山口宇部空港(UBJ/RJDC)

山口宇部空港(UBJ/RJDC)

国内路線別輸送実績
名称 山口宇部空港(UBJ/RJDC)
コード UBJ | RJDC
地域中国 | 山口県
就航している航空会社 全日本空輸(ANA/NH) 日本航空(JAL/JL) スターフライヤー(SFJ/7G)
チャーター便及びコードシェア便も含みます

山口宇部空港(UBJ/RJDC)トピックス一覧

array(3) { [0]=> object(WP_Post)#4335 (24) { ["ID"]=> int(38796) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-07-08 12:01:33" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-07-08 03:01:33" ["post_content"]=> string(3621) " 国土交通省航空局は7月3日付けの航空輸送統計調査結果で、2014年度における国内線の旅客数上位50路線を発表しました。  旅客数1位となったのは前回に続き羽田-新千歳線で、昨年度は890万8721人が利用しました。次いで2位は羽田-福岡線、3位は羽田-伊丹線、4位は羽田-那覇線と幹線が続き、ローカル線でトップとなったのは5位の羽田-鹿児島線。  以降、6位は羽田-熊本線、7位は羽田-広島線、8位は羽田-小松線、9位は羽田-長崎線、10位は福岡-那覇線という結果で、トップ10は昨年度と同じ顔ぶれです。 [caption id="attachment_38803" align="alignright" width="300"]国内路線別輸送実績 国土交通省航空局、2014年度の国内路線別輸送実績を発表 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月[/caption] なお、8位の羽田-小松線は、全日空(ANA)と日本航空(JAL)が北陸新幹線開業の影響で機材を小型化したことから、今年度の旅客数は減少するものと思われます。事実、2015年5月の羽田-小松線旅客数は、JALでは約3割減、ANAでは4割強で旅客数が落ち込んでいます。  一気に順位を上げたのは、往復那覇経由の羽田-石垣線。2013年度の235位から昨年度は49位にランクインしました。航空各社による機材調整、地元自治体や旅行会社の観光客呼び込み等で同路線の旅客数、八重山地域の入域観光客数ともに伸びています。  国交省は「幹線」を羽田-新千歳線や伊丹-福岡線など新千歳、東京(羽田)、成田、大阪(伊丹)、関西、福岡、那覇の各空港を相互に結ぶ路線、「ローカル線」は幹線以外の路線と定義しています。 ■2014度路線別輸送実績上位50路線 1位 羽田-新千歳線 2位 羽田-福岡線 3位 羽田-伊丹線 4位 羽田-那覇線 5位 羽田-鹿児島線 6位 羽田-熊本線 7位 羽田-広島線 8位 羽田-小松線 9位 羽田-長崎線 10位 福岡-那覇線 11位 羽田-松山線 12位 羽田-宮崎線 13位 関西-新千歳線 14位 成田-新千歳線 15位 中部-新千歳線 16位 羽田-高松線 17位 羽田-北九州線 18位 関西-那覇線 19位 羽田-大分線 20位 那覇-石垣線 21位 羽田-関西線 22位 那覇-宮古線 23位 羽田-函館線 24位 羽田-岡山線 25位 中部-那覇線 26位 伊丹-那覇線 27位 羽田-徳島線 28位 伊丹-仙台線 29位 羽田-高知線 30位 成田-福岡線 31位 羽田-山口宇部線 32位 成田-関西線 33位 伊丹-新千歳線 34位 羽田-旭川線 35位 成田-那覇線 36位 中部-福岡線 37位 羽田-富山線 38位 羽田-秋田線 39位 仙台-新千歳線 40位 伊丹-鹿児島線 41位 伊丹-福岡線 42位 羽田-長崎線(神戸経由) 43位 羽田-出雲線 44位 羽田-米子線 45位 関西-福岡線 46位 伊丹-宮崎線 47位 羽田-帯広線 48位 伊丹-松山線 49位 羽田-石垣線(那覇経由) 50位 羽田-青森線 (出典:国土交通省航空局資料)" ["post_title"]=> string(113) "235位から急上昇した路線はどこ? 国内線旅客数ランキング、トップ10は同じ顔ぶれ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(192) "235%e4%bd%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e6%80%a5%e4%b8%8a%e6%98%87%e3%81%97%e3%81%9f%e8%b7%af%e7%b7%9a%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%93%ef%bc%9f%e3%80%80%e5%9b%bd%e5%86%85%e7%b7%9a%e6%97%85%e5%ae%a2%e6%95%b0" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-07-08 12:14:10" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-07-08 03:14:10" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=38796" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4261 (24) { ["ID"]=> int(34178) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-03-04 13:02:43" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-03-04 04:02:43" ["post_content"]=> string(1749) "[caption id="attachment_34180" align="alignright" width="300"]スターフライヤー 2015年1月の輸送実績を発表したスターフライヤー © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年2月[/caption] スターフライヤー(SFJ)は2015年1月の輸送実績を取りまとめ、全路線合計の提供座席数は前年比31.4%減の16万928席、旅客数は同25.0%減の10万1793人でした。  