日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)

JALグループの日本トランスオーシャン航空に関するページです。カテゴリーごとに日本トランスオーシャン航空関連のニュース、情報が確認できます。

さらに日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)の記事をカテゴリ毎に絞り込み

日本トランスオーシャン航空
日本トランスオーシャン航空(JTA/NU) Japan Transocean Air

航空情報・特集
公式WEBサイト日本トランスオーシャン航空
航空会社コードJTA/NU
コールサインJ-OCEAN
マイレージサービスJALマイレージバンク
アライアンスワンワールドアライアンス
facebook日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)公式facebookページ

日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)トピックス一覧

array(3) { [0]=> object(WP_Post)#4545 (24) { ["ID"]=> int(45117) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-05-30 19:55:55" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-05-30 10:55:55" ["post_content"]=> string(1686) "[caption id="attachment_45118" align="alignright" width="300"]JAL JALスカイエアポート沖縄、7月に設立 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年3月[/caption] 日本航空(JAL)は沖縄地区の空港地上支援業務を担う3子会社を経営統合し、すべての空港地上支援業務を行う「空港総合ハンドリング会社」を新たに設立することを2016年1月に発表しましたが、その新会社名を「JALスカイエアポート沖縄株式会社」に決定しました。  経営統合するのは沖縄エアポートサービス、JALスカイ那覇、JTAサザンスカイサービスの3社。旅客サービス、運航支援業務、航空機誘導・搭載などのグランドハンドリング、機内清掃、貨物郵便運送業務を行います。株主は日本航空(JAL)と日本トランスオーシャン航空(JTA)。設立日は2016年7月1日です。  今回の経営統合により、離島と那覇空港間における連携強化と沖縄地区全体での一体感の醸成を図り、これまで以上に高品質なサービスを提供するとともに、海外の航空会社からの地上支援業務要請に対応できる空港運営体制を構築していく計画です。  また、これらの空港サービスを担う優れた人財を安定的に確保し、人財育成や活躍の機会を拡充していくことで、離島を含む沖縄地区の空港総合力を強化するとしています。" ["post_title"]=> string(49) "JALスカイエアポート沖縄、7月に設立" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(139) "jal%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%a2%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e6%b2%96%e7%b8%84%e3%80%817%e6%9c%88%e3%81%ab%e8%a8%ad%e7%ab%8b" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-05-30 19:55:32" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-05-30 10:55:32" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=45117" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [1]=> object(WP_Post)#4475 (24) { ["ID"]=> int(43546) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-19 14:06:00" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-19 05:06:00" ["post_content"]=> string(3510) "[caption id="attachment_43551" align="alignright" width="300"]JALグループ グループ航空会社の「中期経営計画ローリングプラン2016」を発表したJAL © Toshio Tajiri/Flight Liner=14年12月[/caption] 日本航空(JAL)をはじめとするJALグループは、「2012~2016年度 JALグループ中期経営計画」の最終年度にあたる2016年度の「中期経営計画ローリングプラン 2016」で、同年度の航空機投資は見込み額で合計1,910億円になると発表しました。  今後もJALグループでは機材更新を進め、2016年度はボーイング787型機を7機受領し、同年度末時点での787の導入機数は合計33機となる見込みです。グループ航空会社のジェイ・エア(JAR)はエンブラエルE190機材の初号機、琉球エアーコミューター(RAC)はATR42機材の初号機をそれぞれ受領する予定です。  これにより、2016年度末時点のJALグループ総保有機数は、国際線85機、国内線145機、計230機となり、2016年度における航空機投資額は合計1,910億円となる見込みです。  客室改修も継続し、国際線機材は客室仕様を一新した「JAL SKY SUITE(スカイスイート)」仕様の777-200ER機材を導入し、国内線機材については「JAL SKY NEXT(スカイネクスト)」への改修を完了させ、全77機が揃う予定です。  スカイネクスト改修対象機材は777-200が12機、777-300が4機、767-300と767-300ERが20機、737-800が41機(2014年5月発表時点)。JAL国内線機材のうち9割以上の機材をスカイネクストに全面刷新します。また、グループ航空会社の機材についても、新たな客室仕様の導入を進めると説明しています。 [caption id="attachment_43548" align="alignright" width="300"]JALスカイスイート787-9 2015年7月から運航が始まった新客室仕様のJALスカイスイート787-9型機 © Toshio Tajiri/Flight Liner=15年6月[/caption] 2015度、JALグループは787-9初号機をはじめとする787を6機受領し、787の導入機数は合計26機となる見通しです。これに併せて、経年化した777、767の退役を順次進めてきました。