カテゴリ  航空機 新着 人気

覚めやらぬ感動再び ANAの747、伊丹飛来から一年

ANA747機体見学会

2014年3月末、全機完全退役したANAのボーイング747-400型機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年1月

 騒音等の地域環境配慮の観点から、空港の運用ルールとして2006年4月よりエンジン3基以上着装すべての航空機が就航禁止となった伊丹空港に、全日空(ANA)のボーイング747-400型機が飛来してから一年が経ちました。

伊丹ジャンボ遊覧フライト

伊丹空港周辺5市の地域住民らを招待したジャンボ遊覧フライトの様子 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年1月

 ANAが伊丹空港で747特別飛来イベントを実施したのは2014年1月12日。

 実現が難しいとされていた伊丹空港の747飛来は、ANAが周辺地域の理解を得て、地元の企業や地域住民と共に作り上げた貴重なジャンボ退役記念イベントでした。

 伊丹への747飛来は当時の「ボーイング747-400型機・退役記念プロモーション」の一つとして実施され、イベントでは伊丹空港周辺住民を招待した遊覧フライト、747機体見学会、地域参加型のイベント「ITM Marche(いたみマルシェ)」、747限定グッズ販売、「ボーイング747特別展示展」等を行い、空港に訪れた人々はジャンボの愛称で親しまれてきた747の一日限定飛来を楽しみました。

 関係者によると、イベント当日の伊丹空港来館者数はおよそ2万人。スカイパーク等の空港周辺スポットを含めると推定で3万人前後がジャンボを一目見ようと足を運んだという。

ANA747機体見学会

伊丹空港隣接のANA格納庫で開かれた747機体見学会 © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年1月

 この日投入されたのは機体番号「JA8961」の747。製造日は1993年4月13日。就航以来、約4万6160時間のフライトで自慢の輸送力を発揮していたJA8961は3月31日の羽田-那覇間でラストフライトを飾った、ANAにとっても思い出深い最後の747です。

 また、JA8961は4月1日のANAグループ入社式に飾られたほか、元日に行われた初日の出フライト、3月15日に仙台空港と福島空港で行われた「心の翼プロジェクト ボーイング747-400卒業フライト」、3月16日に成田-熊本間で行われた747最後のチャーター便「さよならフライトチャーター」、3月30日の羽田-福岡間と羽田-札幌間のラストフライトにおいても大役を務めました。

 本記事では、多くのファンが詰めかけた「747伊丹イベント」の様子を写真特集(計65枚)として再び振り返ります。

>> 次ページ 「747伊丹イベント・写真特集」

イベント・キャンペーン情報

  • 全日空(ANA)、ボーイング747-400型機退役記念企画「747伊丹イベント」
  • 日程:2014/01/12 ~ 2014/01/12
  • 場所:伊丹空港

関連記事

参照

関連航空会社

関連航空機

関連空港

イベント・キャンペーン情報

新着イベント・キャンペーン

本日(2018/11/17)開催中の
イベント・キャンペーン数
0