カテゴリ  新着 人気

エアバス、ALCからA330-900neoなど55機正式受注

エアバスA330-900neo

ALC向けエアバスA330-900neo型機イメージ 資料提供:Airbus

 エアバスはこのほど、米・ロサンゼルスを拠点とする航空機リース会社のエア・リース・コーポレーション(ALC)が合計55機を正式発注したと発表しました。

 発注分の内訳はA330-900neoが25機、A321LRが30機。A321LRはA320neoファミリーの派生機で、A321neoの最大離陸重量を97トンに増加させたタイプです。

 ALCは2014年のファーンボロ航空ショーでローンチされた新型エンジンを搭載する広胴型機A330neoファミリーに対して最初に発注意向を表明した顧客であり、A321LRのローンチカスタマーでもあります。A321LRの発注覚書は2015年1月に締結されています。ALCは2014年にA321neoを60機発注しており、A321neoに対する合計発注数は90機に増加しました。

 今回確定発注した30機のA321neoと25機のA330neoを合わせると、ALCのエアバス機に対する合計発注数は258機。内訳はA320ceo(現行機)が53機、A320neoファミリーが140機、A330ファミリーが15機、A350 XWBファミリーが25機、A330neoファミリーが25機となっています。

エアバスA321neo

ALC向けエアバスA321LR型機イメージ 資料提供:Airbus

参照

関連航空機