カテゴリ  新着ニュース 新着 人気

ANAも発注したエアバスA320neo、約2時間半の初フライト成功

エアバスA320neo

A320neoの初フライトに乗務したエアバススタッフ 資料提供:Airbus

 エアバスはこのほど、A320neoが約2時間半の初フライトに成功したと発表しました。

 現地時間9月25日に初フライトを実施したA320neoは離陸重量60トンでフランスのトゥールーズから飛び立ち、南フランス上空をフライト。飛行中はフライト・エンベロープやシステムの動作が検証され、データはリアルタイムで地上に送信されモニターされました。

 今後、A320neoはプラット&ホイットニー社製のPW1100G-JMエンジンとCFMインターナショナル社製のLEAP-1A エンジンを装備する機体、合計8機を利用して約3,000時間の飛行テストを行います。

 A320neoファミリーのなかではプラット&ホイットニー社製PW1100G-JMエンジン装備の機体が最初に型式証明を取得し、2015年第4四半期(10月-12月)に初号機がカタール航空(QTR)に引き渡される予定です。

エアバスA320neo

初フライトに成功したエアバスA320neo 資料提供:Airbus

 標準座席数160座席のA319neo、189座席のA320neo、240席のA321neoの3タイプで構成されるA320neoシリーズは、大手航空会社やLCC(格安航空会社)など幅広い航空会社に好評を得ている機種。これまでに60社から3,200機以上もの受注を獲得しているベストセラー機で、市場占有率は60%に達しています。

 日本の航空会社では、全日空(ANA)がボーイング737-500とA320ceoの後継機としてA320neoを7機、A321neoを23機発注確定済み。引き渡し時期はA320neoが2016年度以降、A321neoが2017年度以降を予定しています。

エアバスA320neo

A320neoの初フライトに乗務したエアバススタッフ 資料提供:Airbus

エアバスA320neo

フランス・トゥールーズのブラニャック空港を離陸するエアバスA320neo 資料提供:Airbus

エアバスA320neo

初フライトに成功したエアバスA320neo 資料提供:Airbus

関連記事

参照

関連航空機