カテゴリ  新着 人気

ボーイング、737 MAX・787-10・777Xの進捗を発表

ボーイング787-10

開発を進めるボーイング787-10型機イメージ 資料提供:Boeing

 ボーイングは、先日開催されたパリ国際航空ショーで最新ラインアップの開発状況を発表しました。開発プログラムの対象機種は、737 MAXファミリーのMAX 8・MAX 9・MAX 7・MAX 200、787-10ドリームライナー、777Xファミリーの777-8Xと777-9X。それぞれ異なる開発段階にあると説明しています。

 737 MAXについて、詳細設計は90%が完了。初号機の組立は、3年前に計画された通り2015年5月29日に開始し、CFMインターナショナル社製のLEAP-1Bエンジンの開発は計画通り進行中しており、MAX 9、MAX 7、MAX 200の設計は急ピッチで進行中です。

 787-10について、787-9型機開発の成功をモデルに、設計上のコモナリティ(共通性)を95%まで高めたことで、生産性と費用便益が向上したことを発表しています。ロールス・ロイス社製のTrent 1000-TENエンジンは計画通りに開発が進んでいます。設計は順調に進み、年内に90%が完了する見込みです。

 777Xは、予備設計の検証が終了しています。搭載するGEアビエーション社製のGE9Xエンジンも開発が順調としています。エバレットとセントルイスで新しい生産施設の建設が急ピッチで進行中。機体仕様の決定時期は、2015年第3四半期になる見込みです。

参照

関連航空機