カテゴリ  商品/サービス 経営 新着 人気

日本エアコミューター、奄美世界遺産登録応援でJAC特別塗装機を就航 

JALグループの日本エアコミューター(JAC)は、2016年を目標としている奄美群島世界自然遺産登録事業を応援するため、JAC運航開始30周年を迎える2013年12月10日より順次、特別塗装機17機を就航させます。

JAC,特別塗装機

JACの「奄美群島世界自然遺産登録」 応援特別塗装機 完成予想図(SAAB340B型機) reference:日本エアコミューター

特別塗装機には、地元奄美市作成による「奄美・琉球を世界自然遺産へ」のメッセージを搭乗する際のドア付近に貼り付け。JACが就航する17地区で奄美群島世界自然遺産登録に向けたPR活動を支援、地域の活性化に貢献します。

今回の特別塗装機運航期間は2013年12月10日から2016年6月までを予定。就航地はJAC就航の鹿児島、奄美群島、種子島、屋久島、宮崎、福岡、松山、高知、徳島、出雲、隠岐、但馬、伊丹の全17地区、28路線159便。

JACでは11機のボンバルディアDHC8-Q400、11機のSAAB(サーブ)340Bを運航機材として使用しており、特別塗装を施す機材は、このうち7機のQ400と10機の340B、計17機です。

就航初日の12月10日には、鹿児島空港と奄美空港でお披露目式を実施する予定です。

スケジュール情報

  • 日本エアコミューター(JAC) 「奄美群島世界自然遺産登録」 応援推進ロゴ 特別塗装機就航
  • 日程:2013/12/10 ~
  • 場所:JAC就航地全路線

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港