また、日本トランスオーシャン航空(JTA)は737-800初号機、琉球エアーコミューターは貨物室拡張型のDHC8-Q400CC初号機をそれぞれ受領しました。  なお、JALおよびジェイ・エアとの運送共同引受に北海道エアシステム(NTH)を加えるため、2016年度下期以降、北海道エアシステムの便名は現行の「HC」が「JL」となり、利便性の向上を図ります。  JALグループは2016年度の収支・財務計画について、営業収入1兆3430億円(2015年度見通し1兆3370億円)、営業利益2010億円(同2,040億円)、営業利益率15.0%(同15.3%)の増収減益、自己資本比率は58.4%(同53.0%)、ユニットコストは総費用ベース12.2円、燃油費を除くと9.8円を計画しています。" ["post_title"]=> string(71) "JALグループ、機材更新に1910億円投じる 2016年度計画" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(191) "jal%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%81%e6%a9%9f%e6%9d%90%e6%9b%b4%e6%96%b0%e3%81%ab1910%e5%84%84%e5%86%86%e6%8a%95%e3%81%98%e3%82%8b%e3%80%802016%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e8%a8%88%e7%94%bb" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-20 13:24:49" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-20 04:24:49" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43546" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } [2]=> object(WP_Post)#4476 (24) { ["ID"]=> int(43376) ["post_author"]=> string(1) "1" ["post_date"]=> string(19) "2016-02-09 11:38:17" ["post_date_gmt"]=> string(19) "2016-02-09 02:38:17" ["post_content"]=> string(1750) "[caption id="attachment_43377" align="alignright" width="300"]JTA,737-800 JTAが導入したボーイング737-800型機イメージ 資料提供:JTA[/caption] JALグループの日本トランスオーシャン航空(JTA)は、ボーイング737-800型機の導入に伴い、2月10日に初便就航セレモニーならびにWEBイベント等を開催します。  初便就航セレモニーの対象便は2月10日の那覇発福岡行きNU050便。那覇空港国内線旅客ターミナルビル内2Fの出発27番ゲート前で、6時30分から6時45分までの時間帯に行われます。  当日はJTAの丸川潔代表取締役社長が主催者代表挨拶、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長が来賓祝辞を述べます。  また、WEBイベントとして式典場所のゲート付近では、なりきり制服を使用した写真撮影会、SnSnap(来場者のスナップをスマートフォンで撮影し、ハッシュタグを付けてツイッターやフェイスブック等のSNSに撮影した写真を投稿すると、その場でプリントして持ち帰ることができるサービス)を利用したイベントも行います。  就航セレモニー開催にあわせ、当日の737-800初号機(機体番号:JA01RK)投入路線では、乗客全員へ就航記念としてJTA限定オリジナルグッズ(トートバック・ボールペン・ネックストラップ)が贈られます。対象便はNU050/053/060/065/559/560/565/564便、計8便。 " ["post_title"]=> string(61) "JTA、737-800導入で初便就航セレモニー 2月10日" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(4) "open" ["ping_status"]=> string(4) "open" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(157) "jta%e3%80%81737-800%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%a7%e5%88%9d%e4%be%bf%e5%b0%b1%e8%88%aa%e3%82%bb%e3%83%ac%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%80%802%e6%9c%8810%e6%97%a5" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2016-02-09 11:38:17" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "2016-02-09 02:38:17" ["post_content_filtered"]=> string(0) "" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(30) "http://flightliner.jp/?p=43376" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" } }

JALスカイエアポート沖縄、7月に設立

JAL

 日本航空(JAL)は沖縄地区の空港地上支援業務を担う3子会社を経営統合し、すべての空港地上支援業務を行う「空港総合ハンドリング会社」を新たに設立することを2016年1月に発表しましたが、その新会社名を「JALスカイエア …more»

JALグループ

JALグループ、機材更新に1910億円投じる 2016年度計画

 日本航空(JAL)をはじめとするJALグループは、「2012~2016年度 JALグループ中期経営計画」の最終年度にあたる2016年度の「中期経営計画ローリングプラン 2016」で、同年度の航空機投資は見込み額で合計1 …more»

JTA,737-800

JTA、737-800導入で初便就航セレモニー 2月10日

 JALグループの日本トランスオーシャン航空(JTA)は、ボーイング737-800型機の導入に伴い、2月10日に初便就航セレモニーならびにWEBイベント等を開催します。  初便就航セレモニーの対象便は2月10日の那覇発福 …more»

イベント・キャンペーン情報

新着イベント・キャンペーン

本日(2017/10/17)開催中の
イベント・キャンペーン数
0