カテゴリ  新着 人気

MRJ、疲労強度試験機の最終組立開始

MRJ疲労強度試験機

最終組立が始まったMRJの疲労強度試験機 資料提供:三菱航空機

 三菱航空機はこのほど、開発を進める次世代リージョナルジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」について、疲労強度試験機の後部胴体後部が6月末に最終組立ラインに搬入され、飛行試験機全5機を含めた計7機を製作する試験機の最後の機体が最終組立工程に入ったと発表しました。

 MRJの機体構造強度を検証する強度試験機には静強度試験機と疲労強度試験機の2機。昨年から実施している静強度試験においては機体運用中に予想される最大の力を静的に負荷し、強度の確認、保証を行っています。

 疲労強度試験は、機体運用中に予想される繰り返しかかる力を負荷し耐久性の確認、保証が行われます。

 三菱航空機によると、MRJの疲労強度試験は8万回の飛行回数を想定して実施すると説明しています。一日8回の飛行を想定した場合、1万日、実に27年以上の運用年数に相当することとなます。

 なお、三菱航空機では今年1月から着工が始まったMRJ量産工場(小牧南新工場)の建設が急ピッチで進んでおり、顧客向けの機体は全てこの新工場で生産され、納入されます。

MRJ量産工場

急ピッチで建設を進めるMRJ量産工場(小牧南新工場) 資料提供:三菱航空機

関連記事

参照

関連航空機