カテゴリ  商品/サービス 新着 人気

ルフトハンザドイツ航空、CAの制服を伝統衣装に衣替え

ルフトハンザドイツ航空,CA

バイエルン地方の伝統衣装を着用したルフトハンザドイツ航空のCAら 資料:同社提供

 ルフトハンザドイツ航空(DLH)は毎年恒例となったドイツビールの祭典「オクトーバーフェスト」にあわせて、今年もミュンヘンを拠点とする客室乗務員(CA)が対象便にて伝統的な民族衣装を着用します。

 今年は女性12名と男性2名の客室乗務員が前回同様、バイエルン地方の伝統衣装に袖を通してアジアとアメリカ大陸路線へと向かいます。9月15日には北京へ、24日にはサンパウロへ、10月4日にはメキシコシティーへ出発します。

 女性が着用する「ディアンドル」には、ルフトハンザのコーポレートカラーであるロイヤルブルーと黄色、白をあしらい、胴衣はイエロー。繊細な青い花のプリントもデザインされています。青と白のストライプのスカートに加え、青いシルクのエプロンも着用します。男性は伝統的な革製のズボン、ズボンに合わせたアルパイン・ジャケット、ベストを着用。ネクタイの色は女性客室乗務員のディアンドルと合わせられています。

 このほか、ミュンヘン空港内にあるルフトハンザの旅客ラウンジでも、オクトーバーフェストの雰囲気を味わう事ができ、セネターラウンジではリンゴのシュトゥルーデルやプレッツェルなどを用意し、ファーストクラスラウンジではオクトーバーフェストをテーマにしたレストランでバイエルン地方の名物料理を提供します。

参照

関連航空会社