュース 新着 人気

エアバスA350-900、アジアツアーで韓国到着 羽田空港初飛来は19日

エアバスA350 XWB,A350-900

17日より始まったアジアツアーで投入されたエアバスA350 XWBの飛行試験機、A350-900(機体番号:F-WWYB/製造番号MSN5) 資料提供:Airbus

 エアバスはこのほど、A350-900がデモ飛行でアジア各国を訪問するアジアツアーを開始したと発表しました。17日にフランスのトゥールーズを飛び立ったA350-900は11日間かけてアジアの各都市を訪問。日本への到着は19日で、同機が飛来するのは初めて。

 11月17日から28日までの期間中に各国を訪問し、機体はエアバスのパイロットが運航します。訪問地は韓国のソウル、ベトナムのハノイ、タイのバンコク、マレーシアのクアラルンプール、日本の羽田空港。既にツアー最初の訪問地である韓国の金浦空港に到着しています。

A350-900,羽田空港

19日15時過ぎ、羽田空港に初飛来するエアバスA350 XWBの飛行試験機、A350-900(機体番号:F-WWYB/製造番号MSN5) 資料提供:Airbus

 今回のアジアツアーで投入された機体は5機あるA350 XWB試験機のうち、機体番号「F-WWYB」(製造番号MSN5)」のA350-900型機。機内はビジネスクラス42席とエコノミークラス223席の2クラスを備えています。

 A350 XWBによる日本飛来は今回のアジアツアーが初めてで、羽田空港で市場調査を実施。同空港到着予定時間は19日の15時25分頃。羽田に飛来したA350-900はその後、ハノイ、バンコク、クアラルンプールを訪問しトゥールーズに帰還します。

 今回のA350-900によるアジアツアーは、運航の安全性証明に必要な型式証明取得に向けて今年7月から8月に実施されたA350路線実証飛行テストツアーに続くもので、このときアジア地域では香港、シンガポールなどに飛来しました。

 A350-900は羽田空港に19日から21日までの3日間滞在し、期間中は日本航空(JAL)などの関係者らに機体お披露目、デモフライト等を予定しています。

イベント・キャンペーン情報

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港