期間中における全路線平均の利用率(ロードファクター・L/F)は去年の同じ時期よりも5.4ポイント上回る63.3%。福岡―羽田線の運航本数を調整したことで同路線の利用率が改善し、全体の利用率を押し上げています。  期間中の実績を路線別でみると、北九州-羽田線は提供座席数前年比11.1%減の8万1884席に対し旅客数は同11.8%減の4万8957人。利用率は去年よりも0.5ポイント低下し59.8%。  福岡-羽田線は提供座席数が前年比49.7%減の4万6518席に対し旅客数は同37.8%減の3万3585人。利用率は同13.9ポイントアップの72.2%。  関西-羽田線は提供座席数が前年比0.2%減の1万2872席に対し旅客数は同11.1%増の8,588人。利用率は同6.8ポイントアップの66.7%。  昨年10月26日に開設した山口宇部-羽田線は提供座席数1万4139席、旅客数は6,474人、利用率は45.8%。  昨年3月末に開設した福岡-中部線は提供座席数5,515席に対して旅客数は4,189人、利用率は76.0%でした。" ["post_title"]=> string(73) "スターフライヤー、1月実績 利用率5.4ポイントアップ" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%80%811%e6%9c%88%e5%ae%9f%e7%b8%be%e3%80%80%e5%88%a9%e7%94%a8%e7%8e%875-4%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a2" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-03-04 13:02:43" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-03-04 04:02:43" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=34178" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4262 (24) { ["ID"]=> int(32716) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2015-01-24 11:19:01" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2015-01-24 02:19:01" ["post_content"]=> string(1595) "[caption id="attachment_17023" align="alignright" width="300"]スターフライヤー 夏ダイヤ搭乗分で新運賃「そら旅」を発売するスターフライヤー © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年2月[/caption] スターフライヤー(SFJ)は3月29日から10月24日搭乗分の夏期運航スケジュールと各種早期割引運賃を設定しました。夏ダイヤ以降は割安な新運賃「そら旅」シリーズを設定し、1月29日から販売開始します。  そら旅シリーズは「そら旅80」、「そら旅60」、「そら旅45」、「そら旅28」、「そら旅21」、計5タイプの新たな早期割引運賃。予約日に応じて割安に購入できます。  片道運賃の目安は最安値の「そら旅80」で羽田発着の北九州線と福岡線が9,800円、羽田-山口宇部線と福岡-中部線が9,500円、関西-羽田線が6,900円。設定期間は4月19日から10月24日搭乗分まで。  販売座席数には限りがあり、1月29日13時から一斉発売します。全運賃は同日09時30分から発売開始。  期間中の運航本数について、羽田発着の山口宇部線と関西線、福岡-中部線は従来通り。羽田発着の北九州線と福岡線は便数を調整し、北九州線は1日12往復から同11往復へ減便、福岡線は同7往復から同8往復に増便します。" ["post_title"]=> string(73) "新運賃「そら旅」 スターフライヤー、6900円から発売" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(193) "%e6%96%b0%e9%81%8b%e8%b3%83%e3%80%8c%e3%81%9d%e3%82%89%e6%97%85%e3%80%8d%e3%80%80%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%bc%e3%80%816900%e5%86%86%e3%81%8b%e3%82%89" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2015-02-26 12:04:34" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2015-02-26 03:04:34" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=32716" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

235位から急上昇した路線はどこ? 国内線旅客数ランキング、トップ10は同じ顔ぶれ

国内路線別輸送実績

 国土交通省航空局は7月3日付けの航空輸送統計調査結果で、2014年度における国内線の旅客数上位50路線を発表しました。  旅客数1位となったのは前回に続き羽田-新千歳線で、昨年度は890万8721人が利用しました。次い …more»

スターフライヤー

スターフライヤー、1月実績 利用率5.4ポイントアップ

 スターフライヤー(SFJ)は2015年1月の輸送実績を取りまとめ、全路線合計の提供座席数は前年比31.4%減の16万928席、旅客数は同25.0%減の10万1793人でした。  期間中における全路線平均の利用率(ロード …more»

スターフライヤー

新運賃「そら旅」 スターフライヤー、6900円から発売

 スターフライヤー(SFJ)は3月29日から10月24日搭乗分の夏期運航スケジュールと各種早期割引運賃を設定しました。夏ダイヤ以降は割安な新運賃「そら旅」シリーズを設定し、1月29日から販売開始します。  そら旅シリーズ …more»