カテゴリ  国際線 新着 人気

2月の人気記事トップ10 1位はJTA「仙一便」 2位、JAL「サムライブルー応援ジェット」

 2月1日から2月28日の期間中における、アクセスランキングを集計しました。

JTA,さくらジンベエ

1月31日、楽天イーグルスの「仙一(1001)便」チャーター便に投入された日本トランスオーシャン航空(JTA)の特別塗装機「サクラジンベエ(機体番号:JA8992)」

JTA、「仙一便」チャーター便
 先月は、パ・リーグで初優勝を果たした東北楽天ゴールデンイーグルスの選手を日本トランスオーシャン航空(JTA)が専用チャーター便で久米島の春季キャンプに案内した内容を紹介した記事が1位となりました。

JTA,さくらジンベエ

さくらジンベエは2017年12月頃までJTA運航の全路線で、その色鮮やかな姿を見ることができる Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

 楽天イーグルスの久米島で行われる春季キャンプは2005年より始まり、今年で10回目。専用チャーター便はJTAが楽天イーグルスを応援するために2006年より毎年運航しており、チャーター便名の「1001」は楽天イーグルスの星野仙一監督の名前「仙一(センイチ)」にちなみ、JTA1001便を2011年から設定しています。

 なお、今年の「仙一便」はJTAが1月5日から就航を開始した特別塗装機「ジンベエジェット(機体番号:JA8992)」の2号機(愛称:さくらジンベエ)が投入されました。
 
JAL、サムライブルー応援ジェット
 2位には日本航空(JAL)が2月26日より就航を開始した、特別塗装機「SAMURAI BLUE(サムライブルー)応援ジェット」の機体お披露目のニュースがランクイン。

ザッケローニ監督

サムライブルー応援ジェット(機体番号:JA8985)の機体お披露目にゲスト出演したサッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(写真中央) Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

 サムライブルー応援ジェットはボーイング777-200型機の機体番号「JA8985」にデザイン。このJA8985は、これまで特別塗装機「JALハピネスエクスプレス」1号機として活躍していました。

JAL,特別塗装機,サムライブルー応援ジェット,JA8985

2月26日、羽田空港隣接JAL格納庫で公開されたJAL特別塗装機「サムライブルー応援ジェット(777-200、機体番号「JA8985」)」 Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

 サッカー日本代表のサポーティングカンパニーであるJALとファミリーマートは、アルベルト・ザッケローニ監督体制のサッカー日本代表を応援する共同応援企画「ファミリーマート×JAL 夢を力に 2014」を推し進めており、その第1弾が今回の特別塗装機「サムライブルー応援ジェット」の就航。羽田-新千歳、伊丹、福岡、那覇線などJALの777-200型機が就航する日本各地を飛び回り、7月末日まで運航を予定しています。

 機体お披露目会にはアルベルト・ザッケローニ監督がスペシャルゲストとして参加。初めて見るサムライブルー応援ジェットを目の前に「機体は美しく、サポーターの顔写真もあってとても嬉しく思う。監督をやっている以上、チーム全体に加え、サポーターの力も絶対必要になる。勝利のためにはすべてに関わる人の力が必要になる。我々の思いがつまった非常に素晴らしい特別塗装機だ。」と述べています。

JAL,特別塗装機,サムライブルー応援ジェット,JA8985

サムライブルー応援ジェットは7月末日まで飛び回り、空から熱いエールを送る Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

 サッカー日本代表のサポーティングカンパニーであるJALとファミリーマートは、FIFAワールドカップで優勝を目指すサッカー日本代表を盛り上げるため、様々な取り組みを実施。JALは国内5空港で、ファミリーマートは全国1万300店舗で両社のスタッフが日本代表チームのレプリカユニフォームを着用してサムライブルーを応援。

 加えて、JALはサッカー日本代表のレプリカユニフォームや国内航空券、サムライブルー応援ジェットのモデルプレーンが当たるキャンペーンを実施して日本代表を応援するサポーターも応援し、ファミリーマートは4月28日までサポーターから応援写真を募り、集まった応援写真の枚数でギネス世界記録にチャレンジするなど、さまざまな取り組みを通じてサッカー日本代表とサポーターを盛り上げます。
 
ANA、787ロゴなし「JA827A」
 3位には、全日空(ANA)の25機目となるボーイング787-8型機が2月7日に到着したことを紹介したニュースがランクインしました。

ANA,787,JA827A

2月7日夜、羽田空港に到着した全日空(ANA)の25機目となるボーイング787(機体番号:JA827A) Photographer:Masaya Nagata/Flight Liner

 これまでANAが受領した787は最新鋭の航空機を広くピーアールするために機体前方に「787」のロゴをデザインしていましたが、25機目の機体番号/レジ「JA827A」はANAにとって初となる「787」ロゴなしの787-8型機。JA827Aは現在、長距離国際線仕様の8号機として活躍しています。

 ANAによると、2014年度の787-8型機の導入計画は5機。すべて国際線中距離仕様として受領する見込みです。加えて、787型機の派生機である787-9型機の初号機(予定登録番号:JA830A)を2014年夏頃に受領することを明らかにしており、2014年度の787-9の導入機材数は国内線仕様2機、国際線仕様1機の計3機。ANAは最終的に2021年度までに787-8を36機、787-9を30機、合計66機の787シリーズを導入する計画です。
 
2014年2月アクセスランキングトップ10
1位 JTA、今年も楽天イーグルスの「仙一便」チャーター運航 仙台-久米島
(01/30)

2位 JAL、特別塗装機「SAMURAI BLUE 応援ジェット」を披露 空からサッカー日本代表を応援
(02/26)

3位 ANA、初の787ロゴなし「JA827A」羽田に到着 長距離国際線8号機
(02/09)

4位 ANA最後の747、「JA8961」をテュペロで見送る アメリカツアー5日間
(02/06)

5位 新ANAカード「TOKYU×ANA CARD」誕生 東急と初提携 5つの機能が一体化
(01/15)

6位 スカイマークのA380初号機、胴体の結合完了
(02/14)

7位 日本-カンボジア直行便、年内にも就航開始へ
(02/05)

8位 スカイマーク、A330の運航計画発表
(02/03)

9位 ANAとJAL、羽田便が全便欠航 降雪の影響で
(02/08)

10位 福岡空港、展望デッキに公園新設 国内線ターミナル一体化の大幅改修で
(01/28)

スケジュール情報

  • 2014年2月 フライトライナーアクセスランキング
  • 日程:2014/02/01 ~ 2014/02/28

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機