カテゴリ  国内線 航空会社 新着 人気

利用者数の多い国内線トップ10、国交省調査 LCC路線は急上昇

国土交通省は7月18日、2012年度における定期航空輸送実績などの航空輸送統計を発表しました。

LCC,格安航空会社

LCC就航でLCC参入路線は旅客数増。全体の輸送実績も前年比増に Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

国内線では、LCCが就航を開始した路線の旅客数が増加。国内定期航空輸送全体の旅客数も前年比増となり、対前年度比で8.7%増の8,597万人の輸送実績結果が得られています。

国交省によると、日本のLCC3社(ピーチアビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン)が運航する関西-新千歳線、関西-那覇線、成田-新千歳線、成田-福岡線、成田-那覇線、関西-福岡線は、LCCの新規参入で全体の旅客数増加に与えた影響も大きかったという見方を示しています。

新千歳空港

世界一幹線数の多い新千歳空港。国内輸送実績も1位に Photographer:Toshio Tajiri/Flight Liner

また、2012年度における路線別国内輸送実績も発表。

上位8路線はすべて羽田発着路線で、1位は直近で年間900万人以上の利用者を誇る世界一の巨大幹線、「羽田-新千歳」線。2位が羽田-福岡線、3位が羽田-那覇線。次いで、羽田-伊丹線、鹿児島線、熊本線、広島線、小松線となっています。

なお、LCCが2012年より就航を開始した関西-新千歳が去年の19位から9位に、関西-那覇線が去年の21位から16位に、成田-新千歳線が去年の56位から26位と急浮上しています。

 
■2011/2012年度路線別輸送実績 上位10路線

順位 路線(212年) 路線(2011年)
1位 羽田-新千歳 羽田-新千歳
2位 羽田-福岡 羽田-福岡
3位 羽田-那覇 羽田-那覇
4位 羽田-伊丹 羽田-伊丹
5位 羽田-鹿児島 羽田-鹿児島
6位 羽田-熊本 羽田-熊本
7位 羽田-広島 羽田-広島
8位 羽田-小松 羽田-小松
9位 関西-新千歳 福岡-那覇
10位 福岡-那覇 羽田-松山

参照