カテゴリ  空港 経営 新着 人気

エアバスA350-900、世界14空港にご挨拶

エアバスA350 XWB,MSN5

エアバスA350 XWBテスト機「MSN5」(機体番号:F-WWYB) 資料提供:Airbus

 エアバスは開発を進めるA350-900の型式証明取得に向けて、世界14都市の主要空港を巡る路線証明テストを開始しました。

 使用する機材は5機あるA350 XWB試験機のうち、機体番号「F-WWYB(製造番号:MSN5)」のテスト5号機。機体後方には世界中を巡る「Around the world」のタグラインをあしらっており、およそ3週間かけて試験飛行を実施します。操縦はエアバスの運航乗務員が担当。機内はビジネスクラス42席、エコノミークラス223席を備えています。

 A350-900「F-WWYB」のワールドツアー日程はフランスのトゥールーズ出発後、カナダ・イカルイト、フランクフルト、香港、シンガポール、ヨハネスブルク、シドニー、オークランド、サンティアゴ、サンパウロ、ドーハ、パース、モスクワ、ヘルシンキの各空港を巡ります。

 A350-800、A350-900、A350-1000の3機種で構成されるA350 XWBは2014年6月末時点で、航空会社など世界38社が742機を発注。同機のローンチカスタマーであるカタール航空(QTR)への初号機引き渡しは2014年10月から12月を予定しています。

 日本の航空会社では、日本航空(JAL)がA350 XWBの導入を決めており、確定分はA350-900が18機、A350-1000が13機、オプションとして25機の購入契約を締結しています。JALは2019年にA350 XWBの運航開始を目指しています。

エアバスA350-900

A350 XWBワールドツアー日程 資料提供:Airbus

エアバスA350-900

エアバスA350 XWBテスト機「MSN5」(機体番号:F-WWYB) 資料提供:Airbus

参照

関連航空会社

関連航空機