カテゴリ  新着ニュース 航空機 新着 人気

ソラシドエア高橋社長、国際線就航に意欲

 ソラシドエア(SNJ)は2015年4月以降に同社初となる国際線チャーター便の就航を検討しています。

 2013~2015年度の中期経営計画でソラシドエアは国際線の検討計画を発表しており、同社の高橋洋社長は「現在、国内外の関係者と相談しながら色々と準備を進めている。12機目の737-800導入後、出来るだけ早いタイミングで国際チャーター便を就航させたい。」と話します。

ソラシドエア,高橋洋社長

ソラシドエアの高橋洋社長 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年7月

 12機目となるボーイング737-800型機は新造機として15年3月に受領する見込みで、高橋社長は「国際線就航は早くて2015年4月以降。予備機が2機あれば機材繰りに余裕が出てくるので、そのタイミングでチャーター便を実施する。将来は国際線定期便を就航させたい。」と、国際線への進出に意欲を高めています。

 具体的なチャーター便の運航路線については公表していないものの、就航地は既に絞っており、関係当局との調整に入っているという。

 将来的に定期路線を開設する可能性については、九州・沖縄から2,000~3,000キロ程度の範囲にあって、需要が安定しており、日本からの海外旅行者のみならず訪日需要が期待できる就航地であれば、東アジア方面を中心にどの路線も検討の対象としていきたいとしています。

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機