カテゴリ  プレミア 海外航空会社 新着 人気

シンガポール航空、夏期スケジュールにA380導入などで日本路線を強化

シンガポール航空は、2013年夏期スケジュールに日本路線の輸送力を強化します。

シンガポール航空,A380

シンガポール航空のA380 2013年夏期スケジュールにA380導入などで日本路線を強化 Photographer:Daisuke Tsukida/Flight Liner

5月末日より、シンガポール-大阪/関空線を現行の週11便からダブルデイリーの1日2往復体制に、5月28日からはシンガポール-福岡線を現行の週5便から1日1往復に増便。今回の増便発表で、日本-シンガポール間の総便数は週56便の運航スケジュールとなります。

また、2013年5月3日~6日の期間中はシンガポール-福岡線を2便増便し、2013年5月7日までは東京/成田からのSQ637便を通常運航のボーイングB777からエアバスA380に代えて運航するとしています。

お盆期間中の2013年8月9日~14日は中部セントレア-シンガポール便を2便増便し、大阪/関空-シンガポール便は2013年8月11日~17日の期間、A330をA380に機材を変更して輸送力を強化。関西国際空港からA380が発つのは2012年夏に続き2度目。さらに、2013年8月10日~18日は東京/成田-シンガポール線のSQ637/638便においてもにA380を導入して日本路線を強化します。

今回のA380導入などを受け、シンガポール航空日本支社長のデイヴィッド・リムは「シンガポール航空は、プレミアムサービスを提供する航空会社としての使命を果たし、日本とシンガポール間のビジネス、観光の発展に尽力を続ける。」とコメントしています。

参照

関連航空会社