カテゴリ  新着 人気

今後20年間で3万機以上の需要 ボーイング予測

ボーイング

ボーイング、今後20年間の最新市場予測を発表 資料提供:Boeing

 ボーイングは今後20年間における新造機需要について機数ベースでは36,770機、金額にして5兆2千億ドルと、昨年の市場予測よりも4.2%増加すると予測しています。

 「2014年度最新市場予測(2014 Current Market Outlook)」では拡大する単通路機市場を挙げ、今後はLCC(格安航空会社)の参入が続き、最も活発な動きをしながら最速で市場全体が拡大すると見込んでいます。単通路機の新造機需要は25,680機と予測。需要予測機数全体の約70%を占めています。

JTA,ボーイング737-800

日本トランスオーシャン航空が16年1月の導入を目指す次世代737-800型機イメージ 資料提供:Boeing

 ボーイング民間航空機部門のマーケティング担当バイス・プレジデントであるランディ ティンゼス氏は、「受注やデリバリーの機数を基にすると、ボーイングでは単通路機市場の中心となるのは160席クラスを見込んでいる。」と述べ、次世代737-800型機や737 MAX 8が収益拡大に向けた最大のビジネスチャンスを航空会社に提供すると、自社の次世代単通路機をアピールています。

 一方、新造双通路機の需要は8,600機と予測し、787-8、787-9ドリームライナーに代表される200~300席クラスの小型ワイドボディ機が主流となると試算しているほか、市場のニーズが大型機から787-10型機や777Xといった効率性の高い双発機に移行する傾向が継続しているという見方を示しています。

関連記事

参照

関連航空機